地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

2016年11月

 西貢碼頭(Sai Kung Pier)から、船に乗る。

IMG_4964
【2016.10.2】西貢碼頭にて

 湾内にある、橋咀洲という島に行く。
 約2kmほど離れた無人島で、船で20分ほどかかる。

IMG_4966【2016.10.2】船から

 乗車券は片道20HKD(約290円)だが、どうせ往復しなくてはならないから、40HKD(約580円)の往復券を購入することになる。乗船前に、船の乗務員から購入できる。

IMG_4970【2016.10.2】船から

 自前のカヌーやカヤックを持っていたら、そういう方法で湾内の島に接近することも可能なのかもしれない。

IMG_4975【2016.10.2】船から

 このあたりは、ユネスコが認定した世界ジオパーク でもあり、「香港地質公園」に指定されている。
 いよいよ、橋咀洲に到着する。

IMG_4980【2016.10.2】橋咀洲にて

 海水浴場が見える。

IMG_4983【2016.10.2】廈門湾(半月湾)にて

 廈門湾、あるいは、半月湾と呼ばれる海水浴場で、たくさんの人で賑わっているが、無人島である。

IMG_4984【2016.10.2】廈門湾(半月湾)にて

 「廈門」の広東語での発音は、「Hap Mun」である。この発音が英語の「Half Moon」を連想させたため、この湾の英語名は「Half Moon Bay」となっている。これがまた漢字に訳されたのが「半月湾」なのである。
 砂浜の裏手にある、磯へと向かう。

IMG_4989【2016.10.2】磯にて

 さきほど買った、菠蘿包を食べながら、友人と話す。
 友人は、香港の隠れた穴場としてこの場所に連れてきてくれたそうなのだが、大陸からやってきた観光客がたくさんいるのを見るに、もはや穴場ではないのかもしれない。そして、菠蘿包はおいしかったけれども、この蒸し蒸しとした暑い晴天の日にはあまり合わない。

IMG_4996【2016.10.2】磯にて

 なんだか、香港人の休日にお邪魔させてもらっているような、そんな感じがする。

IMG_5038【2016.10.2】廈門湾(半月湾)にて

 せっかくだから、靴を脱いで、海に入ることにした。

IMG_5015【2016.10.2】廈門湾(半月湾)にて

 長ズボンしか持ってきていなかったのだけれども、パジャマ用のズボンが半ズボンだったことを思い出し、これを外で履いてしまえばいいと思ったのだった。

IMG_5017【2016.10.2】廈門湾(半月湾)にて

 香港にありながら水は比較的澄んでいるし、砂浜の砂は細かいから足を怪我することもない。
 (香港の海水浴場の中では、一番、水が澄んでいるという。)

IMG_5018【2016.10.2】廈門湾(半月湾)にて

 足を浸しただけだったが、気持ちがよかった。

IMG_5041【2016.10.2】廈門湾(半月湾)にて

 香港では、珊瑚などを拾うこともできる。大都会や、摩天楼のイメージが強い香港だが、こういうところもある。
 橋咀洲に満足して、また港へと戻る。

IMG_5045【2016.10.2】船から

 2時間ほどの滞在だったが、なかなか印象的なところだった。
 バーベキューやキャンプもできるようで、海水浴以外にも楽しみ方がありそうだった。

IMG_5055【2016.10.2】船から

 日が傾き始めた。

■廈門湾(半月湾, Half Moon Bay)
 西貢碼頭(Sai Kung Pier)から船で20分
 運賃は現金支払いで、片道20HKD(約290円)あるいは往復40HKD(約580円)


 友人と落ち合い、将軍澳線の坑口(Hang Hau)駅で下車し、M101バスに乗る。

IMG_4949
【2016.10.2】バス

 西貢(Sai Kung)へと向かう。海に囲まれた、自然豊かなところで、香港人が休日を過ごすところだという。

IMG_4950【2016.10.2】西貢にて

 広場にアートがある。「抗日戦争」や反ファシズムについて書かれた新聞記事やら、「独立香港」の4文字が見える新聞記事によって折った舟をモチーフにした作品が水の上に置かれている。
 昼食を食べるために、「陳權記餐廳小廚」に入る。店内は客でごった返していて、当然のように相席となる。

IMG_4951【2016.10.2】レモンティー

 レモンティーを飲む。香港のレモンティーというと、レモンが底に沈んでいることが多いと思う。底に沈ませたレモンを、スプーンやストローでつつきながら、レモンティーにするのだ。そういうことをしていると、香港にやってきたという気がする。

IMG_4952【2016.10.2】卵とトースト

 卵とトースト。

IMG_4954【2016.10.2】香港式チキンカレー

 それから、香港式のチキンカレーを食べる。香港式のカレーは初めて食べる。香港式のカレーは東南アジア風だ。東南アジア方面の華僑が、香港に持ち込んだのだろうか。ピリッと辛くて、暑い日によく合う。
 友人は西貢には久しぶりにやってきたというが、子どもの頃は近くに住んでいて、友人たちとよく通ったというお店だという。
 それから、食堂のすぐ近くにあるベイカリーへと向かう。

IMG_4956

 漢字名は「西貢咖啡餅店」である。つまり「餅店」がベイカリーにあたる言葉なのだが、中国語圏では小麦粉やお米をこねたりして作ったものはすべて「餅」と称され、パンや、ケーキ、それからクッキーやビスケットまですべて「餅」となる。日本における「餅」は意味が非常に狭まっている。

IMG_4958【2016.10.2】列

 たくさんの人が並んでいる、人気店なのだ。

IMG_4959【2016.10.2】菠蘿包(ポーローパーウ)

 できたての、菠蘿包を皆が次々と買い求めていく。
 形容するなら、さくさくとした、高さのあるメロンパンといったところだろうか。「菠蘿」とはパイナップルという意味で、パンの網目模様を日本人はメロンだと思い、香港人はパイナップルだと思ったのである。ちなみに菠蘿包にはパイナップルの果汁は入っていない。
 2つの菠蘿包を買ってから、海岸へと向かった。

■陳權記餐廳小廚
 住所 :  西貢海旁廣場金寶閣11號地舖
 営業時間 : 午前7時~午後11時半

■西貢咖啡餅店(Sai Kung Cafe & Bakery)
 住所 :西貢海傍廣場2號金寶閣6-7號舖地下


 それにしても、蒸し暑い。友人に会う前に、散髪でもしようと思った。

IMG_4937
【2016.10.2】旺角(Mong Kok)にて

 時刻は午前11時半だった。

IMG_4938【2016.10.2】旺角(Mong Kok)にて

 香港の多層的な生活の風景は、いつも見ていて飽きない。たくさんの看板が空中に出ているから、すぐに床屋か美容院を見つけられると思ったが、なかなか見つからない。
 あったとしても、営業をしていない。

IMG_4940【2016.10.2】旺角にて

 もう11時半だし、営業していてもよい時間だと思うのだが、営業していないのは日曜日だからだろうか。

IMG_4941【2016.10.2】旺角にて

 みっともないから、散髪する前にあまり汗をかきたくないのだが、歩き回っているとびしょびしょに濡れてしまった。

IMG_4943【2016.10.2】旺角にて

 一体、どこに営業中の床屋や美容院があるのだろう。

IMG_4944【2016.10.2】旺角にて

 美容院や床屋以外でも、シャッターを下ろしている店舗が多かった。
 ようやくひとつ、発見した。

IMG_4947【2016.10.2】Hair Salon Amami 夢妮卡

 「Hair Salon Amami 夢妮卡(モニカ)」とある。アマミが店名なのだろうか、モニカが店名なのだろうか。
 英語で散髪をしてくれないかときくと了解のサインが出てくる。鍵付きの持ち物と貴重品をロッカーの中にいれるように言われ、中に入れる。それから、案内された席に着く。美容師を紹介され、まず、シャンプーへと行く。シャンプーが気持ちよい。それから、また席へと戻る。どういうスタイルにしたいのかと言われたが、僕も美容師も英語の能力が不十分であるため伝えきれなかったから、ヘアカタログを持ってきてくれる。日本のヘアカタログだった。せっかく、香港にやってきたのに、日本式になってしまうのだろうかと思いつつ、これくらいの長さにしてほしいと伝える。それからカットが始まる。カットは速すぎず、丁寧だった。僕を担当した美容師は、ゲイの人だった。見れば、分かる。
 店内を見回すと、客にはマレー人やインドネシア人の女性が多かったと思う。また、美容師のうち何人かもまた、マレー人やインドネシア人だった。香港で働く、マレー人やインドネシア人のメイドたちをメインの客として営業している美容院なのだろうか。そうだとしたら、この美容院が他の美容院とは異なり、日曜日の午前中から営業している理由が分かる。メイドの休日、メイドが家で仕事をしなくてよい日曜日に、髪を切りにこれるように営業しているのだろうか。美容師とはほとんど会話はなかった。「どこから来たんですか?」「日本です」「何日間、いる予定なんですか?」「2泊の予定です」。これらが全てだったと思う。
 そうしているうちに、散髪が終わった。シャンプーをする前、細かい髪をドライヤーで飛ばすとき、耳に散った髪をドライヤーで飛ばしきれなかったのか、最後に吐息で耳を吹いたのは少し気色が悪かった(笑)最後にワックスもつけてくれたけれども、たくさん汗をかいたため、すぐに流れてしまった。
 カットとシャンプーで90HKD弱(約1300円)だったから、安いと思う。

IMG_20161002_122901

 こうして僕は、このような髪型になったのだった。日本のヘアカタログから髪型を指定したのだが、ザ・日本という感じにはならなくてむしろよかった(笑)
 海外で髪を切るのは、韓国、台湾(#0259.台湾で髪を切ってみた)に続いて香港が3か所目だった。次はどこの国で髪を切ろうか。


↑このページのトップヘ