MKレストラン(MK Restaurants, ภัตตาคารเอ็มเค)と言えば、タイの主要なモールや大型スーパーなどの商業施設に店舗を持つ、タイスキ(タイ風しゃぶしゃぶ, สุกี้)のレストランだ。
 とてもたくさんの店舗があって、大体、賑わっているから、前からぜひ、体験してみたかった。

IMG_2098

【2017.4.30】MKレストランにて

 注文はすべてタッチパネルでおこなわれ、タイ語、英語の二つの言語で表示される。そのため、タイ語が分からない外国人でも問題はなさそうだ。

IMG_2100【2017.4.30】MKレストランにて

 このだしはタイ人の味覚に合わせているためか、甘めである。

IMG_2101【2017.4.30】MKレストランにて

 野菜のセットが出てくるから、まず入れる。

IMG_2104【2017.4.30】MKレストランにて

 これは、エビの団子である。

IMG_2107【2017.4.30】MKレストランにて

 豚肉や、豚のレバーなども入れる。

IMG_2109【2017.4.30】MKレストランにて

 それから、煮えるのを待つ。
 MKレストランといえばタイスキだけではなく、サイドメニューの「緑色の麺」がおいしいという。

IMG_2099【2017.4.30】MKレストランにて

 これは、タイ人の支持、在タイ日本人の支持の両方を集めていて、MKレストランに行ったことがあれば、「あの緑色の麺おいしいよね」という会話に参加できるようになる(笑)
 やや甘い味付けではあるが、鶏肉とその甘いソースと麺がうまくマッチしていて、完成度の高い一品だと思う。

IMG_2103【2017.4.30】MKレストランにて

 鶏肉がのっかっているものと、そうでないものもある。
 緑色の麺は注文するとすぐに出てくるから、他の品が用意されるまで、具材が煮えるまでのつなぎとしてもいいし、鍋の中にいれて楽しんでもいいし、シメとしてもよさそうだ。

IMG_2109【2017.4.30】MKレストランにて

 なお、「タイスキ」はタイで、「スキーヤーキー(สุกี้ยากี้))」だとか「スキー(สุกี้)」というのだが、これは日本語の「すき焼き」に語源を持つ。しかし実物は、どちらかというと、すき焼きというよりかはしゃぶしゃぶに近い。

IMG_2105【2017.4.30】MKレストランにて

 タイ風のピリ辛でやや甘いたれをつけて食べる。なお、お店によっては日本の、ポン酢に似たタレが出てくることもある。

IMG_2108【2017.4.30】MKレストランにて

 MKレストランは、野菜をたくさん食べられて、よかった。また来たいと思う。
 鍋のお店ではあるが、一人鍋用の座席もあって、一人で食べている客もいた。

IMG_2111
【2017.4.30】MKレストランにて

 最後に、会計を表示させて、店員を呼ぶ。二人で570バーツ、一人当たり、285バーツ(約910円)だった。屋台で一食が160円ほどで食べられてしまうタイでは、どちらかというと、高い食事になるだろう。
 それでもまた、野菜をお腹いっぱい、緑色の麺を食べに、MKレストランを訪れたいと思う。