地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

 ブログへの累計訪問者数が10万を突破した。

2018-01-18_03h33_49

 2018年1月17日に141のアクセスがあって、10万を突破した。

2018-01-18_03h33_49

 2015年10月18日にブログを開設してから、2018年1月17日まで、
 
 ・822日
 ・117週間と3日
 ・26か月と30日
 ・2年と2か月と30日
 で達成したことになる。

 平均としては、
 ・1日あたり平均 : 128人
 ・1週間あたり平均 : 852人
 ・1か月あたり平均 : 3703人
 ・1年 : 44433人
 のアクセスがあったこととなる。

 その間、1167の記事が作成された。22の国と地域に関する記事が作成されたがそのうち中国が300ほどと最も多い。
 このペースで行くと100万の訪問者数を達成するのは、20年後の2038年4月頃と予想される。

----------

 さて、その時までブログを書き綴っているだろうか。その時も「旅行」をしながら生活をしていく、余裕があるだろうか、分からない。できることなら、その頃、会社勤めなどはせず、暮らしの大半を「旅行」に当てながら生きる、「旅を住処とする」人になっていたいけれども、どうすれば実現できるのか、全く目途は立たない。
 旅を住みかとする人になるということ、それは、あまりにも荒唐無稽な発想かもしれないけれども、働いていると思うのである。「人生は一度きりしかない。時間は有限である。それなのに、なぜ、したくないことをして暮らさなければならないのか。一度きりの人生なんだから、ただただしたいことをして暮らしたい。ああ、旅行に行きたい。ただでさえもこの世界は、あまりにも大きくて一度きりの人生では見きれないというのに、こう、もたもたしていられるものか。」
 このブログは旅を住処とする人になるための、闘争記でもある。


■ブログ延べ訪問者数
2015年10-12月期 : 1042 (1日あたり平均 :13.9)
2016年1-3月期 : 3794 (1日あたり平均 :41.7)
2016年4-6月期 : 7398 (1日あたり平均 :81.3)
2016年7-9月期 : 12054 (1日あたり平均 :131.0)
2016年10-12月期 : 13226 (1日あたり平均 :143.8)
2017年1-3月期 : 13268 (1日あたり平均 :147.4)
2017年4-6月期 : 15518 (1日あたり平均 :170.5)
2017年7-9月期 : 16626 (1日あたり平均 :180.7)
2017年10-12月期 : 14470 (1日あたり平均 :157.3)
計 : 97396

■記事別アクセスランキング
1位.#0453.大邱国際空港から大邱市中心部へと向かう 806visitors
2位.#0144.武漢にはどんな観光地とグルメがあるのか 640visirors
3位.#0776.東京での外貨両替は秋葉原の「インターバンク」が圧倒的にお得だった 585visirors
4位.#0094.南台湾でしか食べられない「丹丹漢堡(丹丹ハンバーガー)」  518visirors
5位.#0303.成都双流国際空港で仮眠する 505visirors
6位.#0168.四川航空が価格崩壊している件 490visirors
7位.#0706.ラオスの出入国書類と税関書類 396visirors
8位.#0116.アシアナ航空の遅延によるタクシー代の支給顛末記 386visirors
9位.#0046.タシュケント国際空港というひどい空港 346visirors
9位.#0595.東京からソウルを経由してパリへと向かう 346visirors
11位.#0599.韓国出国時のパスポートへのスタンプ捺印が省略されることに 331visirors
12位.#0054.東京大学工学部本郷キャンパス1号館前広場の大銀杏 306visirors
13位.#0894.アリタリア航空AZ785便で12時間50分かけてローマへ 297visirors
14位.#0461.大邱から釜山まで鉄道で移動する 293visirors
15位.#0302.四川航空 成田・成都便搭乗記 276visirors
16位.#0056.コロンス島訪問記1 - コロンス島(鼓浪嶼)への行き方 273visirors 
17位.#0707.ラオス・ルアンパバーンの両替事情 198visirors
18位.#0288.京都「衣笠温泉」 - 世にも稀な冷凍サウナ体験 195visirors
19位.#0359.四川航空の激安航空券にはトランジットホテルもついていた 190visirors
20位.#0109.阿里山旅行記8 - バスで阿里山から嘉義まで一気に下る 177visirors

 航空、空港関連情報、両替情報にアクセスが集まっている。
 この頃は原油価格の上昇にともなう、燃油代の上昇によって、航空券が値上がりしている。以前は東京とヨーロッパの往復航空券を3万円台で手に入れたこと(#0894.アリタリア航空AZ785便で12時間50分かけてローマへ 297visirors)もあったが、そういう航空券は手に入らなくなった。

■関連記事
 #0088.2015年10-12月期記事別アクセスランキング 
 #0224.2016年1-3月期記事別アクセスランキング 
 #0373.2016年4-6月期記事別アクセスランキング 
 #0483.2016年7-9月期記事別アクセスランキング 
 #0625.2016年10-12月期記事別アクセスランキング
 #0782.2017年1-3月期記事別アクセスランキング
 #0911.2017年4-6月期記事別アクセスランキング
 #1028.2017年7-9月期記事別アクセスランキング


 乗り合いバスで、丹巴の中心部へとやってくる。

IMG_6531【2017.11.17】丹巴にて

 市街地を、大渡河という川が流れる。流れが多く、水量も多いため、かつて人が渡るのは容易ではなかったに違いない。

IMG_6536【2017.11.17】丹巴にて

 丹巴はなんだか、温泉街のような雰囲気を醸している。しかし、温泉はない。

IMG_6537【2017.11.17】丹巴にて

 これといって見所はない。

IMG_6538【2017.11.17】丹巴にて

 しかし、このような急峻な禿げた岩山のすぐわきに、建物が密集した地域があるという光景は、一見に値すると思う。

IMG_6545【2017.11.17】丹巴にて

 ビルとビルの間から、荒れた岩山が見えるのだ。

IMG_6546【2017.11.17】丹巴にて

 チベット風の装飾を施した、雑居ビルが並ぶ。

IMG_6551【2017.11.17】丹巴にて

 ちょっとした繁華街が形成されている。

IMG_6552【2017.11.17】丹巴にて

 銀行もあって両替をしたり、ATMで外国から持ちこんだクレジットカードやデビットカードで現金を下ろすことも可能だ。

IMG_6553【2017.11.17】丹巴にて

 ギャロン・チベット族の女性がいる。

IMG_6558【2017.11.17】ギャロン・チベット族の女性

 その、頭飾りが特徴的だ。

IMG_6559【2017.11.17】ギャロン・チベット族の女性

 他のチベット族には見られない、ギャロン・チベット族にのみ特徴的な頭飾りなのだ。この頭飾りをした女性はよく、見かけることができる。

IMG_6561【2017.11.17】丹巴にて

 昼食を食べようと思う。

IMG_6562【2017.11.17】丹巴にて

 こういう観光客の少ない地域では、地元の人で賑わっている食堂を探して中に入るのがよいと思い、賑わっている食堂を探し回る。

IMG_6564【2017.11.17】丹巴にて

 入口に「如意小吃」とある食堂が、一番賑わっていた。
 
IMG_6571【2017.11.17】丹巴にて

 座るとまず、薬缶に入った熱いお茶とメニューが出てくる。

IMG_6566【2017.11.17】丹巴にて

 みなが食べていた、酸辣粉を食べる。

IMG_6568【2017.11.17】丹巴にて

 もちもちとしたでんぷんの麺に、辛い、かつ、香ばしいタレがかかっている。
 四川省のソウルフードだそうだが、これはおいしかった。

IMG_6569【2017.11.17】丹巴にて

 やはり、地元の人で賑わっている食堂というものに間違いはない。

IMG_6570【2017.11.17】丹巴にて

 食後のデザートにと、柿とりんごを買っていく。

IMG_6573【2017.11.17】丹巴にて

 柿2つ、りんご2つずつ買おうとしたら、家族のおみやげに買っていきなよと袋一杯買うように言われたけれども、家族は東京に住んでいるから、あいにく持ってはいけない。

IMG_6574【2017.11.17】丹巴にて

 甲居や梭坡といった、別の郊外を回るために、タクシー乗り場を探すことにした。


 中路郷から谷間に向けて、道を下っていく。

IMG_6469
【2017.11.17】中路郷にて

 反対側の山の斜面にも、集落がある。

IMG_6471【2017.11.17】中路郷にて

 人はなぜ、このようなところに住んでいるのだろうか。

IMG_6472【2017.11.17】中路郷にて

 景色は美しいけれども、急斜面の痩せた土地の、落石の危険性が大きなところとなると、わざわざ過酷な環境を選択して、居住しているようにすら思われる。

IMG_6473【2017.11.17】中路郷にて

 標高2000mを超えているが、空気の薄さを感じることはない。

IMG_6474【2017.11.17】中路郷にて

 絶景だ。

IMG_6476【2017.11.17】中路郷にて

 ふと、下を覗きこむ。

IMG_6477【2017.11.17】中路郷にて

 ギャロン・チベット族の女性が、薪を集めている。
 僕は車道を歩いていたけれども、地元の人だけが知っている「人の道」があって、そちらを下っていったほうが早く谷間に着けるようだった。

IMG_6481【2017.11.17】中路郷にて

 中路郷の中にも、いくつかの集落がある。

IMG_6483【2017.11.17】中路郷にて

 宿泊先である丹巴聖地映像文化主題客桟は中路郷の中でも標高の高いところにある集落で、山道を降りていくと、また別の集落を通ることになる。

IMG_6493【2017.11.17】中路郷にて

 段々畑の中に、家がある。

IMG_6494【2017.11.17】中路郷にて

 トウモロコシ畑が広がる。

IMG_6501【2017.11.17】中路郷にて

 この辺りでは伝統的に、とうもろこしが主食なのだろうか。

IMG_6505【2017.11.17】中路郷にて

 痩せた土地であるため、稲作には向いていないだろう。

IMG_6508【2017.11.17】中路郷にて

 日が出てくると、朝の寒さが嘘のように感じられ、暖かい。しかし、空気の乾燥を感じる。

IMG_6510【2017.11.17】中路郷にて

 道端では、豚が昼寝をしている。

IMG_6512【2017.11.17】中路郷にて

 もう谷間まで、集落はなさそうだ。

IMG_6515【2017.11.17】中路郷にて

 さらに下っていく。

IMG_6519【2017.11.17】中路郷にて

 秋を満喫する。

IMG_6521【2017.11.17】中路郷にて

 斜面に、一本の木が生えていて、紅葉している。

IMG_6522【2017.11.17】中路郷にて

 車道であるためか、通りかかる人はほとんどいなかった。

IMG_6524【2017.11.17】中路郷にて

 地層が美しい。
 1時間半ほど歩くと、谷間に着く。後ろからちょうど、中路郷から丹巴の市街地へと向かう乗り合いバスがやってきたから、乗りこむ。価格は10元(約170円)だから、タクシーに乗るよりずっと安い。


↑このページのトップヘ