イギリス入国時には、入国カード(LANDING CARD)を記入する必要がある。
 
イギリス到着カード

 入国カードは、英語とフランス語、スペイン語の3つの言葉でかかれている。フランス語とスペイン語が、イギリスにおける主要な外国語であるということがうかがえる。
 
 ・姓名
 ・性
 ・誕生日(日日月月年年年年)
 ・出生地
 ・国籍
 ・職業
 ・イギリスにおける連絡先(滞在先)
 ・旅券番号
 ・旅券発行地
 ・イギリス滞在日数
 ・出発地
 ・便名
 ・署名

 を記入する。
 ヒースロー空港に到着すると、EU市民と、非EU市民は入国審査台が異なるため、表示にしたがって移動しなくてはならない。ローマからやってきたアリタリア航空の便の搭乗客の多くは、EU市民であり、非EU市民は少なかった。非EU市民の入国審査台で、パスポートと入国カードを提出すると、英語による質問があった。

・あなたの訪問の目的はなんですか。
・イギリスには何日間滞在する予定ですか。
・イギリス訪問後、あなたはどこの国に行きますか。

 英会話の本に載っているような、典型的な英会話を、イギリス式英語でおこなったような、そういう感じである。今までいくつものビザ免除国を訪問したけれども、このように「しっかりと」質問をされるのは初めてだったから、驚いた。たいていの国では、質問をされたとしても、ひとつくらいだ。三回も質問を繰り返されると、それだけで、「閉鎖的な国」だという印象を受けてしまう。
 周囲を観察していると、どの人も英語による質問をうけていた。さて、英語が分からない人はどう、イギリスに入国するのだろうか。英語ができなければ、イギリスには入国できないのだろうか。