日の出前に宿を出発し、福岡空港へと向かう。
 日本航空JL2050便で福岡空港から、大阪・伊丹空港へと向かう。

 福岡 7:00 → 伊丹 8:10

 エンブラエルのERJ-170という、4列の機材で運行された。福岡と大阪という、日本の大都市同士を結ぶ航空路線であるが、利用者はあまり多くはないようだ。
 そして、乗客のほとんどがスーツを着たビジネスマンで、これから、出勤するようだった。混雑のない、通勤列車のようだった。

IMG_7406
【2017.2.16】関西上空にて

 離陸から数十分後にはすでに、関西地方の上空に到着した。関西地方もPM2.5の影響か、霞みが見られた。
 それから、高度を下げて、伊丹空港に到着した。

IMG_7408
【2017.2.16】伊丹空港にて

 伊丹空港へやってくるのは、これが初めてだった。
 思えば大阪には、鉄道か高速バスを利用して、飛行機を利用するにしても関西国際空港から入ることが多かったから、伊丹空港へやってきたことはなかった。

IMG_7410【2017.2.16】伊丹空港にて

 伊丹空港と言えば、日本で7番目の規模の利用者数を誇る空港ではある。
 2016年には、羽田空港(8012万人)、成田空港(3658万人)、関西国際空港(2513万人)、福岡空港(2199万人)、新千歳空港(2131万人)、那覇空港(1967万人)に次ぐ、1492万人の利用者があった。

IMG_7412【2017.2.16】伊丹空港にて

 空港から、モノレールで大阪市内へと向かう。

IMG_7413【2017.2.16】伊丹空港にて

 国際線がないのにも関わらず、「大阪国際空港」と書いてある。

IMG_7415【2017.2.16】大阪国際空港

 現状に即さないのだから、「国際」の二文字は抜けばよいと思う。何、見栄をはっているんだろう(笑)

IMG_7416【2017.2.16】大阪空港駅

 大阪モノレールの、大阪空港駅から千里中央駅まで乗車する。

IMG_7418【2017.2.16】大阪モノレール

 たった6.6kmの区間であるにも関わらず、運賃が330円もする。

IMG_7419【2017.2.16】大阪モノレールの車窓

 大阪モノレールの駅ではない、阪急線の蛍池駅まで1.5kmほどの道のりを歩けば、大阪都心まで安く行くことができるようだったが、大阪モノレールも初めて体験できたから、よしとしよう。