大濠公園のスターバックスで、しばらく時間をつぶす。

IMG_7372
【2017.2.15】大濠公園にて

 日が沈むと、大濠公園の木々がライトアップされていた。

IMG_7373【2017.2.15】大濠公園にて

 木々の奥には、博多ポートタワーが輝いているのが見えた。

IMG_7376【2017.2.15】大濠公園にて

 この日の夜も、ラーメンを食べることにした。
 川端の商店街で、ラーメン屋を探す。

IMG_7401【2017.2.15】元祖ラーメン長浜家

 まず入ったのは、「元祖ラーメン長浜家」だった。
 まず券売機で、食券を買い求める。

IMG_7400【2017.2.15】元祖ラーメン長浜家

 注文できるものは、限られていて、至ってシンプルである。

 ラーメン(550円)
 替玉(100円)
 替肉(100円)
 瓶ビール(500円)
 酒(350円)
 焼酎(200円)

 この、7つしかない。しかし券売機には10個のボタンがあって、ラーメンと替玉と替肉は2つずつボタンがある。

IMG_7385【2017.2.15】元祖ラーメン長浜家

 これがたったの、550円で食べることができるというのか。さすが、福岡だ。

IMG_7386【2017.2.15】元祖ラーメン長浜家

 東京のとんこつラーメンとは味が異なるという印象をうける。脂分が少なく、豚骨特有の臭みもあまりなく、さっぱりとしていて、とんこつでありながら淡白で、とてもおいしい。
 こういう例え方をする日本人はあまりいないし、むしろ韓国の人に対してより有効な説明だと思いながらもあえて書くが、釜山のテジグッパ(돼지국밥)の、ご飯の代わりに、麺をいれたような、そういう食べ物だという印象を受けた。(#0462.釜山「サンドゥンイテジクッパ(쌍둥이 돼지국밥)」でテジクッパ!)
 豚骨は、対馬海峡をはさんだ福岡と釜山の、共通する食文化だ。

■元祖ラーメン長浜家
 住所 : 福岡市博多区上川端町10-242
 営業時間 : 午前10時~午前5時

 次に立ち寄ったのは、一番一竜というラーメン屋である。
 ラーメンの「はしご」をする。

IMG_7397【2017.2.15】一番一竜

 580円のラーメンを食べる。ここも、安い。

IMG_7392【2017.2.15】一番一竜

 このお店は、おつまみや、サイドメニューも充実していたが、ラーメンだけを食べた。やはりこれも、豚骨臭くなくて食べやすかった。

■一番一竜
 住所 : 福岡市博多区上川端町10-252
 営業時間 : 午前11時から午前3時まで

 さらに近くには、一杯290円という激安ラーメンがあった。

IMG_7402【2017.2.15】博多ラーメンはかたや

 しかし、さすがにもうお腹がいっぱいで食べることはできなかった。このお店はさらには、24時間営業でもある。福岡には、朝にもラーメンを食べるという文化があるのだろうかと気になったが、その真相は分からずじまいだった。次回の福岡訪問時に、再挑戦したいと思う。
 今回は、前日に食べたものを含めて3杯の博多ラーメンを食べたが、どれも「食べやすい」豚骨ラーメンであった。東京で食べるものよりも、少なくとも僕の口にはあったし、福岡の人が東京に行ったら、東京の博多ラーメンは真の博多ラーメンではないと不満をもらしそうだと思った。