地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

 ブログへの累計訪問者数が10万を突破した。

2018-01-18_03h33_49

 2018年1月17日に141のアクセスがあって、10万を突破した。

2018-01-18_03h33_49

 2015年10月18日にブログを開設してから、2018年1月17日まで、
 
 ・822日
 ・117週間と3日
 ・26か月と30日
 ・2年と2か月と30日
 で達成したことになる。

 平均としては、
 ・1日あたり平均 : 128人
 ・1週間あたり平均 : 852人
 ・1か月あたり平均 : 3703人
 ・1年 : 44433人
 のアクセスがあったこととなる。

 その間、1167の記事が作成された。22の国と地域に関する記事が作成されたがそのうち中国が300ほどと最も多い。
 このペースで行くと100万の訪問者数を達成するのは、20年後の2038年4月頃と予想される。

----------

 さて、その時までブログを書き綴っているだろうか。その時も「旅行」をしながら生活をしていく、余裕があるだろうか、分からない。できることなら、その頃、会社勤めなどはせず、暮らしの大半を「旅行」に当てながら生きる、「旅を住処とする」人になっていたいけれども、どうすれば実現できるのか、全く目途は立たない。
 旅を住みかとする人になるということ、それは、あまりにも荒唐無稽な発想かもしれないけれども、働いていると思うのである。「人生は一度きりしかない。時間は有限である。それなのに、なぜ、したくないことをして暮らさなければならないのか。一度きりの人生なんだから、ただただしたいことをして暮らしたい。ああ、旅行に行きたい。ただでさえもこの世界は、あまりにも大きくて一度きりの人生では見きれないというのに、こう、もたもたしていられるものか。」
 このブログは旅を住処とする人になるための、闘争記でもある。


■ブログ延べ訪問者数
2015年10-12月期 : 1042 (1日あたり平均 :13.9)
2016年1-3月期 : 3794 (1日あたり平均 :41.7)
2016年4-6月期 : 7398 (1日あたり平均 :81.3)
2016年7-9月期 : 12054 (1日あたり平均 :131.0)
2016年10-12月期 : 13226 (1日あたり平均 :143.8)
2017年1-3月期 : 13268 (1日あたり平均 :147.4)
2017年4-6月期 : 15518 (1日あたり平均 :170.5)
2017年7-9月期 : 16626 (1日あたり平均 :180.7)
2017年10-12月期 : 14470 (1日あたり平均 :157.3)
計 : 97396

■記事別アクセスランキング
1位.#0453.大邱国際空港から大邱市中心部へと向かう 806visitors
2位.#0144.武漢にはどんな観光地とグルメがあるのか 640visirors
3位.#0776.東京での外貨両替は秋葉原の「インターバンク」が圧倒的にお得だった 585visirors
4位.#0094.南台湾でしか食べられない「丹丹漢堡(丹丹ハンバーガー)」  518visirors
5位.#0303.成都双流国際空港で仮眠する 505visirors
6位.#0168.四川航空が価格崩壊している件 490visirors
7位.#0706.ラオスの出入国書類と税関書類 396visirors
8位.#0116.アシアナ航空の遅延によるタクシー代の支給顛末記 386visirors
9位.#0046.タシュケント国際空港というひどい空港 346visirors
9位.#0595.東京からソウルを経由してパリへと向かう 346visirors
11位.#0599.韓国出国時のパスポートへのスタンプ捺印が省略されることに 331visirors
12位.#0054.東京大学工学部本郷キャンパス1号館前広場の大銀杏 306visirors
13位.#0894.アリタリア航空AZ785便で12時間50分かけてローマへ 297visirors
14位.#0461.大邱から釜山まで鉄道で移動する 293visirors
15位.#0302.四川航空 成田・成都便搭乗記 276visirors
16位.#0056.コロンス島訪問記1 - コロンス島(鼓浪嶼)への行き方 273visirors 
17位.#0707.ラオス・ルアンパバーンの両替事情 198visirors
18位.#0288.京都「衣笠温泉」 - 世にも稀な冷凍サウナ体験 195visirors
19位.#0359.四川航空の激安航空券にはトランジットホテルもついていた 190visirors
20位.#0109.阿里山旅行記8 - バスで阿里山から嘉義まで一気に下る 177visirors

 航空、空港関連情報、両替情報にアクセスが集まっている。
 この頃は原油価格の上昇にともなう、燃油代の上昇によって、航空券が値上がりしている。以前は東京とヨーロッパの往復航空券を3万円台で手に入れたこと(#0894.アリタリア航空AZ785便で12時間50分かけてローマへ 297visirors)もあったが、そういう航空券は手に入らなくなった。

■関連記事
 #0088.2015年10-12月期記事別アクセスランキング 
 #0224.2016年1-3月期記事別アクセスランキング 
 #0373.2016年4-6月期記事別アクセスランキング 
 #0483.2016年7-9月期記事別アクセスランキング 
 #0625.2016年10-12月期記事別アクセスランキング
 #0782.2017年1-3月期記事別アクセスランキング
 #0911.2017年4-6月期記事別アクセスランキング
 #1028.2017年7-9月期記事別アクセスランキング


 ルアンパバーンから140km先にあるノンキャウへと向かうミニバンは、僕とギターを持っていたフランス人のカップル、それから、ラオスの人々を乗せていった。

IMG_7800
【2017.12.16】ルアンパバーン北バスターミナルにて

 僕は、車窓を眺めていた。

IMG_7805【2017.12.16】ルアンパバーン北バスターミナル周辺にて

 たくさんの、中国語簡体字が見える。いかにたくさんの中国資本がラオスに流れこんで来ているのかが、よく分かる。
 ルアンパバーン郊外では、鉄道の建設現場が見える。

IMG_7807【2017.12.16】高速鉄道建設現場

 雲南省昆明から伸びてきて、すでに、山を貫通するトンネルなどが完成しつつあるようだ。上海や北京から、雲南省昆明はすでに高速鉄道で連結されているが、それがさらに南へと延伸されるのである。この鉄道が完成すれば、上海や北京と、ルアンパバーンが連結される。さらには、ラオスの首都であるヴィエンチャンが連結される。さらに未来には、ヴィエンチャンからタイ王国の首都バンコクへと高速鉄道は連結され、いつかはさらにマレーシア、シンガポール方面へと連結されていく。途方もなく先の話のように思えるが、すでにルアンパバーンに構造物が出現していることを考えると、もはや「途方もなく先」とも言っていられないかもしれない。
 それにしても工事現場はラオス国内でありながら、中国語(簡体字)ばかりが目立つ。ラオ文字はとても小さく書かれていて、遠くからは目立たない。この工事現場一つだけ見ても、中国が、自国の利益のために触手を伸ばしている、そう思われても仕方がないのではないか。それはあたかも、中国の植民地であるかのように見える。

IMG_7817【2017.12.16】車窓

 ラオスは、中国の隣国である。

IMG_7819【2017.12.16】車窓

 しかし、人口13億8000万人を誇る中国に対し、ラオスは人口700万人にしかならない。人口の格差は200倍近くになる。その事実を前に、対等な関係をどう築くことができようか。

IMG_7815【2017.12.16】車窓

 窓を開けていると、風が冷たく感じられる。ルアンパバーンも気候区分場は熱帯であるが、12月になると落葉する木々もあって、冬といった趣である。

IMG_7820【2017.12.16】車窓

 中国によるインフラ投資は鉄道だけでない。

IMG_7827【2017.12.16】水力発電所建設現場

 「南欧江一級水電站」とあるが、水力発電所とするためにダムを建設している現場である。

IMG_7824【2017.12.16】水力発電所建設現場

 「南欧江」というのは、オウ川(ນ້ຳອູ, ラオス語でナム・ウー)のラオス語の発音を、中国語で表記して、最後に「江」をつけたものだろう。「南」はラオス語で「ナム(ນ້ຳ)」となる部分に当たるから、「南欧江」とすると川を意味する文字がふたつ入ってしまい、二重翻訳になってしまうが、そうなっている。
 建設は、中国電建という企業がおこなっている。撮影はできなかったが、このダムの周辺にはこの地で土木作業に携わる中国人労働者の宿舎と見られる建物があったり、近くの村にはビザの手続きを代行する会社のオフィスなどがあったりして、中国さながらだった。

IMG_7832【2017.12.16】車窓

 ラオスが土地を提供し、中国がそこで経済活動をおこなっている。

IMG_7839【2017.12.16】車窓

 それは、興味深い現場である。

IMG_7845【2017.12.16】車窓

 車内ではフランス人のカップルが、ギターを弾いて見せたりと和やかだった。

IMG_7846【2017.12.16】車窓

 カップルの男はあいさつ程度の日本語ができるそうで、僕に向かって、試したがっていた。

IMG_7848【2017.12.16】車窓

 その流れで英語で、少し、話も交わした。

 僕 : 「どこから来たんですか」
 フランス人男 : 「パリです」
 僕 : 「旅行ですか」
 フランス人男 : 「違う。ここに来るのは、2回目なんだ。今回は特に、予定を立てないで移動している。期限はない。だから、旅行ではなくて生活というべきだ」

 旅行ではなく、生活というべきだ、か。何をかっこつけたことを言っている。会話にいちいち、独自の人生哲学のようなものを挟んでくる人だったから、めんどうくさくて、会話をやめた。

IMG_7855【2017.12.16】車窓

 途中の村で人を乗せたり、下ろしたり、積んだ荷物を届けたりといったことが繰り返され、なかなかノンキャウに到着しない。

IMG_7857【2017.12.16】車窓

 日が暮れてしまう。

IMG_7858【2017.12.16】車窓

 ルアンパバーンから110kmほど離れた、パック・モング(Pak Mong)という村だったが、こういった村にまで中国の人々が進出しているのだから、ラオス北部における中国の存在感は隅々にまで渡っていると言えよう。そういう状況に対し、ラオスの人々は何を考えているのだろうか。

IMG_7859【2017.12.16】車窓

 食堂の中国語名が「餐廳不滿」となっている。何か、不満でもあるのだろうか(笑)
 結局ノンキャウには、ルアンパバーンを出発してから、4時間と少しほどで到着したのだった。


 ルアンパバーンには南北に、2つのバスターミナルがある。
 北バスターミナルは主に、ルアンパバーンより北の方面へと向かうバスが発着する。

IMG_7798
【2017.12.16】ルアンパバーン北バスターミナルにて

 ルアンパバーン北バスターミナルはルアンパバーンの中心部から、カーン川を渡って、北東部、約4kmほどの位置にある。徒歩で行くにはやや遠く、中心部とはトゥクトゥクなどで移動することになるだろう。

IMG_7799【2017.12.16】ルアンパバーン北バスターミナルにて

 時刻表は、以上の通りとなっている。
 ルアンパバーン県内の他、ボーケーオ県、ルアンナムター県、ウドムサイ県、ポンサーリー県などへと向かうバスが発着する。
 今回は同じルアンパバーン県内にある、ノンキャウ(ຫນອງຂຽວ, Nong Khiaw)へと向かう。 
 ルアンパバーンとノンキャウの間には1日3便がある。午前9時発、午前11時発、午後2時発があって、この午後2時発のものに乗車する予定だったが、午後1時50分にやってきた時には、午後2時発の便は満員になり発車してしまったという。そのため臨時便を手配するから、午後3時まで待てという。

IMG_7796【2017.12.16】ルアンパバーン北バスターミナルにて

 やってきた臨時便は、ミニバンだった。

IMG_7793【2017.12.16】ルアンパバーン北バスターミナルにて

 まだ発車まで時間があったから、しばらく、時間をつぶす。
 とはいっても、特にすることはない。

IMG_7795【2017.12.16】ルアンパバーン北バスターミナルにて

 バスターミナルの掲示板に無造作に張られたポスターの中に、韓国語能力試験のポスターがあった。ルアンパバーンでも、試験をおこなうのだという。受検料は初級で10米ドル、中・上級で15米ドルだ。
 2016年にラオスを訪問した人の数は、日本人が4.9万人であるのに対し、、韓国人が17.3万人と、3倍~4倍程度となり、韓国という国の存在感が大きい。そのため、観光地を中心としてラオスでは、韓国語の勉強熱が高いのだという。(なお、同期間にラオスを訪れている外国人の数はそれぞれ隣国の、タイが201万人、ベトナムが100万人、中国が55万人となっていて、韓国がそれに次ぐ4番目となっている)


↑このページのトップヘ