地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

 スイス・コテージ(Swiss Cottage)駅周辺から、プリムローズ・ヒル(Primrose Hill)へと向かって歩いていく。

IMG_8925
【2017.3.13】スイス・コテージ(Swiss Cottage)駅周辺にて

 芝生の中に、黄色のかわいらしげな花が咲いている。

IMG_8926【2017.3.13】黄色の花

 至るところに、花が咲いている。

IMG_8931【2017.3.13】黄色の花

 地面の草も、木もみなが、春を喜んでいるようだった。

IMG_8932【2017.3.13】白い花

 午後4時になって、日が少しずつ傾き始めてきた。

IMG_8935【2017.3.13】白い花

 この日がロンドンに滞在する最後の日で、次の日にはベルリンへと向かう。もう西日がせまってきていて、なんだか、名残惜しかった。
 プリムローズ・ヒル(Primrose Hill)へとやってくる。

IMG_8936【2017.3.13】プリムローズ・ヒルにて

 先日やって来た時には、雲に覆われていたけれども、この日は青い空に覆われていて気持ちがいい。

IMG_8939【2017.3.13】プリムローズ・ヒルにて

 いろいろな人が、いろいろな人とやってきて、いろいろなことをしている。

IMG_8947【2017.3.13】プリムローズ・ヒルにて

 僕も、誰かとやってくればよかった。
 ここだったら、誰とやってきても、いい思い出が作れそうな気がする。

IMG_8959【2017.3.13】プリムローズ・ヒルにて

 プリムローズ・ヒルはそういう意味で、とても素敵なところだと思う。

IMG_8955【2017.3.13】プリムローズ・ヒルにて

 丘を降りていくことにする。

IMG_8963【2017.3.13】プリムローズ・ヒルにて

 リージェンツ・パーク(Regent's Park)へと向かう。

IMG_8971【2017.3.13】リージェンツ・パークへと向かう

 セント・マークス教会(St.Marks Church)がある。

IMG_8976【2017.3.13】セント・マークス教会

 リージェンツ・パークへと入っていく。

IMG_8984【2017.3.13】水仙

 公園の入口でイスラム教徒の夫婦に近くにモスクがないかときかれたが、観光客の僕には分からなかった。
 公園を歩いていると、あたりが暗くなっていくのが感じられた。

IMG_8987【2017.3.13】リージェンツ・パークにて

 都心に、これだけ素敵な公園があるロンドンがうらやましい。

IMG_8989【2017.3.13】リージェンツ・パークにて

 桜の花が咲いている。

IMG_8992【2017.3.13】リージェンツ・パークにて

 ロンドンは、東京ほどではないけれども、それでもどこにもかしこにも桜の木が植えてある。

IMG_8995【2017.3.13】リージェンツ・パークにて

 次、春にロンドンを訪れるのは、人生のいつになるのだろう。

IMG_8997【2017.3.13】リージェンツ・パークにて

 日が傾くと、少し、寒くも感じられた。

IMG_8998【2017.3.13】リージェンツ・パークにて

 道をまっすぐ進み、リージェンツ・パークをあとにしたのだった。


 ダブルデッカー(2階建てのバス)に乗る。

IMG_8880
【2017.3.13】車窓から

 行き先は都心方向であることだけは確認したけれども、どこを経由していくのかはよく分からない。

IMG_8885【2017.3.13】車窓から

 ロンドン滞在4日目で、この日は特に、これを見ようとか、あれを見ようとかそういったことを決めずに、ただ思うがままにロンドン市内を移動した。

IMG_8887【2017.3.13】車窓から

 たくさんのダブルデッカーが行きかう。

IMG_8888【2017.3.13】車窓から

 二階建てではなく一階建てのバスを見ると、そちらの方がむしろ珍しくて写真を撮ってしまう。

IMG_8889【2017.3.13】車窓から

 都心の近くの高級住宅街を行く。

IMG_8892【2017.3.13】車窓から

 速度はそれほど速くないから、遊覧にちょうどいい。

IMG_8894
【2017.3.13】車窓から

 幹線道路ばかりを通らず、住宅街の中の道を走ってくれるからいい。

IMG_8896【2017.3.13】車窓から

 ちなみにイギリスの道路は、日本と同じく左側通行だ。

IMG_8897【2017.3.13】車窓から

 ある停留所では、たくさんの学生が乗ってくるのに時間がかかって、3分、4分ほど停車したりもした。
 途中、桜の花がたくさん咲いているところを見つけたから、ブザーを押して降りてみた。

IMG_8902【2017.3.13】桜並木

 ロンドン市内で桜の木が一本生えていて咲いている、そういう景色は見たけれども、桜の並木道は見なかった。

IMG_8903【2017.3.13】桜

 地下鉄ジュビリー(Jubilee)線のスイス・コテージ(Swiss Cottage)駅前にある、スイス・コテージ・コミュニティセンター(Swiss Cottage Community Centre)には、桜並木と芝生があった。

IMG_8905【2017.3.13】桜並木

 ここなら、ロンドンでも日本のようなお花見ができそうな気がする。

IMG_8911【2017.3.13】桜並木

 桜の木の下の芝生で集まって、ランチくらいはできると思う。

IMG_8914【2017.3.13】桜並木

 日本ではまだ桜が咲いていない3月13日に、ロンドンで花見のできそうな公園を見つけるとは、季節を先取りしたかのような感覚だった。

IMG_8915【2017.3.13】桜

 春を満喫する。

IMG_8916【2017.3.13】桜並木

 この日は上着を着ていると、少し汗ばむくらいの気温で、桜の開花は一気に進みそうだった。

IMG_8918
【2017.3.13】桜

 他の品種の桜も咲いている。

IMG_8921【2017.3.13】桜並木

 周辺の建物と相まって、美しい景色を見せてくれる。

IMG_8923【2017.3.13】桜

 次の目的にへと向かうことにした。
 
IMG_8924
【2017.3.13】スイス・コテージ駅周辺にて

 地図を見ると、プリムローズ・ヒル(Primrose Hill)やリージェンツ・パーク(Regent's Park)が徒歩圏内にあることが分かったから、そちらに向かって歩いていくことにした。


 運河と運河が合流するところがある。

IMG_8836
【2017.3.13】リトル・ヴェニスにて

 にぎわっている船を見つける。

IMG_8837【2017.3.13】リトル・ヴェニスにて

 なんと船が、カフェとなっている。

IMG_8838【2017.3.13】船のカフェ

 船内や、船の周りで人々がくつろいでいる。
 東京も、下町の方には水路がたくさんあるけれども、こういうものは見かけたことがない。東京でこういうことをやったら、はやるかもしれない。

IMG_8841【2017.3.13】リトル・ヴェニスにて

 歩いているとおじさんから英語で、「やあ、こんにちは。機嫌はどうかい」と話しかけられる。ロンドンは大都会ではあるけれども、住宅街に入ればこうやって、見知らぬ人に挨拶をするような、そういうことも起こるらしい。

IMG_8843【2017.3.13】リトル・ヴェニスにて

 ただ、歩いていく。

IMG_8844【2017.3.13】リトル・ヴェニスにて

 屋形船の装飾などは、日本では考えられないようなものだから、とても興味深い。

IMG_8845【2017.3.13】リトル・ヴェニスにて

 運河の周辺は公園のようになっていて、とても雰囲気がよい。

IMG_8846【2017.3.13】リトル・ヴェニスにて

 まるで、公園の中に家があるような、そういう雰囲気があるところだ。

IMG_8847【2017.3.13】リトル・ヴェニスにて

 運河沿いには、たくさんの船が止められている。

IMG_8848【2017.3.13】リトル・ヴェニスにて

 休日には、運河を走らせてみたりするのだろうか。

IMG_8852【2017.3.13】リトル・ヴェニスにて

 平日の昼間だったからか、あまり歩いている人も見当たらなかった。

IMG_8854【2017.3.13】リトル・ヴェニスにて

 歩いていくと、運河の幅が広くなったりする。

IMG_8855【2017.3.13】リトル・ヴェニスにて

 ただ住宅街を歩いて、写真を撮ったりする。

IMG_8860【2017.3.13】リトル・ヴェニスにて

 3月中旬にロンドンにやってきて、よかったと思う。

IMG_8864
【2017.3.13】リトル・ヴェニスにて

 春の訪れを感じる。

IMG_8869【2017.3.13】リトル・ヴェニスにて

 東京よりも、訪れが早いように思う。

IMG_8874【2017.3.13】リトル・ヴェニスにて

 歩くのにも飽きてきた。

IMG_8878【2017.3.13】リトル・ヴェニスにて

 近くのバス停からダブルデッカー(2階建てのバス)に乗って、ロンドンの景色を眺めることを思いついた。


 ベーカールー(Bakerloo)線のワーウィック・アヴェニュー(Warwick Avenue)駅へとやってくる。

IMG_8782
【2017.3.13】ワーウィック・アヴェニュー駅にて

 ロンドン西部の、閑静な高級住宅街だ。

IMG_8788【2017.3.13】ワーウィック・アヴェニュー駅にて

 周辺には、リトル・ヴェニス(Little Venice)と呼ばれる小さな運河のある街並みがある。

IMG_8791【2017.3.13】ワーウィック・アヴェニュー駅周辺

 リトル・ヴェニスへと向かって、歩いていく。

IMG_8795【2017.3.13】桜

 邸宅の塀の向こうには、桜の花が咲き誇っている。

IMG_8799
【2017.3.13】桜

 いろいろな種類の桜が咲いている。

IMG_8800【2017.3.13】桜

 ロンドンの桜の多様性は東京に、負けずとも劣らない。

IMG_8802【2017.3.13】住宅街

 今まで、賑わうロンドンの景色ばかり見ていたから、こういう物静かで落ち着いたロンドンの景色も見られて、訪れてよかったと思う。

IMG_8806【2017.3.13】住宅街

 運河が見える。 

IMG_8826【2017.3.13】リトル・ヴェニス

 それは小さな運河だ。

IMG_8834【2017.3.13】リトル・ヴェニス

 運河沿いを散策する。

IMG_8828【2017.3.13】イギリスの屋形船

 運河には、さまざまな屋形船が泊められている。
 その一つ一つが、かわいらしくデザインされていて、見ていて飽きない。

IMG_8814【2017.3.13】リトル・ヴェニス

 運河の上にかかっている橋に、カフェが付設されている。

IMG_8812【2017.3.13】リトル・ヴェニス

 カフェから運河を眺めながら飲む紅茶やコーヒーもよさそうだ。

IMG_8813【2017.3.13】リトル・ヴェニス

 これらの屋形船は、誰の所有なのだろう。

IMG_8816【2017.3.13】リトル・ヴェニス

 暖かい、春の日だった。

IMG_8818【2017.3.13】リトル・ヴェニス

 周辺の邸宅に住む人たちが所有しているのだろうか。

IMG_8820【2017.3.13】リトル・ヴェニス

 運河に沿って、歩いていく。

IMG_8821【2017.3.13】リトル・ヴェニス

 ヴェニスとは英語で、イタリアのベネチアをいう言葉である。
 運河という要素を除いてはこれといってベネチアと共通する景色は見られないけれども、散策するにはよいところだと思う。

IMG_8822【2017.3.13】リトル・ヴェニス

 観光客のすがたもなく、とても静かだ。


↑このページのトップヘ