ブッダの生誕日は、韓国では釋迦誕辰日(석가탄신일)、タイでは仏誕節(วันวิสาขบูชา)として休日である。韓国とタイでは採用している太陰暦にずれがあるため、この二つは必ずしも同じ日にはならないが、大体、5月頃にある。
 アソーク(อโศก)にあるコリアタウンでは、釋迦誕辰日を迎えるにあたって、燃燈(연등)という飾りものが、無料で配られていた。

IMG_2131
【2017.5.7】コリアタウンにて

 韓国への留学時代のことを、懐かしく感じる。

IMG_2135【2017.5.7】コリアタウンにて

 見ていると、韓国人の女性が韓国語で声をかけてきた。

 女性 : 「韓国の方ですか?」
 僕 : 「いいえ、違いますが、韓国には住んでいたことがあるので、そのころが思い出されて」
 女性 : 「どちら出身なのですか」
 僕 : 「日本です」
 女性 : 「日本にも韓国にも住んで、次はタイに住んでいらっしゃるんですね」
 僕 : 「ええ。なぜか、そうなってしまいまして」
 女性 : 「もしよかった、ひとつ、差し上げるわよ。こっちの電灯が入っているものは展示用だからダメだけれども、こちらは配っているの」
 僕 : 「どうも、ありがとうございます」
 女性 : 「エカマイの方に韓国寺院があるの。私たち、普段、そこにいまして」

 エカマイの方に、そういう、韓国系の人々のコミュニティがあるとは知らなかった。

IMG_2136【2017.5.7】コリアタウンにて

 韓国の釋迦誕辰日(석가탄신일)にも、人々が道行く人々にこういったものを配っていたから、やはり、韓国留学時代が懐かしく感じられた。

IMG_2139【2017.5.7】コリアタウンにて

 バンコクで、韓国との縁が感じられることは、僕にとってはとても嬉しいことなのだ。何か昔からの友人に会うようなそういう、懐かしみがある。
 下にはメッセージのついたカードがぶら下がっている。

 자신의 미래는 스스로 창조하는 것이니 지금 한 생각을 잘하라
 自分の未来は自らが創造するものであるか、今考えたことをしっかりやれ

 なんだろう。バンコクにやってきて、働き始めたばかりの僕を、とても勇気づけてくれる言葉であるかのように感じられた。