東京大学本郷キャンパスは東京を代表する銀杏(いちょう)の名所である。11月の気温が高かったため見ごろは12月へとずれこんだが、今年も美しいすがたをみせてくれた。銀杏(ぎんなん)の匂いがひどいからと学生の頭を悩ませる存在でもあるとはいうが、それは銀杏を街路樹として植えるとき雄木だけを植えるという概念の無かった時代からの古い並木道であるという証拠だから、「歴史の長さ」を物語っていると肯定的にとらえればよいと思う。銀杏(ぎんなん)の匂いは、近代から常に日本の発展とともにあった東京大学の自負なのだと。現在、銀杏の苗木は、雄木と分かっているものの枝を挿し木や接ぎ木することによって生産されるというから、原則的には雌木は混じらない。したがって歴史の浅い銀杏並木においては、そのようなことは起こらない。

IMG_1848

【2015.12.4】東京大学工学部本郷キャンパス1号館前広場の大銀杏

 東大の敷地の中では、東京大学工学部本郷キャンパス1号館前広場の大銀杏が綺麗だと思う。これだけ樹形のよい大銀杏は、そう簡単にはお目にかかれまい。

IMG_1853
【2015.12.4】東京大学工学部本郷キャンパス1号館前広場の大銀杏

 樹齢は詳細はわからないものの、200年程度という。東京大学が創立される以前、この土地が加賀藩前田家の大名屋敷だったころから植わっていたということになる。本郷キャンパスを歩いてみると、この大銀杏がキャンパス計画における重要な「軸線」、すなわち正門と安田講堂をむすぶ軸線と垂直に交差する軸線の起点あるいは終点となっていることが分かる。つまりこの大銀杏は大名屋敷だったころに植えられ、明治時代、東京大学の敷地として整備されるときにはキャンパス内の道路や建物の配置に影響を及ぼしたということになる。この樹木無くしては、現在のキャンパス計画は成立し得なかったのである。

IMG_1850
【2015.12.4】東京大学工学部本郷キャンパス1号館前広場の大銀杏

 風が吹き木々が揺れると葉がこすれて、ざざーんざざーんと、潮騒に似た音がする。 そして、いくつもの金色の葉っぱがきらめながら落ち、地面に当たってぱらぱらと音を立てる。その過程はまるで、波しぶきのようだと思う。

IMG_1855
【2015.12.4】東京大学工学部本郷キャンパス1号館前広場の大銀杏

IMG_1857
【2015.12.4】東京大学工学部本郷キャンパス1号館前広場の大銀杏

 風は強かったけれども雲一つない晴天だったので、たくさんの人が銀杏の木がみえるところでお弁当を食べたり、足をとめて写真を撮っていた。中にはタイ人観光客のグループもいて、銀杏の前でいろいろなポーズをとり熱心に写真撮影をしていた。東京大学本郷キャンパスの銀杏が綺麗だということを、どうやって知って来たのだろう。日本が外国人観光客によって、どんどん開拓されているな、と思う。通り一遍の観光地ではなく、もう少し日本人の生活に近いところに関心を持ってくれているというのは、とても嬉しいことだと思う。

IMG_1865
【2015.12.4】東京大学工学部本郷キャンパス1号館前広場の大銀杏

  2012年、2013年、2014年の秋に僕は韓国にいたから、この立派な大銀杏をお目にかかることはできなかった。4年ぶりに再会できて、嬉しいばかりだった。