島の奥へと進んでいくと、そこにはバナナ畑などが広がっていた。

IMG_2267
【2017.5.20】バナナ畑

 バンコク郊外でもこのようにして、バナナが栽培されているのだ。

IMG_2268【2017.5.20】クレット島にて

 クレット島はチャオプラヤー川の中州にあって、湿地性の土地である。チャオプラヤー川の増水による、浸水の危険性は今も昔も、大いに高かった。そのため大体の住宅は高床式になっていて、主な居住地は2階となっている。

IMG_2269【2017.5.20】バナナの木

 クレット島ではバンコクとその周辺の、都市化する前の風景を、垣間見ることができるのだ。
 クレット島が川によってほかと隔てられているから、よく残ったのだろう。

IMG_2272【2017.5.20】クレット島にて

 ヤシの木と、バナナが広がっている。

IMG_2274【2017.5.20】クレット島にて

 柵のない道を、自転車で走っていく。

IMG_2276【2017.5.20】寺院

 島内には、いくつもの寺院がある。

IMG_2277【2017.5.20】寺院

 そういった寺院をひとつひとつ見学していくのもよい。

IMG_2278【2017.5.20】クレット島にて

 しばらく進んでいくと、小学校があった。

IMG_2281【2017.5.20】小学校

 小学校の校庭と、その建物も高床式だった。浸水しないように、作られている。

IMG_2283【2017.5.20】住宅

 庭木の美しい住宅があった。たくさんのブーゲンビリアが花を咲かせていた。植木鉢はみな、島内で作られた素焼きの入れ物なのだろうか。
 
IMG_2285【2017.5.20】クレット島にて

 この日、気温は35度まで上がって、サイクリングをするにはやや暑かった。それでも日本の一番暑いときほどは暑く感じられないのは、タイは蝉が静かだからだろうか。

IMG_2287【2017.5.20】クレット島にて

 いくつかの、放棄されたようにみえる家もあった。

IMG_2289
【2016.5.20】クレット島にて

 しばらく走って、島の北東部へとさしかかると、また、たくさんの住宅が見えてきた。