以前から、新大久保に気になるお店があった。
 それは、「小魏鴨脖」というお店である。

IMG_1336
【2017.4.1】小魏鴨脖店

 簡体字の店名にしろ、そのけばけばしいネオンサインにしろ、見るからに「中国大陸」といった外観なのだ。
 新大久保といえばコリアタウンとして有名ではあるけれども、実質的には多国籍的な街なのである。特に、新大久保駅の西側は、中国系、ベトナム等東南アジア系、ネパール系、イスラム系などが集まり、その様相が強い。つまり、新大久保は必ずしも、韓国料理だけを食べにいけばいい街ではないのである(笑)
 新大久保というのは、たくさんの語学学校や専門学校が立地しているし、新宿や歌舞伎町から近く、繁華街で夜遅くまで働いても歩いて帰ってくることができることから、外国人が集積しやすい。
 店内へと入るが、日本語はあまり通じなかった。

IMG_1320【2017.4.1】店内にて

 日本語で話しかけると、店員同士が中国語で、「あれは日本語でなんて言うんだっけ」ということを話し始めるという、そういう状態だった。来日間もない状態で日本語もままならないが、とりあえず、バイト代はほしいといった留学生はこういうところで働くのだろう。

IMG_1333【2017.4.1】米線

 鴨料理のお店ではあるが、米線を食べに来たのだった。
 注文は中国語でするしかなかったが、メニューを指さすだけでも注文はできそうだったから、中国語が分からなくてもこれといって問題はなさそうだったし、店員たちは「日本人のお客さんが来るとは面白い」といった、陽気な対応をしてくれたから、それはよかった。

IMG_1328【2017.4.1】店内にて

 前の年に雲南省麗江で食べた米線の味をもう一度、体験したいと思ってやってきたのだった。
(#0314.麗江古城の生気溢れる朝の景色)

IMG_1319【2017.4.1】店内にて

 以前、雲南省麗江で食べたものと似て、ぐつぐつと沸騰しているものが出てきた。

IMG_1322【2017.4.1】米線

 その香辛料の匂いからして、まさに中国大陸のそれそのものだった。

IMG_1326【2017.4.1】米線

 東京23区の950万人の人口のうち、40万人が外国人という時代にあって、東京もずいぶんと多国籍な、それも、日本人の口に合わせた味ではない、東京に在住する外国人のための本場そのものの味を提供する食堂が増えたように思う。
 店内は中国人しかいなかった。どんなにおしゃれな服を着ていても、この辛い米線を一生懸命にすすっていたから、この東京という見栄をはらなくては生きていけない大都会にやってきても、やはり故郷の味は忘れられないものなのだと思った。
 僕はとてもおいしいと思ったし、また食べにいきたいと思うが、日本人全員の口に合うかどうかは自信を持って言えない。また、何人かの客は、メニューには書いてなかったものを注文して、食べていたように見えた。一体それがどういう仕組みになっているのか、よく分からなかった。いや、ただ、僕がメニューを見落としだだけかもしれないが。

IMG_1338【2017.4.1】新大久保にて

 新大久保で、本場中国を味わえる。
 東京のど真ん中で熱々の米線が食べられるとは。また、行きたいものである。

■小魏鴨脖店
 住所 : 東京都新宿区百人町1-17-9
 24時間営業