地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

 ホテルよしざとで、南大東島2日目の朝を迎える。

IMG_6520
【2017.2.12】ホテルよしざと

 ホテルよしざとは一部五階建ての建物で、おそらく南大東島で最も高い建物だ。
 4階にある食堂で、朝食をとる。

IMG_6774【2017.2.13】在所集落

 南大東島の建物の屋根は、沖縄によくある赤瓦ではなくて、トタン屋根が多い。その理由は、トタン屋根であれば天水(雨水)を集めやすいからだという。絶海の孤島にあって、淡水の確保が大きな課題であった南大東島では、屋根がトタン屋根であることが重要であるのだ。
 もちろん、この島がもともと、八丈島の開拓民によって開かれたところであるから、沖縄県にありながら、沖縄の文化の浸透が弱いということも一つの理由であろう。

IMG_6780【2017.2.13】朝食

 朝食をたっぷりと食べて、また、自転車を借りてでかける。

IMG_6783【2017.2.13】宿周辺にて

 さとうきび畑の中を走っていく。

IMG_6785【2017.2.13】さとうきび畑

 時々、さとうきび以外もあって、野菜なども作られている。

IMG_6786【2017.2.13】南大東島にて

 島民の話によると南大東島の砂糖は市価の4倍の価格で、政府によって買い上げられているという。
 南大東島で経済活動をおこなうことに対しインセンティブを付与し、人々に経済活動をさせているのである。どの陸地からも300km以上離れている大東諸島は、領海を守るためには重要な領土であるから、そこに日本人による経済活動があるということを対外的に見せることが必要だと政府は考えるのだが、南大東島という絶海の孤島に人を住まわせるには、それくらいのインセンティブを与えなくてはならないのだろう。
 製糖工場の「さとうきびは島を守り島は国土を守る」というスローガンの意味がよく分かる。(#0843.南大東島はさとうきびの島)
 それが、大東諸島の北大東村と南大東村の一人あたりの平均収入が沖縄県民の平均の2倍ほどにもなる理由であるが、一部の島民はその状況に危機感を抱いているようである。
 「政府の政策が少しでも変われば、我々の生活は成り立たなくなる」
 そのために野菜を生産して、島内の食糧自給率を上げる試みだとか、観光によって人に来てもらうことをもくろんで、観光客誘致のために東奔西走している人もいるという。しかしまだ年間3000泊ほどしか、観光客には来てもらえていないため、今の3倍以上に増やしていかないと、産業としては成り立たないというから、まだまだ前途多難だと思う。多くの島民たちの間は「砂糖だけあれば生きていける」という意識が根強い上に、ただでさえ製糖業で忙しく失業率が0%の島に、観光に力を入れる余力がないというのもまた真実だろう。
 それでも興味深いところだから、ぜひ、行ってほしいと思う。


 南大東島の、赤茶けた道を、自転車で走る。

IMG_6697
【2017.2.12】南大東島にて

 面積が約30平方kmで外周が、約20kmと少しほどの島だから、自転車で十分、回ることができる。

IMG_6703【2017.2.12】南大東島にて

 しかし住民の主な足は、自転車というよりはむしろ車だった。
 自転車に乗っているのは大体、観光客だった。

IMG_6706【2017.2.12】花

 島の人は島で、すれちがう人の顔を見れば、それが島民か島外民かはすぐに区別ができると言った。人口1300人ほどだから、僕が通っていた高校よりも少し、人数が多いほどにしかならない。
 ちなみに、「島外民」というのには二種類がいて、一つは観光で訪れた人であり、もう一つは出稼ぎ労働者として日本全国からやってきた労働者だ。さとうきびの収穫シーズンである一月中旬から、四月まで働いていく、季節性労働者だ。出稼ぎと言えば、農村部から都市部へ向かう人のことが考えられがちだが、このように農村部へと向かう動きもあるのである。
 そういう労働者のうち、南大東島の居心地がよいと、南大東島に根付いてしまう人も時々、いるのだという。

IMG_6710【2017.2.12】南大東島にて

 空は晴れていたが、雨が降り始めた。

IMG_6713【2017.2.12】南大東島にて

 「大池」へとやってくる。

IMG_6718【2017.2.12】大池

 南西諸島の自然湖としては、最大の大きさを誇る。
 また、外洋から隔絶された池や湖にマングローブ林が存在するという学術的に貴重な生態系をもつともいう。

IMG_6721【2017.2.12】さとうきび畑

 大池の周辺は、さとうきび畑に囲まれている。

IMG_6726【2017.2.12】虹

 しばらくすると、虹がかかった。

IMG_6715【2017.2.12】展望台

 大池を見渡せる、展望台を降りる。

IMG_6727【2017.2.12】虹

 虹はすぐに、薄くなっていた。

IMG_6732【2017.2.12】虹

 本当に、束の間だった。

IMG_6737【2017.2.12】南大東島にて

 雨も止んで、すっかりもとの夕方に戻った。

IMG_6742【2017.2.12】南大東島にて

 向こうに、村営住宅が見える。
 旧・南大東空港の滑走路のあたりに建てられている。

IMG_6744【2017.2.12】南大東島にて

 少しずつ日が暮れていった。

IMG_6746【2017.2.12】製糖工場

 さとうきびの収穫シーズンに製糖工場は24時間稼働しているから、夕方になっても、もくもくと煙を出していた。 
 それから、さきほど、夕食へと招待するとおっしゃった島の人の家にお邪魔し、南大東の料理をいただき、島についてさまざまな興味深い話をうかがうなど、よい時間を過ごすことができた。


 島の中央には、旧・南大東空港の建物がある。

IMG_6650【2017.2.12】旧・南大東空港

 現在は、島の東部に1500mの長さの滑走路を持つ空港があるが、1997年に新しい空港が開港する前までには、島の中央部に空港があった。旧空港は1934年に日本軍によって開港されたが、滑走路の有効長が800mしかないことから、航空機の離着陸には不十分であったため、廃止された。
 現在、旧空港の建物はグレイスラムという会社の本社および工場として利用されている。南大東島で生産されたさとうきびを用いて、ラム酒を生産している。
 次に、南大東島まるごと館へと向かう。

IMG_6681【2017.2.12】南大東島まるごと館

 島の歴史や自然、文化などについて知ることができる。

南大東島まるごと館

 入場料は200円だ。
 島の概要について知ることをできるから、よい施設だと思う。例えば、南大東島は海の底から立ち上がった2000m山のてっぺんであるだとか、島はフィリピン海プレートに乗って移動していて、いつかは海へと沈んでいく運命にあるだとか、そういう説明をみていると、絶海の孤島であるこの島の存在自体がなんだか奇跡のように感じられる。
 訪問客はみな、記名をするようになっている。展示館は午前9時から午後4時まで開いているというが、午後2時に訪問した自分が、その日初めての訪問客のようだった。名簿をみると、その前の日の訪問客は、二組だけだった。
 まるごと館の職員と、その友人がいた。職員はいう。

 「私、いつもきくの。南大東島に、何で来たのってね。高い飛行機代まで払って、何もない島にくるなんて」

 その質問は、答えにくい質問だった。NHKで台風の進路の説明をする時に「南大東島」という地名がよくでていたから島の存在をもともと知っていて、地図を見ると、周囲300km以内に人の住んでいる陸地がないという立地にあって、それが興味深かったから。そうとしか、言えなかった。

 「でも、いいところでしょう。他の沖縄の島とは違って、白い砂浜はないけれども。今は、さとうきびの収穫の季節だから、とても忙しいけれども、ふだんはとてものんびりとしているところなの。そう、今はとても忙しくて、猫の手も借りたいくらい。あなたも、島で働いてもいいのよ(笑)」

 それから、小一時間、島の人たちと話をした。興味深い話をたくさん聞いた。さとうきびの収穫のシーズンは毎月の稼ぎがとてもよいんだという。それからオフシーズンの5月から10月には、そのお金をパーッと使うんだという。南大東島にはこれといってお金を使うところがないから、那覇に行って、パチンコでもしてパーッと使ってくるのだけれども、そういうことをするのは大体、男で、南大東島の女性はなんでそういうムダなことをするのかと年毎に、思っているそう。半年、働き、半年がオフシーズンか。
 
 「今年は、前の年の、さとうきびが生育する時期にちょうどよいタイミングで雨が降って、ちょうどよい量の日差しが注いで、豊作でね。毎日が忙しいけれども、村中、わくわくしてるの」

 沖縄県の市町村のうち、1人当たりの収入が最も多いのが、北大東村であり、次に多いのが南大東村である。そのことについては、「北大東の方が、ムダな建物建てたりしないで、堅実なところがあるからね」と語る。海を挟んで、8kmしか離れていない、二つの島。しかし、二つの島の間にはあまり交流がなく、1年に1回、両島の住民が参加しておこなう大運動会で会うことを除けば、お互いが顔を合わせることはないんだという。大運動会は海上を、南大東島、北大東島と交互にうつして行われるから、相手の島に行くことは2年に1度しかない。
 東京から来たというと、ある島人は、東京行きたい、おばあちゃんになってもディズニーランドで遊びたいのと言う。

 「東京はピカピカ!南大東島は、土で汚れてるじゃん。いいなあ、東京。メリーゴーランド乗りたい。あれは夢がある」

 それと面白かったのが、島の住民が、ハワイ旅行のツアーに参加して、ハワイに行った時の話である。

 「ハワイ旅行に行って、綺麗な海だとか、魚だとか、星空を見せられるの。東京とか、都会から来ていた人はいちいち声を出して喜んでいたけれども、私は普段、南大東島で見ているし、南大東島から見えるものの方がきれいだから、さほど、感動しなかったわ。『ハワイ』っていえば、何もかもが綺麗ってイメージがあったけれども、南大東島の方がいいわ。まあ、ホノルルの砂浜沿いに高いビルが並んでいたのは感動したけれども」

 夕食はどこで食べるのがいいのかということを相談したら、ある島の人が、「ちょうどサワラのヅケが手に入ったから、大東寿司が作れるわ。それなら家で食べていきなさいよ」と招待してくれることになり、またあとで、話すことになった。

IMG_6684【2017.2.12】南大東島にて

 それからまた、自転車に乗る。

IMG_6691【2017.2.12】南大東島にて

 少しずつ、夕方が近づいていた。

IMG_6692【2017.2.12】南大東島にて

 さとうきび畑には、さとうきびの穂が揺れる。
 先ほどある島の人が、「東京に住んでいた時、秋にすすきの穂を見ると、故郷を思い出したりもしたわ。だって、あれ、さとうきびの穂に似てるじゃないの―いや、そんなこといったらご先祖様に怒られちゃうか。すすきは何にも役に立たないけれども、さとうきびはお金になるから、よっぽど役に立つ。すすきと似てるだなんて、さとうきびに失礼だって」。そんなことを言っていたことを思い出す。

IMG_6694【2017.2.12】南大東島にて

 そして、さとうきびの穂の向こうに、飛行機が飛んでいた。
 1日2便の飛行機の離着陸で、島の人は時刻を知ることができるのだ。


 さとうきびの島を、自転車で走る。

IMG_6615

【2017.2.12】さとうきびの収穫

 目の前では、さとうきびの収穫がおこなわれている。
 さとうきびの収穫の作業は朝から、夕方までひたすら行われる。

IMG_6620【2017.2.12】さとうきびの収穫

 さとうきびを収穫する機械の音、それから、トラックの音を聞いているとやはり、なんだか工場の中にいるような、そんな気がする。さとうきびの収穫の時期を外してやってくれば、きっともっと、「のんびり」とした島であったのだろう。

IMG_6623【2017.2.12】線路跡

 道を走っていると、線路のようなものが見える。
 これはもともと線路幅が762mmの軽便鉄道で、さとうきびの運搬用に敷設された軌道だという。

IMG_6625【2017.2.12】線路跡

 収穫したさとうきびの輸送が全面的にトラック輸送に転換される前の、1983年までは利用されていて、島内に27kmの線路が敷設されていた。

IMG_6628【2017.2.12】線路跡

 2013年には島への観光客を増加させるために、この「シュガートレイン」の復活が検討されたものの、採算面での困難が予想され、計画が断念されたということは惜しい。
しかし、 たしかに線路上には電信柱などが建てられていて、一から整備しなおすにも、それを維持するにもたくさんのお金がかかるように感じられた。
 今は列車が来ることはない踏切を越えて、島をひたすら自転車で走る。

IMG_6633【2017.2.12】野菜畑

 ほとんどがさとうきび畑のこの島ではあるが、野菜畑や採石場も見える。

IMG_6634【2017.2.12】採石場

 南大東島は巨大な珊瑚礁が隆起してできた島だ。
 珊瑚礁を由来とした石灰岩でできていて、島で採れる岩石は白い。

IMG_6639【2017.2.12】水面

 そして、石灰岩が雨水によって融け、窪地状になったカルスト地形には水が溜まり、池や湖を為している。そのため南大東島には池や湖が多数、存在する。そうしてできた湖の一つにかかる橋を越えていく。


↑このページのトップヘ