タイに到着したものの、まだタイの友人はさほど多くはない。韓国に留学中に知り合ったタイ人とその家族、それから日本にいる時に知り合ったタイ人がいるから、全くいないというほどではないけれども、それでも友人は、あまりいない。
 韓国では留学で行ったから、現地の学生と知り合う機会は必然的に多かったけれども、今回は主に働くために来ているからどうだろう。タイ人の知り合いをそう簡単には、作れそうもない。まだタイ語がよく分からないから、もっともである。

IMG_2027
【2017.4.19】花

 4月中旬には、美しい花が咲いていた。遠くから見ると、日本の桜と見まがうような、そういう色彩である。近づいてみると、桜とは全く違うんだけれども、桜がちょうど散り始めた東京を、飛行機に乗ってやってきたから、なんだか桜を思い出してしまう。しかしこの花の名前が何なのか、気軽に尋ねられるタイの友人はまだいない。僕がこの国に馴染むことができるのだろうか。それはまだ、未知数である。
 なおこの花は、それから数日の間に全て散ってしまった。

IMG_2042【2017.4.19】アソーク駅周辺

 それでもすぐ、知り合いのつてで日本語とタイ語、韓国語とタイ語のランゲージエクスチェンジ(言語交換)の相手を見つけることはできた。言語交換とは、互いの言語を教え合うということ。つまり、日本語とタイ語であれば、日本語を教え、タイ語を教わる。韓国語とタイ語であれば、韓国語を教え、タイ語を教わるのである。
 アソーク(อโศก)駅前にあるターミナル21という商業施設で、言語交換の相手と昼食をとる。

IMG_2038【2017.4.19】ターミナル21にて

 パッタイは、露店であれば一皿50バーツ(約160円)、60バーツ(約190円)といった値段で食べられるものの、こういった商業施設の景色のよいレストランで食べれば200バーツ(約640円)だとか300バーツ(960円)といった値段はする。

IMG_2031【2017.4.19】ターミナル21にて

 味は露店のものと比べて、さほど大差はないが、商業施設内であれば、店内に冷房はきいているし、お皿に綺麗に盛り付けられているから、なんとなくラグジュアリーな感じはする。
 パッタイの盛りつけられた皿の左端に、扇のような形で盛り付けられたクリーム色のものがある。それはやや、渋みをともなった味だった。これは何かときくと、バナナの花だそうである。 このようにタイの知り合いが増えていって、タイについて知ることが少しずつ増えていけばいいと思う。