地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

 一日中、自転車をこいでいたし、雨に体もぬれて宿でしばらく休んでいた。夕食を食べるには、やや遅い時間になっていた。宿の近くのお店はもう、大体、しまりかけていた。それでもまだ、お客さんのいたお店に入ると、お店の人が見えなかった。常連客と見える人が、「お、お客さんいるぞ」と奥から、お店の人を呼んだ。まだ、夕食は出せるとおっしゃったから、大東そばを頼んだ。そうすると、「今日は大東そばは売り切れちゃって、沖縄そばしかないけれども言いかしら」とおっしゃったので、それでよいと言った。

IMG_7111
【2017.2.13】沖縄そば

 それから、お酒とつまみをやっていた常連客が出ていって、店じまいの時間となった。
 お店の人が、常連客が手をつけなかったお皿を持ってきて、食べなさいと言った。お腹が空いていたから、ちょうどよかった。

IMG_7112【2017.2.13】夕食

 野菜やら、貝やら、白身魚の刺身があった。

IMG_7114【2017.2.13】夕食

 それから、炊飯器に残っているご飯も全部食べていいと言ってくれたから、平らげて、お腹がいっぱいになってしまった。お腹がいっぱいになるほど食べたのに、料金は、もとの沖縄そば分の代金しかもらってくれなかった。
 思えば、人が手をつけなかった皿とはいえ、残ったものをよこして食べてよいと言ってくれる、そういうことは日本国内ではあまり経験したことが無かった。むしろ、韓国ではときどき経験したことであるから、かつて韓国で留学した日々をつい、南大東島で思い出して、しみじみとしてしまった。
 それから、しばらく外を散歩した。暗い道を歩いて、星を見に行った。いまいち風が強かったし、24時間稼働している製糖工場の音が島中に響き渡っていて、あまり星を見るのには集中できなかったけれども、気持ちがよかった。適度に湿った空気に適度な気温、それから、さとうきび畑のさとうきびが風によって擦れあう音。日本のどこでも体験できることではない。


 夕方の時間帯が近づくにつれ、雲が多くなっていった。

IMG_7063
【2017.2.13】南大東島にて

 南大東島で過ごす、二日目も暮れようとしている。

IMG_7064【2017.2.13】南大東島にて

 雨が、ぱらつき始める。

IMG_7067【2017.2.13】南大東島にて

 一日のうちに、晴れている時間、曇りの時間、雨の時間、全てがある。この天気の移ろいはなんだか、いかにも南の気候といった感じだ。

IMG_7069【2017.2.13】南大東島にて

 さとうきびの穂が風にさらさらと揺れて、光り輝く。

IMG_7077【2017.2.13】南大東島にて

 2日間、島中を自転車で回った。

IMG_7084【2017.2.13】南大東島にて

 面積が30平方キロメートルというのは、2日間で回るにはちょうどよい大きさだと思う。

IMG_7087【2017.2.13】南大東島にて

 地蔵がある。

IMG_7085

 古くから琉球王国の土地であった、沖縄本島では見ることができない。南大東島が、八丈島から渡ってきた人々によって開拓された島であることを、地蔵の存在は暗に伝えている。

IMG_7089【2017.2.13】自転車

 近くに、島の開拓民団の上陸を記念して建てられた記念碑がある。現在ある記念碑は、昭和5年(1930年)に建てられたコンクリート製のものだという。
 1900年1月23日に23人の開拓団が八丈島から渡ってきた。それから、幾多の困難があり、八丈島からは帰郷を求められたが、それを断りながら、なんとか製糖業の島へと作りかえた。

IMG_7092【2017.2.13】記念碑

 それは、輝かしい歴史ではあるかもしれない。
 しかし一方で八丈島から渡ってきた当初の開拓民は、製糖業の労働力として沖縄本島から沖縄の人々を労働力として連れ込み、奴隷として搾取した。当時、南大東島は製糖会社の所有地であり、警察や学校といった日本の公権による支配は行われず、そういう「植民地」の歴史が解消されることはなかった。太平洋戦争末期の沖縄戦のころ、八丈系の住民の多くが八丈島へと帰還したり、沖縄県が米軍の管理下に入ることで、この状態はやっと解消され、1946年に初めて南大東村という自治体が作られた。
 しかし、八丈系の住民と、沖縄系の感情的なわだかまりは長く続き、学校ではお互いに交わろうとしなかったり、お互いの結婚もよくないものとされていた時期が長く続いたという。今でこそそれは、解消されたというが、「姓」を見れば八丈系なのか沖縄系なのかが分かる、そういう構造は残っている。

IMG_7094【2017.2.13】南大東島にて

 もう一度、海を見に来る。

IMG_7099【2017.2.13】太平洋

 「塩屋プール」という、島の西部に作られた岩のプールである。
(海軍棒プールは島の東部にある, #0853.南大東島のワイルドな海軍棒プール)

IMG_7100【2017.2.13】南大東島にて

 雨が、大粒になった。
 雨にも濡れて、岩場に打ち付けた波が体にふきつけ、体が潮くさくも感じられた。

IMG_7106【2017.2.13】南大東島にて

 宿へと戻ることにした。

IMG_7109【2017.2.13】南大東島にて

 宿につくころには、雨で、体がびっしょりになっていた。


 南大東島にある神社のうちのひとつ、秋葉神社へとやってくる。

IMG_6994
【2017.2.13】秋葉神社

 さとうきび畑の向こうに見える、標高40mほどの丘に、神社はある。

IMG_6999【2017.2.13】秋葉神社

 それは神社ではあるが、亜熱帯にある南大東島にあってか、独特である。

IMG_7055【2017.2.13】秋葉神社


 こういった参道を、ほかの地域では見たことがない。

IMG_7053【2017.2.13】秋葉神社

 さとうきび畑の赤土から守られるようにして生えたフクギの並木の中を、まっすぐと伸びる参道の向こうに、神社はある。

IMG_7046【2017.2.13】秋葉神社

 道は、玉砂利に変わる。

IMG_7040【2017.2.13】秋葉神社

 そこに、鳥居が立っている。
 玉砂利は、石灰岩のようだった。おそらく、珊瑚礁の石灰岩でできた南大東島で産出されたものだろう。

IMG_7011【2017.2.13】秋葉神社

 それから、階段を上っていく。

IMG_7014【2017.2.13】秋葉神社

 階段を上っても見えるのは、一面のさとうきび畑だ。

IMG_7039【2017.2.13】秋葉神社

 階段を上りきる。

IMG_7027
【2017.2.13】秋葉神社

 神社というには、小さな神社だった。

IMG_7029【2017.2.13】秋葉神社

 それでも、参拝されている形跡があって、地元の人に慕われているようだった。

IMG_7024【2017.2.13】秋葉神社

 米と、日本酒が供えられている。

IMG_7026【2017.2.13】秋葉神社

 さとうきび畑の中にある神社だけれども、さとうきびが供えられているわけではなかった。

IMG_7028【2017.2.13】秋葉神社

 境内には、パパイヤの木がある。境内にパパイヤの木が生えている神社など、日本国内には数えるほどしかないと思う。まだ濃い緑色で、熟してはいなかった。熟したら、誰かが食べるのだろうか。それとも、そのまま、お供えものになるのだろうか。

IMG_7033【2017.2.13】忠魂碑

 忠魂碑がある。

IMG_7060【2017.2.13】秋葉神社

 それからまた、フクギの並木の中を通って、外へと出てきた。


 南大東島のスーパーで買った、弁当を食べる。

IMG_6975
【2017.2.13】お弁当

 生産者に「ふじ食堂」とある。
 前の日に、大東そばと大東寿司のセットを食べた食堂ではないか。(#0845.大東そばと大東寿司と南大東島の歴史)
 結局、前日とは違うものを食べようと思っていたものが、違うには違うが、同じ食堂のものを食べていたということになった。人口1300人ほどの島であるから、そういうことは起こりうるだろう。

IMG_6978【2017.2.13】お弁当

 たくさんの惣菜が、ぎっしりと詰まっている。さとうきび畑での肉体労働には、こういうお弁当がありがたがられそうだ。
 思いがけず、お弁当によってもこの島の小ささを実感してしまったわけだが、この島の小ささを教えてくれるエピソードはこのお弁当だけでもない。島民の話によれば、「恋愛」もまた、全島民の監視下にあるからなかなか自由にできないという。例えば、男の人が、未婚の女性を車に乗せて、島内を走るとする。それは誰かによって目撃され、すぐに噂として広められてしまう。当の二人が付き合っていなくても、「あいつら、付き合っているみたい」と既成事実として広められてしまう。そして周りの圧力によって、いつの間にか、本当の交際がスタートしている。しかし、そういう形で始まった交際、それから結婚は必ずしも長続きしないようで、南大東島では離婚というのが、島民の認識である。しかし、離婚したからといって、お互いが南大東島に住んでいる限り、完全に別れることはできない。それがいやで、那覇へと逃げてしまう女性もいるようだ。

IMG_6989【2017.2.13】南大東島

 また、南大東島の名物のひとつに、羊羹がある。これもまた、八丈系の移民によって持ち込まれたものだ。現在、南大東島はいくつかのお店で作られているようだが、島民、みな好みが違って、あれはおいしいだとか、あれはまずいといった考えを各自持っているようである。しかし、これは家族を除いて、公言することはできないようだ。特定の羊羹をまずいといってしまえば、それを作っている一家のことを嫌いだというメッセージとしてこれもまた、すぐに島中に広められてしまう可能性があるからである。
 それが、人口が東京の1万分の1に満たない、南大東島の状況なのだ(笑)


↑このページのトップヘ