イギリス人の知り合いと落ち合い、まず、昼食をとることとする。
 何を食べたいかときかれ、「イギリス料理」と答えたが、「そんなものはない」と首を振られてしまう。まさか「イギリス料理」というものが存在しないということはないだろうが、それがイギリスでも昼食として気軽に食べることができるジャンルとしては存在しない、そういうことなのだろう。

IMG_7606
【2017.6.30】Nando's

 近くにあったイギリスを代表する外食チェーンである「Nando's」は、あまりにも混んでいたから、こちらは諦めることにする。

IMG_7613【2017.6.30】PIZZA EXPRESS

 「PIZZA EXPRESS」は少し待てばすぐ席につけそうだったから、ここで食べることにした。
 立派な近代建築の1階に店舗を構えている外観だけをみるとなんだか、老舗のように見えるけれども、これもまたロンドンを代表する外食チェーンである。

IMG_7607【2017.6.30】水

 1枚大体、10ポンド(約1400円)ほどで食べることができる。
 安いとは思わないが、ロンドンで外食と言えば、このラインが最低ラインだという。

IMG_7608【2017.6.30】ピザ

 食べてみると、それなりに行ける。「イギリスの飯はまずくて食えたもんじゃない」とはよく言われるけれども、そこまでではないと思う。いや、しかし、僕がピザというものに食べ慣れていないから、そう思うだけかもしれない。無類のピザ好きにとっては、物足りない味なのかもしれない。
 満腹になって、外へと出る。10ポンドで、満腹にすることはできる。

IMG_7614【2017.6.30】ロンドンにて

 まずは、リージェンツ・パーク (The Regent's Park)へと向かう。

IMG_7616【2017.3.10】ロンドンにて

 速足で歩いた。

IMG_7618【2017.3.10】リージェンツ・パーク にて

 その知り合いは、ロンドンに住んではいるものの、市内の公園には久しぶりにやってきたという。

IMG_7628【2017.3.10】リージェンツ・パーク にて

 週末、公園に出かけるよりは、家でゲームをしているのが好きだという。

IMG_7630【2017.3.10】リージェンツ・パーク にて

 リスがいる。

IMG_7635【2017.3.10】リージェンツ・パーク にて

 ロンドンの公園では、さほど、めずらしくはないようだった。
 そういえば、公園のあずまやのようなところで、性行為にふけっていた。白昼の公園で堂々とそういうことをするとは、衝撃的だった。そういうことがよくあるのかと知り合いにきくと、知り合いも初めて見たという。イギリスにやってきた初日に、都心の公園でそういう光景を見にしてしまったから、イギリスに対する印象はずいぶんと、歪んでしまった。

IMG_7639【2017.3.10】リージェンツ・パーク にて

 さまざまな種類の桜が咲いていた。
 東京ではまだ、本当に早咲きの品種が咲いているだけだったから、ロンドンの方が東京よりも暖かいのかもしれないと思った。しかしロンドン(北緯51度)が、稚内(北緯45度)よりも北にあることを考えると、信じられなかった。

IMG_7643【2017.3.10】ロンドンにて

 それから、ロンドン市内を散策した。近くには「整形」で有名な通りがあった。知り合いによれば、イギリスでも、整形はメジャーだという。BBCの社屋などもあった。

IMG_7644【2017.3.10】BBC社屋

 リバティ (Liberty)というロンドンを代表する老舗百貨店を見て回る。

IMG_7650【2017.3.10】リバティ百貨店

 主に、日本の工芸品を販売する百貨店として、1875年に開業した百貨店で、現在の建物は1924年に建てられたものだという。
 現在も、化粧品から装飾品、家具などを販売している。しかし、何もかもが高級品を扱っていて、僕のような旅行者が買うものはなかった。

IMG_7653【2017.3.10】無印良品

 無印良品や、ユニクロのあるところを見つけては知り合いは、そこに日本のものがあるぞと言って、紹介してくれた。

IMG_7654【2017.3.10】ユニクロ

 知り合いによればユニクロは、ロンドン市民に支持を受けているという。
 ピカデリーサーカスにやってくる。ロンドンの繁華街を代表する、景色があるはずだった。

IMG_7655【2017.3.10】ピカデリーサーカスにて

 この建物のネオンサインの広告が有名だそうだが、この日は残念ながら工事中だった。