グリニッジ天文台のある丘を降りて、テムズ川へと向かって歩いていく。

IMG_7913
【2017.3.11】グリニッジの住宅街にて

 曇天の時間が長いけれども、3月にロンドンを旅行するというのは悪くない。

IMG_7914【2017.3.11】グリニッジの住宅街にて

 住宅それぞれはみな、レンガでできていて、似たり寄ったりに見えながら、よく見てみると形が違う。

IMG_7916【2017.3.11】グリニッジの住宅街にて

 ほぼ同じように見えても、窓の形や扉の形が違うのは、興味深い。都市が人間によって、住みこなされていると思う。

IMG_7920【2017.3.11】グリニッジの住宅街にて

 煙突がみえる建物は、グリニッジ発電所(Greenwich Power Station)だ。
 1902年に建造された古い発電所で、かつてはテムズ川から運ばれた石炭によって発電をした。しかし、ロンドン近郊にあって石炭を燃やすことが大気汚染や公害につながることから、のちに石油、あるいはガスによる発電に転換されている。
 ある駐車場の裏に、桜の花が咲いているのに気が付いた。

IMG_7928【2017.3.11】グリニッジの住宅街にて

 2017年、初めてのお花見は、どうやらロンドンになりそうだ。

IMG_7924【2017.3.11】グリニッジの住宅街にて

 ロンドンに、桜を見に来ることになるとは思わなかった。

IMG_7927【2017.3.11】グリニッジの住宅街にて

 3月前半だから、サハリンほどの緯度にあるロンドンで、花を見ることには少しも期待していなかった。

IMG_7926【2017.3.11】グリニッジの住宅街にて

 ソメイヨシノとは違う品種だから、早く咲くのだろうか。
 テムズ川沿いに歩いていくと、旧王立海軍大学の建物が見えてくる。

IMG_7931【2017.3.11】旧王立海軍大学

 旧王立海軍大学は1700年前後に建てられて、イギリスのバロック様式の公共施設としては最大の規模を誇るという。

IMG_7935【2017.3.11】旧王立海軍大学

 実は、グリニッジの街並み、テムズ川から旧王立海軍大学やグリニッジ天文台を含む地域は、水運に伴って都市が発展した顕著な例として、世界遺産に登録されている。

IMG_7933
【2017.3.11】テムズ川

 近くには、カティサーク(Cutty Sark)という帆船が展示されている。

IMG_7940【2017.3.11】カティサーク
 
 1869年に建造された帆船だ。
 かつて中国からイギリスへと、たくさんの茶葉が運ばれていた。輸送に時間がかかれば、鮮度が落ちるものだから、いかに速く運ぶかということが重要視され、最初に届けられた一番茶は高値で取引されたり、賞金が与えれれ、富と栄誉を手にすることができた。
 そういう時代に、開発された帆船なのである。南アフリカの喜望峰を経由して、19世紀初頭には1年半あるいは2年をかけてイギリスへと輸送されていたものが、4か月ほどで届けられるようになった。

IMG_7937【2017.3.11】カティサーク

 カティサークはイギリスが莫大な富を築いた、貿易による歴史の象徴なのである。
 なおカティサークが建造されてからすぐに、ヨーロッパと中国間の貿易ルートはスエズ運河の開通によって、喜望峰ルートは廃れてしまう。あまり風がふかないスエズ運河ルートは、帆船で進むことができなかったため、蒸気船の時代へと転換してしまい、カティサークの活躍の時代はすぐに、終わってしまった。

IMG_7934【2017.3.11】テムズ川

 ここには、船着場がある。
 ここから水上バスに乗って、ロンドン市内へと戻ることにした。