地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

 西ドイツ分裂時代、西ベルリンを囲むようにして建てられたベルリンの壁は全長155㎞にもなる。東西ドイツ統一後、壁の一部は記念碑的なものとして残されたが、その壁のほとんどが撤去された。
 さて、「ベルリンの壁を見に行きたい」と思った時、その155kmにも及ぶ区間のうち、どこに行くのがよいのだろうか。現存するベルリンの壁として、最も長い距離が残っているのが、シュプレー川沿いにあるイーストサイドギャラリー(East Side Gallery)で、1.316kmにもなる連続した壁が残っている。

■イーストサイドギャラリーへの行き方

 イーストサイドギャラリーへは、S3線・S5線・S7線・S75線・U1線のヴァルシャウアー・シュトラーセ(Warschauer Straße)駅が最寄り駅となる。

IMG_9769
【2017.3.16】ヴァルシャウアー・シュトラーセ駅周辺

 このあたりまで来ると、ベルリンの都心というよりは、郊外に寄っているということを感じられる。

IMG_9772【2017.3.16】ヴァルシャウアー・シュトラーセ駅周辺

 都心方向には、ベルリンテレビ塔や高層建築が見える。

IMG_9775【2017.3.16】ヴァルシャウアー・シュトラーセ駅周辺

 イーストサイドギャラリーへはまず、駅を出て南側へと進む。

IMG_9766【2017.3.16】SUICIDE CIRCUS

 SUICIDE CIRCUS(自殺サーカス)だなんていう、不吉な文字がある。ベルリンの有名ナイトクラブだそうだところで、。ベルリン在住の友人曰くベルリンは、日本ではドイツの首都であることや、東西分裂の歴史によって有名ではあるけれども、ヨーロッパやアメリカにおいてはベルリンは「クスリ」だとか「パーティー」によって有名だという側面もあり、そういう目的でやってくる旅行客が少なくないんだという。

IMG_9764【2017.3.16】ヴァルシャウアー・シュトラーセ駅周辺

 ずっと南方向へと進んでいく。

IMG_9776【2017.3.16】U1線ヴァルシャウアー・シュトラーセ駅

 Sバーンのヴァルシャウアー・シュトラーセ駅とUバーンのヴァルシャウアー・シュトラーセ駅は離れてはいるが、どちらの駅からも、南側へと歩いていけばよいということは変わらない。

IMG_9778【2017.3.16】ケバブのお店

 このあたりはトルコ移民の人口も多いのか、ケバブのお店なども目に付く。
 5分ほど歩く。

IMG_9780【2017.3.16】公園

 小さな広場にクロッカスの花が咲いていて、ベルリンも最も早く春の到来を告げていた。

IMG_9785【2017.3.16】イーストサイド・ギャラリー周辺

 建物の側面に、「Berlin. It's time to grow up.」だとか描いてあって、そのあたりが、イーストサイド・ギャラリーの南端(東端)となっている。

IMG_9786【2017.3.16】イーストサイドギャラリーにて

 ここから北西方向に1.3kmがイーストサイドギャラリーの区間だ。

IMG_9788【2017.3.16】イーストサイドギャラリーにて

 ドイツの国旗とユダヤ人の国歌であるイスラエルの国旗が重なり合った壁画など、メッセージ性の高い壁画が見える。
 さて、北西へと進んでいこう。


 ベルリンで迎える2回目の朝は、曇り空だった。

IMG_9743【2017.3.16】Wittenbergplatz駅周辺

 地下鉄ヴィッテンベルクプラッツ(Wittenbergplatz)駅から乗車する。

IMG_9742
【2017.3.16】Wittenbergplatz駅

 ベルリンの地下鉄は長い歴史を持っている。
 最古の路線はこの駅を通るU1線で、1902年に開通している。ヴィッテンベルクプラッツ駅もU1線の開通した、1902年3月11月に開業している。

IMG_9745【2017.3.16】Wittenbergplatz駅

 つまりベルリンの地下鉄は東西ドイツ分裂以前から存在し、第二次世界大戦、東西ドイツ分裂時代、それから東西ドイツ統一後を経ている。ベルリンが西ベルリンと東ベルリンに分かれていた時は、ふたつの地域を行き交う路線は運行が停止したり、分断していたというし、起点も終点も西ベルリンにあるU6線とU8線は、途中の東ベルリンに位置する区間では、その区間にある駅を全て通過駅扱いにして、運行していたという。そのため、U6線では5駅が幽霊駅扱いに、U8線では6駅が幽霊駅扱いになっていたというが、大変、興味深い。東ベルリンに位置する区間で、車両が故障すると、ややこしい問題が起こっていたようで、そういうことを知ると、東西分裂はベルリン市民の生活を相当不便にしていたのだということが分かる。結局、東西ドイツ統一後、幽霊駅は再開業したし、東西に分断されていた路線は再び、繋がれた。

IMG_9747【2017.3.16】Wittenbergplatz駅

 駅に、貴重品の管理に注意しろという表示がある。

IMG_9731

 ドイツ語に加えて、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポーランド語、ロシア語、ドイツ語、日本語、それからアラビア文字を用いる言語がある。
 これらがドイツにおける、主要な外国語という認識なのだろうか。そこに日本語があるというのが、意外である。

IMG_9749【2017.3.16】ベルリン地下鉄にて

 ベルリンの地下鉄は、比較的、清潔でよい。治安もさほど、悪いようには感じられない。(ヨーロッパの地下鉄といえば、パリがとにかく最悪だと思う)
 それでも、車内で、昼間からビールを飲んで大きな声で騒ぎ立てている人たちを見た時は、カルチャーショックだった。
 また、地下鉄に自転車を持ちこむことができる。

IMG_9751【2017.3.16】ベルリン地下鉄にて

 地下鉄は、地上区間を走っていく。

IMG_9755【2017.3.16】ベルリン地下鉄にて

 窓には、ブランデンブルク門が描かれている。

IMG_9756【2017.3.16】ベルリン地下鉄にて

 地下鉄の車両は終点の、ヴァルシャウアー・シュトラーセ(Warschauer Straße)駅に到着する。

IMG_9757【2017.3.16】Warschauer Straße駅にて

 U1線は13駅があるが全長は9kmにしかならない。駅間距離の短い路線だ。

IMG_9758【2017.3.16】Warschauer Straße駅にて

 ベルリンの地下鉄は、改札口がないため、利用が便利だ。駅構内で購入した、合法的に乗車できる乗車券を保有し、駅の打刻機で利用期日を打刻してあればよいが、改札口によって確認をしない。ただ地下通路に入ると、そこに電車がやってきて、乗車することができる。

IMG_9761【2017.3.16】Warschauer Straße駅にて

 だからといって無賃乗車はしてはならない。
 私服の検札員が抜き打ちで、検札をおこない、もし不正がばれた場合は、60ユーロ(約7800円)の罰金を支払わなくてはならないから、くれぐれも気を付けたい。


 夕食前に小腹が減ったから、カリーブルスト(Currywurst)を食べにいく。

IMG_9697【2017.3.15】ベルリンにて

 「ブルスト」とはドイツ語でソーセージを意味する。

IMG_9699【2017.3.15】ベルリンにて

 カレーブルストとは、ソーセージの上にケチャップとカレー粉をまぶした料理であり、ベルリン発祥の料理だ。もともと第二次世界大戦後、復興中の西ベルリンで作られ、建設労働者の間に広まり、定着したものだという。
 「CURRY 61」というお店にやってくる。

IMG_9703【2017.3.15】CURRY 61にて

 店頭で、ソーセージを選ぶ。

IMG_9704【2017.3.15】CURRY 61にて

 そうすると、ソーセージの皮をむき、切り、フライドポテトを添え、ケチャップとカレー粉をかけて出してくれる。
 ドイツでは大体、ソーセージを食べるときは、皮を剥いてから食べる。皮を食べてもよいソーセージもあるそうだが、日本で人気を博する「ぱっつんぱっつんの皮、溢れる肉汁」のソーセージは、ドイツではあまりお目にかかれない。

IMG_9712【2017.3.15】CURRY 61にて

 カリーブルストは、店頭で立ち食いをする。

IMG_9715【2017.3.15】CURRY 61にて

 そういうことをするだけで、なんだか一時的にベルリン市民になれたような気がする。
 個人的な経験から言えば、韓国の屋台で、トッポキ(떡볶이)やスンデ(순대)の類を、立ち食いするのに似ている。

CURRY61_1

 小腹が減っている時に、ちょどよい食べ物だと思う。

CURRY61_2

■CURRY 61
住所 : Oranienburger Str. 6, 10178 Berlin
SバーンHackescher Markt駅徒歩4分
UバーンWeinmeisterstraße駅徒歩4分
営業時間 : 午前11時~午後11時

----------

 夕食は友人宅で作って、食べることにした。

IMG_9718【2017.3.15】Sバーン

 アレクサンダー広場の近くにある、アジア食材店で食材を買っていく。
 韓国系の人が経営していて、主に韓国と日本の食材が置かれていた。店員には、韓国語で話しかけられた。

IMG_9724【2017.3.15】アレクサンダー広場にて

 アレクサンダー広場には、世界時計という待ち合わせスポットがある。渋谷でいう、ハチ公のようなものだと友人は説明する。アレクサンダー広場にはまた別の日の昼間にでもやってくることにして、友人宅へと戻ることにした。


 ベルリン大聖堂(Berliner Dom)へとやってくる。

IMG_9614
【2017.3.15】ベルリン大聖堂

 入場料はふつう7ユーロ(約910円)だが、Berilin WelcomeCardを提示すると、割引を受けることができる。
( Berilin WelcomeCardについては、#0980.ベルリン・シェーネフェルト空港からベルリン市内への行き方 を参考)

BerlinDome3

 2ユーロの割引をうけて、5ユーロ(約650円)で入場した。

BerlinDome1

 もともとこの地には、1451年から建物があったというが、現在の建物に建て替えられたのは1905年のことである。第二次世界大戦中に破損してから、本格的に修復を終えたのは東西ドイツ統一後の1993年のことだったという。

BerlinDome2

 中に入ると、そのドームの大きさには圧倒される。

IMG_9622
 【2017.3.15】内部にて

 高さ115mほどにもなるドームの内側に、どのようにしてあのような装飾を施したのだろうかと思う。

IMG_9627
【2017.3.15】内部にて

 この大聖堂は、ドームに上ることができる。

IMG_9629【2017.3.15】かつてのベルリン大聖堂

 かつてのベルリン大聖堂の模型などが展示されている展示室を通り、270段の階段を上っていくと、外へと出ることができる。

IMG_9637【2017.3.15】展望台にて

 ベルリンに高い建物が次々と建てられているとは、100mを超えるベルリン大聖堂ほど高い建物はそうはない。

IMG_9640【2017.3.15】展望台にて

 四方八方が見渡せて、とても気持ちがよい。

IMG_9650【2017.3.15】展望台にて

 午後6時を告げる、大聖堂の鐘がなる。

IMG_9652【2017.3.15】展望台にて

 午後6時になって、空が紫色がかっていた。

IMG_9654【2017.3.15】展望台にて

 寒く、冬のようではあったが、日脚は伸びているのだと思う。

IMG_9660【2017.3.15】展望台にて

 ベルリンはなかなか、平べったい都市だ。

IMG_9663【2017.3.15】展望台にて

 内陸にはあるが、もともと沼地に発達した都市だというから、そうなのだろう。
 眺望点の少ないこの平べったい都市を一望するには、ちょうどよいところだと思う。

IMG_9664【2017.3.15】展望台にて

 しばらく、日没を眺めていた。

IMG_9667【2017.3.15】展望台にて

 友人が用事を終えたから、夕食を食べにいこうと催促するメッセージがスマートフォンに入る。

IMG_9674【2017.3.15】展望台にて

 ゆっくりと、270段の階段をまた降りていく。

IMG_9680【2017.3.15】展望台にて

 朝から夕方まで、ベルリンを満喫した。

IMG_9694【2017.3.15】展望台にて

■ベルリン大聖堂
 入場料 : 7ユーロ(ベルリンウェルカムカード提示あるいは学生証提示で5ユーロ) 
 開放時間 : 午前9時から午後7時まで(日曜日は正午から午後7時まで。4月から9月までは午後8時まで延長開放)


↑このページのトップヘ