ついに旅行は終わる。
 夜明け頃、ルアンパバーンを、空港に向けて出発する。

IMG_8468
【2017.12.19】ルアンパバーンにて

 気温は8度まで下がっている。寒くて、たまらない。

IMG_8476【2017.12.19】ルアンパバーンにて

 これから向かうバンコクもまた、気温が低く、16℃などと出ている。ちょうど東アジアの低緯度地域からインドシナ半島にかけて、強烈な寒波がやってきているところであった。
 ちなみに、ルアンパバーンではこの次の日、さらにその次の日は朝の気温が5度まで下がったそうだ。ルアンパバーンには暖房設備というものはないから、相当、寒かったはずだ。

IMG_8480【2017.12.19】ルアンパバーン空港にて

 ルアンパバーン空港は規模の小さい空港であり、国際線でさえも離陸の30分前までにつけば問題なく搭乗できる。国内線ターミナルと国際線ターミナルの区別はなく、待合室では、国内線の乗客と、国際線の乗客が混じる。
 飛行機は午前7時20分に離陸する予定だったが乗客が少なく、すぐに離陸準備が整ってしまったために、定刻より少し早めに離陸した。

IMG_8487【2017.12.19】機内にて

 午前7時20分をルアンパバーンを離陸するというのは、ルアンパバーンの住民がバンコクに行くならともかく、旅行客には使い勝手が悪い。乗客は、西洋人の旅行客と僕の合わせて、20人に満たないほどだった。
 バンコクへと帰る便には、友人が客室乗務員として搭乗していた。乗客が少ないため、仕事はさっさとすんでしまい、ただ、僕と雑談をするだけだった。ルアンパバーンからバンコクに行く便は、もっと時間帯のよいエアアジアなどに乗客を奪われているという。ただ、この便の折り返しの便は、バンコクを9時55分に出発する便となるため、旅行客にとって利用しやすい便となり、乗客は多くなるという。したがって、彼も忙しくなるそうだ。
 プロペラ機であるため速度はおそく、ルアンパバーンからバンコクまで2時間ほどを要する。

IMG_8489【2017.12.19】機内にて

 機内食のボックスにはラオス航空の就航地が書いてあったが、点線で結ばれていて、福岡や関西、それから成田へと就航する予定になっている。
 機内で到着地バンコクの気温が摂氏19℃であるという放送が流れる。客室乗務員はその低さに、驚いているようだった。

IMG_8492【2017.12.19】機内にて

 さて、バンコクが見えてきた。

IMG_8495【2017.12.19】機内にて

 さすが、大都会である。

IMG_8497【2017.12.19】機内にて

 客室乗務員の友人に別れを告げて、飛行機を降りる。バンコクらしくない涼しさに驚く。

IMG_8498【2017.12.19】スワンナプーム空港にて

 気温は本当に、19度だった。
 この日は昼になっても、天気がよく晴れているにもかかわらず、21度くらいにしかならず、記録的な涼しさだった。そのため一日中、バンコクに戻って来たという実感がなく、まだなおラオスにいるようだった。