地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

2016年9月 ウイグル9泊10日
(カシュガル・ヤルカンド・カルギリク・ホータン)
 
旅行期間:2016年9月16日 - 2016年9月25日
訪問国:中国

◆搭乗便
2016年9月16日 四川航空3U8086便 東京(成田) 20:20 → 成都 0:40 (+1)
2016年9月17日 四川航空3U8525便 成都 8:10 → ウルムチ 11:55
2016年9月17日 四川航空3U8525便 ウルムチ 12:40 → カシュガル 14:35
2016年9月24日 四川航空3U8526便 カシュガル 15:20 → ウルムチ 17:10 
2016年9月25日 四川航空3U8526便 ウルムチ 18:05 → 成都 21:15
2016年9月25日 四川航空3U8085便 成都 13:20 → 東京(成田) 19:00 
運賃:25947円

東京からカシュガルへ

#0470.トルコへの出入国記録による中国入国拒否の噂はデマだった
#0471.東京から往復25947円で行く南新疆カシュガルの旅

■1日目(9月16日) - 東京✈成都
#0472.四川航空 成田・成都便搭乗記(2016年9月版)

■2日目(9月17日) - 成都✈ウルムチ✈カシュガル 
#0473.成都空港で中国人と雑談をして過ごす
#0474.四川航空8525便 成都からウルムチへ
#0475.四川航空8525便 ウイグルからカシュガルへ
#0476.カシュガル空港とカシュガル市内の移動
#0477.喀什老城青年旅舍(カシュガルオールドタウンユースホステル)
#0478.カシュガルでの両替について
#0479.ウイグルのラグマンに衝撃を受ける
#0480.カシュガルの噴水のある屋外カフェで涼む
#0481.カシュガルの夜市を食いつくせ!

カシュガル旅程-02


■3日目(9月18日) - カシュガル→ヤルカンド
#0482.日本語が話せるウイグル人のナン売りのおじさん
#0484.カシュガル国際バスターミナル(喀什國際汽車站)
#0485.カシュガル(喀什)からヤルカンド(莎車)までバスで行く
#0486.ヤルカンドのユースホステル(莎車青年旅舍)
#0487.ヤルカンドのファストフード店「OSMANBAG」
#0488.ヤルカンドのアルトゥンモスク(Altun Mosque)で肉声のアザーンを聞く
#0489.ヤルカンドの墓地のおじいさんたち
#0490.ヤルカンドの墓地で鶏の屠殺を見る
#0491.ヤルカンドの路地裏に迷い込む
#0492.ヤルカンド旧市街の喧噪を歩く
#0493.ヤルカンドの神がかった炒めラグマン!
#0494.ウイグルではスイカ一玉31円、メロン一玉77円!

■4日目(9月19日) - ヤルカンド→カルギリク
#0495.ヤルカンドで警察に職務質問される
#0496.ヤルカンドの王宮の周りを歩いてみる
#0497.アマンニサ・ハン(阿曼尼沙汗)の墓とヤルカンド・ハン国の王陵
#0498.ルボスタンレストラン ヤルカンド店(努爾博斯坦餐廳莎車分店)でウイグル料理のランチ
#0499.ヤルカンド(莎車)からカルギリク(葉城)までバスで行く
#0500.ヤルカンドでは国際データローミングが封じられている
#0501.カルギリク(葉城)德隆精品酒店とカルギリクの治安
#0502.薄暮のカルギリク
#0503.カルギリクでウイグルの茹で鳩を食べる
#0504.カルギリクの食堂のおもてなしに感激する

■5日目(9月20日) - カルギリク→ホータン
#0505.プロパガンダ広告から考える新疆ウイグル自治区
#0506.カルギリク・ジャーミーの前でウイグル帽を買う
#0507.ウイグルで出回っている不思議な日本語のビニール袋
#0508.カルギリク・ジャーミーのエメラルド
#0509.カルギリク旧市街の水色の街並み
#0510.カルギリクのおもてなしに感謝の念を伝えられぬまま町を去ることになる
#0511.カルギリク(葉城)からホータン(和田)まで乗合タクシーで行く
#0512.ホータン(和田)「吾布力烤肉店」で羊肉のケバブの晩餐

■6日目(9月21日) - ホータン
#0513.ホータン駅で鉄道の乗車券を購入する
#0514.ウイグルは子だくさん!
#0515.ホータンの団結広場に立つ毛沢東とウイグル人の像
#0516.ホータンに来たら絶対食べるべきホータン名物茹でカボチャ!
#0517.ホータンで食いだおれ!
#0518.アトゥバザールモスクとホータン旧市街
#0519.ホータンのエーティカ大バザール(艾提卡大巴扎)
#0520.ヨートカン遺跡へと向かうものの失敗した話
#0521.ウイグルの人々は羊を余すところなく活用する!
#0522.ホータン「皇宮民族特色飯館」の正統派ラグマン!

■7日目(9月22日) - ホータン→カシュガル
#0523.ホータン(和田)からカシュガル(喀什)まで喀和鉄路で移動する 1
#0524.ホータン(和田)からカシュガル(喀什)まで喀和鉄路で移動する 2
#0525.喀什帕米爾青年旅舍(カシュガルパミールユースホステル)
#0526.カシュガルの食堂で現代のノマド的な生き方について考える
#0527.カシュガル「百年老茶館」で都市の喧噪を眺めながら一休み

■8日目(9月23日) - カシュガル
#0528.カシュガルで鳩を食べてみよう
#0529.カシュガルの高台民居を歩く
#0530.カシュガル国際バザール訪問記 1
#0531.カシュガル国際バザール訪問記 2
#0532.修景事業と再開発が進むカシュガルの街
#0533.カシュガルでウイグル旅行最後のラグマンを食べる

■9日目(9月24日) - カシュガル✈ウルムチ✈成都
#0534.アパク・ホージャ墓訪問記
#0535.カシュガルの空港でウイグルで撮影した写真の検査を求められたバックパッカーの話
#0536.さようなら、ウイグル。また会える日まで!
#0537.成都双流空港周辺で兎の頭を食べる
 
■10日目(9月25日) - 成都✈東京
#0538.成都から東京へ。無事に終わるウイグル旅行

■まとめ
#0539.新疆ウイグル自治区への旅行をあなたにオススメしたい理由



2015年12月 南台湾4泊5日
(高雄・台南・阿里山) 

旅行期間:2015年12月23日 - 2015年12月27日
訪問国:台湾

◆搭乗便
2015年12月23日 バニラエアJW123便 東京(成田) 12:25→高雄 16:05
2015年12月27日 バニラエアJW124便 高雄 16:55→東京(成田) 21:20
運賃:17970円

台湾地図


■1日目(12月23日) - 東京✈高雄→台南
#0082.バニラエアで高雄行き
#0083.果物屋さんで釈迦頭を買っていく
#0084.台鉄の旅のお供に台鉄弁当!
#0085.台南の宝くじ売り場で1000円をする
#0089.台南・武聖夜市を行く 

■2日目(12月24日) - 台南
#0090.赤嵌楼 - 台南に赤く聳える
#0091.台南モダンのハヤシ百貨店 1
#0092.台南モダンのハヤシ百貨店 2 
#0093.台南孔子廟で「書」のおもてなし
#0094.南台湾でしか食べられない「丹丹漢堡(丹丹ハンバーガー)」
#0095.台南 - 清代と日本統治時代が重なり合う街
#0096.台南・花園夜市を食う!
#0097.台南・花園夜市を遊ぶ!

■3日目(12月25日) - 台南→阿里山
#0100.阿里山森林鉄路で嘉義から奮起湖へ
#0101.奮起湖 - ノスタルジックな山あいの集落
#0102.阿里山旅行記1 - 阿里山で森林浴をする
#0103.阿里山旅行記2 - 雲霧に覆われる阿里山
#0104.阿里山旅行記3 - 台湾一標高の高いところにあるセブンイレブン

alishanmap

■4日目(12月26日) - 阿里山→関子嶺温泉
#0105.阿里山旅行記4 - 朝4時半に起床し山を登る
#0106.阿里山旅行記5 - ご来光と帝雉  
#0107.阿里山旅行記6 - 阿里山に残る日本寺院「慈雲寺」
#0108.阿里山旅行記7 - 森に佇む姉妹潭
#0109.阿里山旅行記8 - バスで阿里山から嘉義まで一気に下る
#0110.関子嶺温泉への行き方
#0111.関子嶺「山景土雞城」 - 台湾で地鶏を食う!

■5日目(12月27日) - 関子嶺温泉→高雄✈東京
#0112.関子嶺温泉の泥湯を心ゆくまで楽しむ
#0113.関子嶺温泉街を散策する
#0114.南台湾4泊5日のしめくくり



2016年5月 雲南9泊10日
(麗江・シャングリラ)
 
旅行期間:2016年5月25日 - 2016年6月3日
訪問国:中国

◆搭乗便
2016年5月25日 四川航空3U8086 東京(成田) 20:20→成都 0:40(+1)
2016年5月26日 四川航空3U8691 成都 6:15→麗江 8:00
2016年6月2日 四川航空3U8692 麗江 19:30→成都 20:55
2016年6月3日 四川航空3U8085 成都 12:35→東京(成田) 17:55
運賃:23732円

雲南9泊10日

■準備
#0168.四川航空が価格崩壊している件

#0301.旅行中に顔は変わるのか

■1日目(5月25日) - 成都
#0302.四川航空 成田・成都便搭乗記
#0303.成都双流国際空港で仮眠する

■2日目(5月26日) - 成都→麗江
#0304.四川航空で成都から麗江へ
#0305.日本からはるばる、ついに麗江古城に到着する
#0306.麗江古城維護費(丽江古城维护费)について
#0307.宿に荷物を置き、麗江古城へと繰り出す
#0308.雲南での初食事はナシ族の食堂でナシ族の料理で
#0309.中国なのに空は青く、空気は澄み、水は清らかな雲南
#0310.プーアル茶を飲みながら麗江の甍の波を眺める
#0311.日本の甍の波と、麗江の甍の波
#0312.土鶏米線、青椒肉絲、それから一斤の櫻桃
#0313.麗江古城の夜の顔 - 自由を謳歌する音の渦 
 
■3日目(5月27日) - 麗江
#0314.麗江古城の生気溢れる朝の景色
#0315.麗江で日本人お断りのバーを見つける
#0316.ナシ族の踊りの輪を楽しむ
#0317.水、清らかな束河古鎮
#0318.水路、三眼井、瓦猫
#0319.石蓮寺 - 束河古鎮を見下ろすチベット寺院
#0320.さらに玉龍雪山の方へ、白沙古鎮を行く
#0321.白沙古鎮の妖艶なろうけつ染め(蠟染)
#0322.白沙古鎮で作物の名前を教わる
#0323.麗江で韓国からやってきた学生たちと夕食をとる
 
■4日目(5月28日) - 麗江→シャングリラ(香格里拉)
#0324.麗江からシャングリラへと絶景の合間を縫っていく 1
#0325.麗江からシャングリラへと絶景の合間を縫っていく 2
#0326.大火から復興する独克宗(ドクゾン)古城 #0327.シャングリラの巨大マニ車の回し方 #0328.ヤクのミルクとヨーグルトを嘗一下(味見してみて)! #0329.シャングリラの新市街をそぞろ歩きする
#0330.白鷄寺 - 独克宗古城の裏山のチベット仏教寺院
#0331.シャングリラで中国人旅行客と晩餐をともにする
 
■5日目(5月29日) - シャングリラ
#0332.松贊林寺(ソンツェンリン・ゴンパ)訪問記1 - 3路バスで松贊林寺へと向かう
#0333.松贊林寺(ソンツェンリン・ゴンパ)訪問記2 - 寺院の荘厳な佇まい
#0334.松贊林寺(ソンツェンリン・ゴンパ)訪問記3 - 拉姆央措湖から寺院を望む
#0335.シャングリラで本格四川の火鍋を食す!
 
■6日目(5月30日) - シャングリラ
#0336.ヤク肉の米線、青稞餅、バター茶のチベット朝ごはん
#0337.藍月山谷訪問記1 - 1本目のロープウェイで標高3750mへ
#0338.藍月山谷訪問記2 - 亞拉青波牧場の花の海
#0339.藍月山谷訪問記3 - 2本目のロープウェイで標高4500mへ
#0340.藍月山谷訪問記4 - 標高4500mの石卡雪山山頂付近
#0341.シャングリラ3泊目、シャングリラ最後の晩

■7日目(5月31日) - シャングリラ→麗江
#0342.雲南の多様性の中のシャングリラ
#0343.シャングリラ市街地の東側にある仏塔「日么(リマ)」を行く 1
#0344.シャングリラ市街地の東側にある仏塔「日么(リマ)」を行く 2
#0345.シャングリラでお土産を買っていく
#0346.バスでシャングリラから麗江へ - さらば、シャングリラ!
#0347.バスでシャングリラから麗江へ - ただいま、麗江!
 
■8日目(6月1日) - 麗江
#0348.ナシ族の知恵をトンパ文字で読む
#0349.拉市鎮の田舎道を歩く 1
#0350.拉市鎮の田舎道を歩く 2
#0351.麗江古城内の生活感溢れる市場 - 忠義市場
#0352.重慶小麺と東巴雪梨湯
 
■9日目(6月2日) - 麗江→成都
#0353.中国のファーストフード店「dicos(徳克士)」はとても清潔!
#0354.チベット仏教寺院「玉峰寺」訪問記 1
#0355.チベット仏教寺院「玉峰寺」訪問記 2
#0356.野薔薇の道を歩き、麗江と別れる
#0357.Airtickets24は決して利用してはならない!
#0358.四川航空国内線ファーストクラス搭乗記
#0359.四川航空の激安航空券にはトランジットホテルもついていた

■10日目(6月3日) - 成都→東京
#0360.成都から東京まで、偏西風に乗って4時間半の旅



2014年7月 ウズベキスタン7泊8日
(タシュケント・サマルカンド・ブハラ・ヒヴァ)

旅行期間:2014年7月14日 - 2014年7月21日
訪問国:ウズベキスタン

◆搭乗便
2014年7月14日 アシアナ航空OZ573 ソウル(仁川) 17:30 → タシュケント 21:00
2014年7月21日 アシアナ航空OZ574 タシュケント 22:20 → ソウル(仁川) 8:50(+1)
運賃:853900KRW(約85390円)

2014年7月20日 ウズベキスタン航空HY1056  ウルゲンチ21:00 →  タシュケント22:25
運賃:10280円

trip_to_Uzbekistan_2014


■準備
#0037.僕が旅行先としてウズベキスタンを選んだ理由
#0038.在韓ウズベキスタン大使館でのビザ取得
#0045.ウズベキスタンの両替事情

■1日目(7月14日) - ソウル✈タシュケント
#0039.ウズベキスタンの税関申告書 
#0040.中国からウズベキスタンへの機窓
#0046.タシュケント国際空港というひどい空港
#0048.タシュケントのゲストハウス - 「Mirzo B&B」

■2日目(7月15日) - タシュケント→サマルカンド
#0050.ウズベキスタン国鉄でタシュケントからサマルカンドへ
#0051.サマルカンド - 「Jahongir B&B」のおもてなし
#0052.レギスタン広場訪問記 1
#0053.レギスタン広場訪問記 2
#0062.サマルカンドの丘の墓地
#0063.ウズベク料理レストラン「YULDUZ(ユルドゥス)」
 
■3日目(7月16日) - サマルカンド
#0064.サマルカンド - 「Jahongir B&B」の朝食
#0065.街のモスクと金歯のおじさん
#0066.中国 × ペルシャ × トルコ = ???
#0074.青の都の「シャーヒジンダ霊廟群」 1
#0075.青の都の「シャーヒジンダ霊廟群」 2
#0076.ビビハニム・モスク(Bibi Khanym Mosque)の夢
#0077.サマルカンドのシアブバザール(Shiab Bazaar)は天下の台所だ
#0122.サマルカンドの裏道散策とハマム体験記
#0123.サマルカンドの日の暮れ始め
#0124.サマルカンドで聞いた親孝行の話

■4日目(7月17日) - サマルカンド→ブハラ
#0129.サマルカンドからブハラまでタクシーで移動する
#0130.ブハラ - 「Amulet Hotel」に古(いにしえ)を感じる
#0182.ブハラ「チャハル・ミナール」 - 生活に溶け込んだ世界遺産
#0183.ブハラで故郷の遠さを思う

■5日目(7月18日) - ブハラ
#0184.ブハラの街並みに中世を思う
#0185.ブハラ「アルク城」 - 都市の中の都市
#0186.夏のブハラの遅い夕暮れ

■6日目(7月19日) - ブハラ→ヒヴァ
#0187.ブハラに再訪を誓う
#0188.ブハラからヒヴァまで砂漠を駆ける 1
#0189.ブハラからヒヴァまで砂漠を駆ける 2
#0230.ヒヴァで見つけたシルクロードマップ
#0231.穏やかなヒヴァの空色
#0232.ヒヴァの城壁で貧困を考える
#0233.ヒヴァに夜の帳(とばり)が降りる

■7日目(7月20日) - ヒヴァ→ウルゲンチ✈タシュケント
#0234.宝石箱のようなヒヴァの街並み 1
#0235.宝石箱のようなヒヴァの街並み 2
#0236.宝石箱のようなヒヴァの街並み 3
#0237.ヒヴァのチャイハネで暑さをやり過ごす
#0238.ウズベキスタンのシュールなケーキ
#0239.ヒヴァを去り、タシュケントへ
 
■8日目(7月21日) - タシュケント✈ソウル
#0289.タシュケントで1年7か月ぶりに友人と再会する
#0290.タシュケントの地下鉄で駅務室に連行される
#0291.人まばらなタシュケントの昼
#0292.タシュケントの遊園地でソ連式のアトラクションを楽しむ
#0293.タシュケントのコリアンタウンでコーヒータイム
#0294.さらばウズベキスタンよ、元気でな!
 


↑このページのトップヘ