地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

 ホテルよしざとの人が「昼食は、ホテルの目の前にある『富士食堂』で食べていくお客さんが多いですから是非どうぞ」とおっしゃるので、そこで、食べていくことにした。

IMG_6517
【2017.2.12】大東そば

 看板には「大東そば」とだけ書いてあるが、ここが「富士食堂」であることは間違いないようだ。

IMG_6642【2017.2.12】富士食堂にて

 地元のお客さんも、多いように思われた。
 大東寿司と大東そばのセット(1000円)を注文した。一度に二つの南大東島の名物を、味わうことができる。

IMG_6645【2017.2.12】大東寿司

 まず、大東寿司が出てくる。
 大東寿司は鰆(さわら)を醤油主体のタレでヅケにして、握った寿司である。この大東寿司はもともと、伊豆諸島の八丈島を起源とする料理であって、沖縄のものではない。
 なぜ、八丈島を起源とする料理が南大東島の名物として扱われているのだろう。それを知るには、南大東島の歴史に触れる必要がある。
 そもそも南大東島は、19世紀までは人が住むことのない無人島であった。それまで琉球王国がこの島を認知し、大東島(うふあがりじま)と呼ぶことはあったとしても、そこに人が住むことは無かった。
 琉球王国が廃止されてから6年後の1885年に、南大東島は明治政府によって日本の領土に編入される。南大東島が沖縄県として日本の領土に編入されてからは、国土を保全することを目的として、島へと開拓民を送ることがが検討された。明治政府は日本各地から開拓民を募り南大東島へと送り込んだが、その不毛な土地に人々が定着することはなかった。それから明治政府は、離島の開拓は、島に住んでいる人こそが成功のノウハウを持っているのではないかと考え、八丈島から開拓民を募り派遣したところ、ようやく開拓に成功した。その時、南大東島に渡ったのが玉置半右衛門を中心とした開拓民であり、それが1900年のできごとである。
 彼らは、サトウキビ畑として島を開墾し、製糖業によって財をなすことに成功したのだった。その「玉置半右衛門」の肖像画が、富士食堂には飾られていた。
 つまり南大東島は沖縄県にありながら、他の沖縄の地域とは全く異なる歴史を歩んできているのである。沖縄県にあるものの、琉球王国によって支配されたことはないし、八丈島の人々、つまり沖縄でいう「ヤマトンチュ」によって開墾された島なのである。
 しかし、今となってはたくさんの、沖縄系の人々がこの島で生活をしている。それはかつて、島における製糖業を成功させるために安価な労働力が必要だったため、八丈島からの開拓民がその労働力を、南大東島の周辺地域、つまり沖縄本島方面から連れてきたからである。そのことは、支配者(八丈系住民)と奴隷(沖縄系住民)という構造をこの島にもたらし、双方のわだかまりは長い間、解消しなかったそうだ。

IMG_6646【2017.2.12】大東そば

 それから大東そばを食べる。
 もともと、ラフテー(三枚肉)がのるのだが、(那覇からの)船の入港が遅れていて、在庫を切らしているから、他の肉に変えたと言った。海上時化のため、那覇からの出港が3日続いて取りやめになっていたところだった。

IMG_6647【2017.2.12】昼食

 風味のよいかつおだしは、沖縄そばと似ているが、麺が明らかに異なる。うどんのように、コシがある。それが、大東そばの特徴なのだそうだが、残念ながら大東そばはもう南大東島では生産されていないという。全てが沖縄本島の工場で生産されていて、それを南大東島へと持ってきているだけなのだと、食堂の人は説明した。

IMG_6648
 【2017.2.12】富士食堂にて

 昼食を食べていると、通り雨が降った。食堂の人は「かたぶいかしら。今日は、天気がずいぶんと変だわ」と言った。「かたぶい」とは沖縄で、通り雨のことを言う言葉だそうだ。
 それにしても、南大東島の歴史は特異である。支配者としての八丈系住民と、奴隷としての沖縄系住民というあたかも植民地としての歴史を、日本国内に有する地域があるということは、とても衝撃的だと思う。

■富士食堂
 住所 : 沖縄県島尻郡南大東村在所134
 営業時間 : 午前6時~午前8時半, 午前11時45分~午後2時, 午後6時~午後8時


 赤土で汚れた道を行く。

IMG_6569
【2017.2.12】南大東島にて

 時々、さとうきびを運搬するトラックとすれ違う。

IMG_6571【2017.2.12】南大東島にて

 沖縄の絶海の孤島といえば、のんびりとしているイメージがあるけれども、実際にやってくると案外、慌ただしいところだ。

IMG_6573【2017.2.12】南大東島にて

 日の丸山展望台へとやってくる。

IMG_6578【2017.2.12】日の丸山展望台にて

 海抜63mの地点にある展望台だ。

IMG_6576

 南大東島は、島の周囲が高く、中央部分が窪地のように落ちこんだ、そういう地形をしている。海岸周辺は断崖絶壁が多く、砂浜は存在しない。日の丸山のあたりは海抜が最も高く標高が60mを超えるが、海岸線からの距離は750mほどにしかならない。一方、島の海岸線から一番遠い地理的中心部の標高は5mにも満たない。
 日の丸山展望台から、島内を一望する。

IMG_6588【2017.2.12】日の丸山展望台にて

 一面のさとうきび畑と、その中心に製糖工場がある。
 さとうきびの生育の段階や、収穫の段階によってモザイクを為している。

IMG_6594【2017.2.12】日の丸山展望台にて

 展望台の上ると、さとうきびを収穫する機械の音、島中を走り回るトラックの音、そして製糖工場が可動する音もが聞こえてくる。
 島そのものがなんだか、工場のようなところだ。

IMG_6591【2017.2.12】日の丸山展望台にて

 畑として開墾されていない森の筋は、南大東島の標高の高い峰(外輪山)にあたる部分で、輪になっている。
 次に、島の中心とは反対の方向へと、視線を移す。

IMG_6598【2017.2.12】日の丸山展望台にて

 海が見える。
 南大東島から約8kmほどの距離にある北大東島を除いては、半径300km以内には有人島がない。大東諸島を孤立させている、青い青い海が見える。

IMG_6596【2017.2.12】日の丸山展望台にて

 自分が今、そういう地域にいるのだと思うと、なんだか不思議な気持ちがこみ上げてきた。

IMG_6602【2017.2.12】日の丸山展望台にて

 日本にいながら、日本中の誰からも遠いところにいる。
 この山(丘)を、日の丸山と命名した理由がなんだか、分かるような気がした。


 南大東島でこれから2泊する、「ホテルよしざと」に到着する。

IMG_6511
【2017.2.12】ホテルよしざとにて

 5階建ての建物とは別に、1階建ての離れがあって、風呂もトイレも共同だが、朝食付きの和室が1泊5000円ほどと、安く泊まることができる。
 部屋に荷物を置いてから、ホテルよしざとで自転車を借り、南大東島へと漕ぎ出した。

IMG_6518【2017.2.12】在所にて

 南大東島は、那覇の東方360kmの地点にある絶海の孤島で、面積が30平方キロメートルほどで、外周が約21kmほどの小さな島だ。
 人口は約1300人ほどで、ホテルよしざとなどがある在所(ざいしょ)地区は島で商店などが集中する地区である。

IMG_6519【2017.2.12】在所にて

 人口1300人ほどの島だから、これが中心繁華街と言われれば、きっとそうなのだろうと思える規模だったけれども、むしろ気になったのは、舗装された道路がどこもかしこも赤土で薄汚れていることだった。

IMG_6524【2017.2.12】南大東島にて

 宿の周辺を、自転車で回る。

IMG_6526【2017.2.12】倉庫

 何か、趣深い倉庫がある。
 奥へと進む。

IMG_6529【2017.2.12】大東製糖にて

 そうすると、大東製糖の製糖工場があった。

IMG_6534【2017.2.12】大東製糖にて

 収穫されたさとうきびが集められている。

IMG_6535【2017.2.12】大東製糖にて

 製糖工場の建物に目をやる。

IMG_6532

 煙突に「さとうきびは島を守り島は国土を守る」というスローガンがある。
 飛行機の機内から見えたように、島全体がさとうきび畑として開墾されているこの島の主産業は製糖業であり、これは島民生活の生命線である。そして、南大東島という絶海の孤島に国民が居住し、経済活動をおこなっているという事実は、日本の国土を保全するのに重要な役割を果たしている。そういうことを、言いたいのだろう。国土というものはそこで国民が生活しているという実績があることが重要であり、そういう実績がない無人島は、領土紛争の対象になりやすいということは、日本と韓国、日本と中国の関係をみて分かるだろう。

IMG_6539【2017.2.12】出入りするトラック

  製糖工場にはひっきりなしに、トラックが出入りしていた。
 島内で収穫されたさとうきびが逐一、ここへと運ばれてきている。

IMG_6543【2017.2.12】出入りするトラック

 そこが人口1300人の村であるとは思えないほど、たくさんのトラックがひっきりなしに出入りをしていた。

IMG_6564【2017.2.12】さとうきび畑

 それから、さとうきび畑の中をひたすら進んでいく。

IMG_6554【2017.2.12】さとうきび畑

 今まさに生育中のさとうきび畑、収穫を前にしたさとうきび畑、それから、収穫を終えたさとうきび畑など、さとうきび畑のさまざまな表情をうかがうことができる。

IMG_6558【2017.2.12】さとうきび畑

 しかし、さとうきび畑以外のものはほとんど見当たらない。

IMG_6551【2017.2.12】野菜畑

 かぼちゃ畑だろうか。
 しかしやはり、さとうきび以外の作物は、ほとんど作付けされていないようすだった。南大東村の村の面積に占める耕作面積は非常に高いが、食糧自給率はとても低そうだった。

IMG_6562【2017.2.12】自動販売機

 自動販売機がある。
 さとうきびを運搬するトラックから降りた運転手が飲み物を買って、またトラックにのって去っていった。
 ところで、島内の道路がどこも赤土で薄汚れている理由を考えてみると、畑の中でさとうきびを積んでタイヤが土で汚れたトラックが島中を走り回るということや、周囲にさえぎるものがない絶海の孤島に吹く風が、畑の土を舞いあげているからであることが想像できた。


 那覇空港から、南大東島へと向かう。

IMG_6459
【2017.2.12】那覇空港にて

 たくさんの大型旅客機が離着陸する那覇空港ではあるが、南大東島へと向かうのは、デ・ハビランド・カナダ DHC-8のシリーズ300の定員50人ほどのプロペラ機だ。

IMG_6463

 那覇・南大東間は、行きスカイチケットという予約サイト経由で16640円で購入し、帰りは、JALのマイレージを5000マイル利用して搭乗した。
 琉球エアコミューターが1日2便往復するだけで価格競争のないこの区間は、いくら安く購入しようとしても、島外民であれば16640円はかかる。JALのマイレージであれば5000マイルで購入できてしまうから、1マイルが3.3円ほどの価値を持つという、マイレージの利用が非常に価値の高い区間であるのだ。マイレージは、価格競争が存在せず運賃が高止まりしている低需要路線を利用するのに、非常に有効だ。

20170212那覇南大東

 プロペラ機に登場するのは久しぶりだった。

IMG_6470【2017.2.12】那覇空港にて

 沖縄本島を離れ、東へと進んでいく。

IMG_6471【2017.2.12】南大東島

 350kmほどの距離を飛行するが、沖縄本島の大東諸島(南大東島および北大東島)との間には、陸地、島は一切ない。

IMG_6472【2017.2.12】那覇上空にて

 絶海の孤島へと離陸する。

IMG_6474【2017.2.12】那覇上空にて

 日本の有人地域のうち、大東諸島を除いて、周囲360km以内に人が住んでいる島や陸地が存在しないという孤立した地域があっただろうか。思いつくのは他に、東京都の小笠原諸島くらいだ。

IMG_6479【2017.2.12】沖縄本島周辺にて

 ついに、海しか見えなくなった。

IMG_6483【2017.2.12】太平洋

 プロペラのぶんぶんという音が、旅情をかきたてる。

IMG_6487【2017.2.12】機内にて

 機内は、観光客のグループは数えるのみで、大部分が南大東島で働いていると考えられる工事関係者といった風貌の人と、南大東島の住民と思われる人ばかりだった。たくさんの喪服の人が搭乗していて、機内は静かだった。

IMG_6489【2017.2.12】南大東島付近にて

 1時間ほどの飛行を終え、南大東島への着陸準備を始める。

IMG_6492【2017.2.12】南大東島

 海しか続いていなかったところにいきなり、陸地が見えてくるのだから、なかなか感動的である。やはり人間は、陸の生き物なんだと思う。陸地が見えると、本能的に安心するのだろう。

IMG_6494【2017.2.12】南大東島

 飛行機は、さとうきび畑の中の小さな空港へと着陸した。

IMG_6495【2017.2.12】南大東空港にて

 まず、工事関係者や喪服ではなかった南大東島の住民とおぼしき人、それから数組の観光客が飛行機の外へと降り立った。観光客は駐機場で、飛行機を撮影したり、飛行機をバックに記念撮影をしていた。

IMG_6499【2017.2.12】南大東空港にて

 風が強く吹いていたのが、那覇との一番大きな違いだった。

IMG_6501【2017.2.12】南大東空港にて

 それから、喪服の人たちが行列を為し、降機した。
 先頭には喪主と思われる女性がいて、伏し目がちに歩いていた。喪主と思われる女性は50代後半から60代前半とまだ若かったし、遺影の中の男性もやはりそれくらいの年のように思われた。島外で亡くなった人が、故郷へと戻ってきたのだろう。世の中、死別というものはみな等しく悲しいものだとは思うけれども、それでも、平均寿命が80を超える今の時代、60前後で亡くなってしまうというのはやはりやりきれないものだと思う。空港に入ると、亡くなった彼の同級生たちだろうか。葬列に声をかけ、彼の死を悼んでいた。
 そういうようすを見ていると、預けた手荷物が出された。南大東空港で手荷物はベルトコンベヤーで出てくるのではなく、人の手で運ばれて床に置かれる。
 荷物をうけとり、予約していた宿の運転手と落ち合い、数組の観光客とともに、宿へと車で向かった。


↑このページのトップヘ