地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

 砂浜のない、南大東島ではあるが、だからといって海水浴ができるところがないというわけではない。

IMG_6929
【2017.2.13】海軍棒にて

 海軍棒へとやってくる。

IMG_6930【2017.2.13】海軍棒にて

 崖を切り開いて作られた、急な坂を下りた先にある。

IMG_6931【2017.2.13】海軍棒にて

 それは、岩をくりぬいて作られた天然のプールだ。

IMG_6935【2017.2.13】海軍棒

 2月であり、海水浴には寒いが、足を浸すにはちょうどよかった。

IMG_6940【2017.2.13】海軍棒にて

 絶海の孤島のふちの、太平洋へとつきでている天然のプールには、時折、大きな波が入ってくる。なかなか、ワイルドだ。なお、このプールは、満潮時には水没してしまう。

IMG_6941【2017.2.13】海軍棒プール
 
 水平線を眺めることができる。

IMG_6945【2017.2.13】海軍棒

 北大東島を除いて周囲300km以内に陸地がない、南大東島。そういう立地に思いをはせていると、景色は美しいけれども、なんだか寂しくなってくる。

IMG_6947【2017.2.13】海軍棒プール

 海水浴のシーズンにやってくれば、ここも人で賑わっているのだろうか。

IMG_6955【2017.2.13】海軍棒にて

 周囲は、岩で囲まれている。

IMG_6957【2017.2.13】海軍棒

 岩を、のぼってみることを考える。

IMG_6961【2017.2.13】海軍棒にて

 結構、高いところまでのぼってくることができる。

IMG_6962【2017.2.13】海軍棒にて

 上の方に棒がある。
 あれが、「海軍棒」という地名の由来である。1892年に大日本帝国海軍がこの島に訪れた時に、測量用に建てていった棒だそうだ。(なお現在ある棒は、当時のものではなく、復元である)

IMG_6967【2017.2.13】海軍棒にて

 その棒に近づいていこうと思ったが、植物に阻まれて、近づくことができなかった。

IMG_6969【2017.2.13】海軍棒にて

 しばらく崖の上で、海をながめる。
 それから、崖をおりていくが、崖はのぼるよりも、おりる方が大変だ。足元に気を付けながら、ゆっくりと降りていった。


 南大東空港へと向かう。

IMG_6868
【2017.2.13】南大東空港へと向かう道

 飛行機に乗るのではなく、見に来たのだ。

IMG_6875【2017.2.13】南大東空港にて

 ちょうど琉球エアコミューターの午前の便が、那覇からやってきて、これから那覇へと折り返すところだった。

IMG_6881【2017.2.13】南大東空港にて

 プロペラ機は、滑走路で待機をしていた。

IMG_6890【2017.2.13】ハイビスカス

 南大東空港は、屋上に上がって、飛行機を眺めることができる。

IMG_6893【2017.2.13】屋上

 日本全国に85の、旅客を扱っている空港があるが、南大東空港の乗降客数は2016年度に45719人で全国73番目と小さな空港ではある。1日あたりの乗降客数は125人ほどではあるが、南大東島の人口が1300人であることを考慮すると、人口の約11分の1から約10分の1にあたる人員となり、これは決して少ないとは言えないだろう。

IMG_6896【2017.2.13】南大東空港にて

 乗客を積んでいる最中だった。

IMG_6898【2017.2.13】南大東空港にて

 展望台からは海が見える。
 乗客を乗せ終えてしばらくすると、プロベラが回り始めた。

IMG_6906【2017.2.13】南大東空港にて

 プロペラのぶんぶんという音が、旅情を誘う。
 いつまでも見ていたい、そういう景色だった。

IMG_6909【2017.2.13】南大東空港にて

 まず、滑走路の端と向かう。

IMG_6914【2017.2.13】南大東空港にて

 滑走路の端で、方向をくるりと変える。

IMG_6919【2017.2.13】南大東空港にて

 そこから、助走を始める。

IMG_6920【2017.2.13】南大東空港にて

 滑走路の半ばより手前で、浮上を始める。

IMG_6921【2017.2.13】南大東空港にて

 南大東空港から、那覇へと向かう。

IMG_6922【2017.2.13】南大東空港にて

 空へとのぼっていく。
 島の上空でしばらく旋回しながら上昇し、那覇へと舵を切った。

IMG_6925【2017.2.13】南大東空港にて

 やはり、飛行機を見ているのは楽しい。
 乗客はもう家族の迎えの車か、自家用車に乗って帰ってしまった。観光客は、宿からの迎えの車でもう空港を去ってしまった。飛行機から下ろした積み荷は島の人によって運ばれて、それもなくなってしまった。また、静かな空港に戻ってしまった。

IMG_6927【2017.2.13】南大東空港にて

 空港の駐車場にはたくさんの車が停められているけれども、島の人は車をみれば、それが誰の車か、どの家族の車であるかということを分かっているという。つまり、誰が今、島の外にいるのかということは、南大東空港の駐車場にやってくれば分かることなのだという話は、興味深い。


 この日は、自転車で島をめぐるにはよい天気だった。

IMG_6813
【2017.2.13】南大東島にて

 野菜畑がある。

IMG_6820【2017.2.13】南大東島にて

 かぼちゃが、膨らみはじめていた。

IMG_6823【2017.2.13】南大東島にて

 24時間稼働している製糖工場、それから、早朝からさとうきびの収穫のために、収穫の機械と、さとうきびを製糖場へと運ぶトラックが慌ただしく動いてはいるけれども、都会のようなせわしさはない。

IMG_6826【2017.2.13】南大東島にて

 都会のせわしさというものは、終わりのないせわしさではあるけれども、南大東島のせわしさはさとうきびの収穫シーズンだけだ。

IMG_6828【2017.2.13】南大東島にて

 朝の気温は12度ほどと少し肌寒かったけれども、昼には20度近くまで上がった。

IMG_6831【2017.2.13】南大東島にて

 さとうきび畑はなかなか、色彩豊かだ。
 さとうきびが生育しているところ、すでに刈り終えたところとで、グラデーションを為している。

IMG_6834【2017.2.13】南大東島にて

 近くには、さとうきび用の肥料の袋が無造作に積まれていた。

IMG_6837【2017.2.13】南大東島にて

 進んでいると、道がなくなってしまった。

IMG_6844【2017.2.13】南大東島にて

 また、来た道を戻る。

IMG_6848【2017.2.13】南大東島にて

 たったの30平方キロメートルしかない島の景色のようには思えない。

IMG_6849【2017.2.13】南大東島にて

 もっと広い島であるような気がする。
 この丘陵地がずっと、ずっと続いてそうな気がする。あたかも、北海道のように。

IMG_6851【2017.2.13】南大東島にて

 丘陵地に広がるさとうきび畑が、とても美しい。

IMG_6855【2017.2.13】南大東島にて

 風に揺らいで、より美しい景色を作る。

IMG_6860【2017.2.13】南大東島にて

 丘陵地の一面のさとうきびというものが、これだけ美しいものだということをこの日、初めて知ったのだった。


 南大東島には島の北部と、島の南部に港がある。それぞれ、北港、亀池港という。
 亀池港へと向かう。

IMG_6790
【2017.2.13】亀池港へと向かう道

 一度、丘を上がっていく。

IMG_6792【2017.2.13】亀池港へと向かう道

 それから、一気に海の方へと落ちる。

IMG_6793【2017.2.13】亀池港へと向かう道

その日に南大東島に入港する船は、前日の午後5時に那覇を出発するものだった。船はまず、午前8時に北大東島に入港し、午前9時に出港、それから南大東島には午前10時に入港するものだった。
 時刻は午前9時半頃で、船の入港にはやや早く来てしまった。

IMG_6796【2017.2.13】亀池港にて

 港周辺はまだ、静かだった。
 入港する時には、たくさんの人々がやってきて賑やかになるという。船から下ろした物資を、各自、運ばなくてはならないからだ。

IMG_6798【2017.2.13】亀池港にて

 船が、北港に入るか、それとも、亀池港に入るかは、メーリングリストによって全島民に知らされるのだという。それは、スマートフォンが普及すれば、LINEにとってかわるかもしれない。

IMG_6799【2017.2.13】亀池港にて

 南大東島は、港湾施設が海抜10m以上の高さに築かれているため、船の接岸ができない。そのためすべての物資、それから乗客をクレーンで船の上へと運ぶ。

IMG_6800【2017.2.13】亀池港にて

 南大東島へは、海の上で一晩を過ごす必要はあるものの、船を利用してやってくることもできる。
 しかし運航便数は1週間に1便あるいは2便しかなく、定期的ではなく、また海のようすによってしばしば出港が延期されるために、大東海運株式会社(http://www.daitoline.com/)で逐一確認をする必要がある。
 乗船には予約が必要で那覇・南北大東間の運賃は片道5690円、往復10820円と、琉球エアコミューターと比較するとずっと安価だ。
 船に乗ってやってくると、島民が見守る中、クレーンによって運ばれて島に上陸することができるそうだが、いつか、体験してみたいものである。

IMG_6802【2017.2.13】亀池港にて

 南大東島の港は、断崖絶壁を切り開いて、無理矢理、港を作っているといった感じだ。

IMG_6806【2017.2.13】亀池港にて

 断崖の上へとのぼると、風力発電の風車が回っていた。

IMG_6811【2017.2.13】亀池港にて

 せっかくだから船の入港を待っていようとも思っていたけれども、いつ入港するのか分からないから、別のところへと向かうことにした。


↑このページのトップヘ