地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

 磁器口古鎮には四合院の、古い邸宅がある。

IMG_4323
【2017.9.17】寶善宮茶文化館

 今は「寶善宮茶文化館」として、お茶を楽しみながら、伝統建築をも楽しむことができる、そういう施設として市民に開かれていた。
 通りかかった時、ちょうどこれから中国・四川の伝統芸能である「川劇」の公演が始まるというので、見ていくことにした。

IMG_4325【2017.9.17】寶善宮茶文化館

 お茶代を払うだけで、中国の伝統芸能を楽しむことができる。

IMG_4329【2017.9.17】お茶

 お茶は、蓋を少しずらして香りを楽しむ、少しずつ口に含む。

IMG_4330【2017.9.17】お茶

 果物も注文する。

IMG_4343【2017.9.17】果物

 梨がある。
 ふだん、バンコクに住んでいると、こういった温帯の果物を食べる機会はなかなかないから、なんだか嬉しい。

IMG_4332【2017.9.17】寶善宮茶文化館

 しばらくすると、公演が始まる。
 「かの有名な變臉(変面)が見られる!」といって人を呼び込んではいたけれども、公演内容は變臉(変面)だけではないようだった。

IMG_4334【2017.9.17】寶善宮茶文化館にて

 触覚のようなものを優雅にあやつり、太鼓をたたく。

IMG_4336【2017.9.17】寶善宮茶文化館にて

 表情はなく、あくまでも人形に徹している。

IMG_4339【2017.9.17】寶善宮茶文化館にて

 そういう種類の、演劇なのだろうか。

IMG_4342【2017.9.17】寶善宮茶文化館にて

 次に、茶芸が始まる。

IMG_4347【2017.9.17】茶芸

 青年が、巧みに茶をいれる。

IMG_4352【2017.9.17】茶芸

 舞台の上で一通り、茶芸を披露してからは、客席に降りてきて、客の茶飲みにあのやり方でお茶を淹れてくれる。さすが、中国四千年の技といった感じがする(笑)

IMG_4357
【2017.9.17】寶善宮茶文化館にて

 それから、二胡や琵琶の公演があって、最後に、變臉(変面)の公演があった。
 やはり變臉(変面)がもっとも盛り上がった。

IMG_4358【2017.9.17】變臉(変面)

 中国人も、外国人観光客も興奮した。

IMG_4361【2017.9.17】變臉(変面)

 扇をかざして、下ろすと、顔が変わる。

IMG_4362【2017.9.17】變臉(変面)

 マントを顔の前に振りかざすとまた、顔が変わる。何色にも変わる。
 その一瞬の技は、一体、どのような原理で起こっているのかは、ただ舞台をながめているだけではよくわからない。
 「變臉(変面)」の公演は10分もしないうちに終わってしまい、あっけなかったが、満足度はとても高かった。それから、変面を披露した男性と観客との写真撮影の時間がもたれた。

IMG_4363【2017.9.17】寶善宮茶文化館

 磁器口古鎮はたくさんの人で賑わい、観光客や商売人の声で騒がしかったけれども、その喧噪は建物の中に入ると聞こえなかった。

IMG_4368【2017.9.17】寶善宮茶文化館

 公演が終わってからもしばらくお茶を楽しみ、寶善宮茶文化館をあとにした。
 この川劇のショーは、磁器口古鎮で最も、満足度が高かった。

■寶善宮茶文化館(宝善宫茶文化)
 住所 : 重庆市沙坪坝区磁器口正街128号宝善宫内


 重慶市中心部から少し離れたところにある、「磁器口古鎮」という古い街並みがあるところへと向かう。

IMG_4274

【2017.9.17】磁器口駅

 重慶軌道交通1号線「磁器口」駅が最寄駅であり、市中心部から容易にアクセスができる。
 市中心部の「較場口」駅からは、14駅、33分ほどの距離にある。

IMG_4277【2017.9.17】磁器口古鎮にて

 磁器口駅から5分ほど歩くと、古鎮に入る。

IMG_4279【2017.9.17】磁器口古鎮にて

 嘉陵江の近くにあって、明代、清代に陶磁器の一大生産地だったことから磁器口と呼ばれるようになったという。

IMG_4286【2017.9.17】磁器口古鎮にて

 その古い街並みは今はたくさんの観光客が訪れ、商業地となっている。

IMG_4291【2017.9.17】磁器口古鎮にて

 重慶らしく、大きな鍋にぐつぐつと唐辛子の色の何かが煮えている。
 どうやら、お菓子を作っているようだった。

IMG_4293
【2017.9.17】磁器口古鎮にて

 たくさんの人がいて、せわしない。

IMG_4295【2017.9.17】磁器口古鎮にて

 ここで昼食として、磁器口名物の毛血旺を食べる。

IMG_4300【2017.9.17】毛血旺

 毛血旺は重慶料理のひとつであって、20世紀初頭の磁器口周辺を起源とする。
 血旺(血豆腐)という、豚の血を固めてつくったものが、中にたくさん入る鍋料理だ。豚の血はたんぱく質が豊富で、滋養強壮によいという。

IMG_4302【2017.9.17】毛血旺

 しかしその色は、なんだかおどろおどろしい。
 唐辛子の色で赤いのだろうか、それとも、血の色で赤いのだろうか。

IMG_4303【2017.9.17】毛血旺

 友人は食べきってから、お腹が痛いとトイレに行った。彼は四川人だから辛いものに慣れているものと思っていたが、日本人である僕の方がよく食べられる。
 ところで、重慶名物と名のつくものは全てが辛い。辛いもの好きにはぜひ、訪れてほしいところだ。

----------

 磁器口古鎮を歩いて、回る。

IMG_4305【2017.9.17】磁器口古鎮にて

 天気は、曇っていた。

IMG_4308【2017.9.17】磁器口古鎮にて

 街並みの中には、階段も多い。

IMG_4313【2017.9.17】磁器口古鎮にて

 それなりに情感のあるところだとは思うけれども、いかんせん、人が多い。

IMG_4315【2017.9.17】磁器口古鎮にて

 重慶中心部の繁華街よりも人口密度が高いのだから、困ったものである(笑)

IMG_4317【2017.9.17】磁器口古鎮にて

 もしかしたら日曜日にやってきたから、人がやたらと多かったのかもしれない。

IMG_4321【2017.9.17】磁器口古鎮にて

 落ち着いた街並みを楽しみたいのだったら、平日に訪れた方がマシだろう。


 9月17日。
 前日は疲れ切っていたから、朝は遅めに起きる。それから、荷物をまとめてチェックアウトする。この日は、磁器口古鎮に行くことにする。磁器口には重慶軌道交通1号線で行くことができる。まずは、最寄りの駅へと歩いて向かう。

IMG_4252
【2017.9.17】重慶にて

 重慶は相変わらず暑い。この日も30度を超えそうだった。男たちは半裸で街を歩いている。9月も半ばだと言うが、まだ夏である。重慶の夏はどうやら、長いようだ。

IMG_4253【2017.9.17】重慶にて

 山を切り開いてアパート団地を築いたのだろうか、団地の建物のすぐ脇が崖となっている。
 さすが重慶は「山の都市」である。

IMG_4254【2017.9.17】重慶にて

 市内では再開発が進んでいる。

IMG_4255【2017.9.17】重慶にて

 山ごと取り払われて、建物に置き換わってしまいそうな、そういう勢いだ。

IMG_4258【2017.9.17】重慶にて

 それでも南岸区の、長江沿いから登ったところにはまだ再開発のされていない、山にこびりついたような街並みを時折、見ることができる。

IMG_4259【2017.9.17】重慶にて

 前の日ほど、天気はよくなかった。
 街は明るいのだけれども、それとなく霧がかっている。「山の都市」であり「霧の都市」である重慶らしい景色といえば、景色だろう。

IMG_4260【2017.9.17】重慶にて

 重慶軌道交通6号線「上新街」駅へと向かって、歩いていく。

IMG_4266【2017.9.17】重慶にて

 重慶の、下町の景色が広がっている。

IMG_4269【2017.9.17】重慶にて

 重慶は、木漏れ日のきれいなところだと思う。
 大体、20分ほど歩いて、重慶軌道交通6号線「上新街」駅へと到着する。ここから地下鉄に乗車し、磁器口古鎮へと向かう。


 昼にロープウェイ(長江索道)の乗車券を買った時、往復券を買ったのだった。往復は当日に限って有効で、最後のロープウェイが出発する、午後10時半までに乗車する必要がある。

 参考 : #1046.ロープウェイ(長江索道)で重慶を空中散歩!

img20171013_16384466


 火鍋を食べてからすぐタクシーに乗って、ロープウェイの駅まで直行する。
 そこからロープウェイに乗って西から東、すなわち、長江左岸から長江右岸へと向かう。

IMG_4235【2017.9.16】ロープウェイにて

 夜遅かったためか、それほどたくさんの観光客はいなかったため、時間を待たずして乗車することができた。

IMG_4237【2017.9.16】ロープウェイにて

 もちろん夜景を目当てにやってくる人たちもいて、観光客はある程度はいたのだが、ロープウェイ内では窓際を確保することができて、ずっと外の景色を眺めていることができた。

IMG_4239【2017.9.16】ロープウェイにて

 ロープウェイは秒速6mほどの速さで進むという。これは案外、速い。

IMG_4242【2017.9.16】ロープウェイにて

 長江の上から、重慶の夜景を眺めることができる。

IMG_4243【2017.9.16】ロープウェイにて

 長江の水面に、光が映りこむ。

IMG_4245【2017.9.16】ロープウェイにて

 ロープウェイは、光の一群から放たれる。
 約2㎞の距離を5分ほどで、対岸に到着する。

IMG_4248【2017.9.16】重慶にて

 それはあっという間の、夜の散歩だった。

IMG_4250
【2017.9.16】重慶にて

 昼のロープウェイも、夜のロープウェイもよい。
 宿泊先は長江右岸のロープウェイ駅から歩いて15分ほどの距離にある。歩いて帰り、1日の疲れを癒す。早朝にバンコクから飛行機に乗り、昼に重慶にやってきて、夜までずっと街中を歩いていたのだから、さすがに疲れていた。


↑このページのトップヘ