週末、バンコク都心から20kmほど北西方向に離れたところにある、ノンタブリー(นนทบุรี)県にあるクレット島(เกาะเกร็ด)へと出かける。

クレット島

 名前こそ「島」ではあるが、海に浮かんでいる島ではなく、チャオプラヤー川の中洲である。一周、5kmから6kmほどの島で、田園風景や高床式住宅のある景色が、のんびりとしたところである。また、素焼きの焼き物でも有名なところである。
 クレット島へは、バスで行く。

IMG_2194【2017.5.20】戦勝記念塔駅前

 バスは、BTS戦勝記念塔(อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ, Victory Monument)駅から発着する。

IMG_2195【2017.5.20】戦勝記念塔駅前

 バスは、円形のロータリーから発着する。

IMG_2196【2017.5.20】交通渋滞

 それにしても、交通渋滞がひどい。

IMG_2199【2017.5.20】166番バス

 頻発する166番バスに乗る。時間帯にもよるが、5分おきに出ている。

IMG_2200【2017.5.20】166番バス

 運賃は18バーツ(約58円)だ。
 ただし、166番バスは同じ路線番号であるにもかかわらず、行き先が異なるものがあるというから、バスにパーククレット(Pak Kret, ปากเกร็ด)という表示があるか、確かめておいたほうがよいだろう。
 渋滞に巻き込まれなければ、30分ほどで到着する。

IMG_2203【2017.5.20】バスを降りる

 終点ではないが、ここでほとんどの人が下車する。
 停留所から、ワット・サナムヌア(วัดสนามเหนือ, Wat Sanam Nuea)を目指して、歩いていく。

IMG_2204【2017.5.20】セブンイレブン

 途中、飲み物を買って、歩いていく。

IMG_2205【2017.5.20】オレンジジュース

 果汁のほとんど入っていない、なんちゃってオレンジジュースだった。
 寺院が見えてくる。10分もかからない。

IMG_2206【2017.5.20】寺院

 この寺院の中に、寺へと向かう船着場がある。

IMG_2208【2017.5.20】寺院にて

 人の流れについていけば、分かると思う。

IMG_2209【2017.5.20】寺院にて

 船着場が見えてくる。

IMG_2211【2017.5.20】寺院にて

 船着場の周りで、麦わら帽子などを売っていたから、一つ、買い求めた。
 たったの20バーツ(約64円)だった。

IMG_2212【2017.5.20】麦わら帽子

 とんでもなく、大きな麦わら帽子も売っている。

IMG_2213【2017.5.20】麦わら帽子

 バンコク郊外にちょっと出かけただけなのだけれども、旅をしている気がしてなんだか、楽しくなる。
 それから、船に乗りこんでチャオプラヤー川を渡る。

IMG_2214【2017.5.20】船着場

 渡船料は2バーツ(約6円40銭)で、クレット島で支払う。