大隅半島の先っぽにある、指宿へとやってくる。
 10年前に高校の修学旅行でやってきてから、二回目の訪問となる。

IMG_6005

【2017.2.6】指宿ベイテラスにて

 指宿ベイテラスというところに泊まる。丘の上にあって、指宿市街と海を見渡すことができる。
 しかし、通訳業務でやってきたために、これといって指宿市街を観光することができなかった。

IMG_6007
【2017.2.6】指宿市内にて

 10年前もそうだった。指宿はただ、宿泊地に指定されていただけで、鹿児島県内で見学したのは、知覧や鹿児島市内、それから霧島周辺だった。

IMG_6008
【2017.2.6】指宿市内にて

 指宿と言えば、砂風呂が有名だけれども、10年前に高校の修学旅行で来たときは「教員」のみしか体験が許されなかった。施設の砂風呂の容量からして、学生が占拠してしまっては、他のお客さんに迷惑がかかるとのことだった。

IMG_6010
【2017.2.6】指宿市内にて

 つまり、宿泊先にあった温泉の大浴場を除いては、これといって指宿らしいことをすることはなかったのが、10年前の訪問だった。

IMG_6013
【2017.2.6】指宿市内にて

 結果的に、今回の訪問もこれといって指宿らしいことをすることはなかった。
 いつかは純粋な観光で、指宿を訪れたいと思う。

IMG_6016
【2017.2.6】指宿市内にて

 いかにも南国らしい木々が立ち並んでいたし、あぶらなも咲いていて、2月上旬とはいえもはや春だった。

IMG_6028
【2017.2.6】指宿市内にて

 しかし、海辺にあるからか、案外、風が強かった。
 そして、市街地から離れた丘の上の宿は、朝晩は冷えた。

IMG_6033
【2017.2.6】指宿ベイテラスにて

 日が沈んでいく。

IMG_6038
【2017.2.6】指宿ベイテラスにて

 夜になると、市街地の光が美しく浮かび上がる。

IMG_6053
【2017.2.7】指宿ベイテラスにて

 ところでこの指宿ベイテラスは、宿泊施設や温泉を営業しているけれども、敷地内に地熱発電所があって、どちらかといえばそちらの方がメインの施設であるように思えた。
 地熱発電所は、地熱を利用して水を沸騰させ、その蒸気でタービンを回して発電をするものだ。近年、脚光を浴びている再生可能エネルギーで、九州電力に売電し、収入を得ているのだという。

IMG_6039
【2017.2.7】指宿ベイテラスにて

 例えば、部屋を案内してもらって 暖房を入れてから、また部屋を出る時に職員が、暖房を切る必要はないと言ったり、館内にある温水プールは誰も利用客がいない時間帯であるにも関わらずプールの水は温かいし、天井の広いプールの部屋に暖房がきかせてあった。エネルギーについてはたっぷりと使っているようだった。
 日本には「石油王」はいないが、もしかしたら、「地熱王」 はいるのかもしれないと思った。