ロンドンで、3回目の朝を迎える。
 まだ、時差ボケを完全には克服できていない。9時間の時差を克服するのに、3日では不十分だ。

IMG_8290
【2017.3.12】連翹

 この日は、朝からどんよりと曇っていた。そして、小雨もぱらついた。

IMG_8293【2017.3.12】桜

 Airbnbの最寄りのバス停へと向かう途中、桜の木を見つけた。

IMG_8296【2017.3.12】桜

 これは、ソメイヨシノではないだろうか。

IMG_8300【2017.3.12】桜

 3月12日にして、もう、ソメイヨシノが満開になるのか。2017年は東京では3月21日に、鹿児島では4月4日に開花をした。それよりもずっと早く、満開になっているのだ。ロンドンの冬は日本よりもずっと、温暖なのだろうか。
 もしかしたら、ソメイヨシノではないのだろうか。

IMG_8303【2017.3.12】バス停にて

 バス停から、二階建てのバスに乗る。

IMG_8305【2017.3.12】車窓

 この日は市場を見に行こうと思った。まず、ロンドンの知人に紹介されたバラ・マーケット(Borough Market)へと向かったが、日曜日は定休日だった。
 またバスに乗って、 ロンドン都心へと向かう。

IMG_8308【2017.3.12】テムズ川

 テムズ川以北へと向かう。

IMG_8310【2017.3.12】フィンズバリー・スクエア(Finsbury Square)バス停

 Finsbury Squareバス停で降りる。

IMG_8312【2017.3.12】フィンズバリー・スクエア(Finsbury Square)バス停

 日曜日の朝のビジネス街は人が少ない。

IMG_8314【2017.3.12】フィンズバリー・スクエア(Finsbury Square)

 ここから15分ほど歩いて、ブリック・レーン・マーケット(Brick Lane Market)を目指す。
 ブリック・レーン・マーケットは土曜日と日曜日にのみに開かれる週末マーケットで、特に日曜日に賑わいを見せるという。

IMG_8316【2017.3.12】ブリック・レーン・マーケットへと向かう

 しかし、近くに日曜日に賑わいをみせるマーケットがあるとは思えないほど、人通りはなかった。

IMG_8318【2017.3.12】ブリック・レーン・マーケットへと向かう

 雨が降り始める。

IMG_8319【2017.3.12】ブリック・レーン・マーケットへと向かう

 ようやく、人通りのある道が見えてきた。

IMG_8320【2017.3.12】ブリック・レーン・マーケットへと向かう

 どうやら、目的地に近づいて来たらしい。

IMG_8321【2017.3.12】ブリック・レーン・マーケット周辺

 雨が降っていたから、屋根のあるマーケットはよかった。

IMG_8328【2017.3.12】ブリック・レーン・マーケット

 食べ物や雑貨、服などいろいろなものを売っていた。

IMG_8322【2017.3.12】ブリック・レーン・マーケットにて

 服は主に、中華系の人々が取り仕切っていた。
 10ポンド~20ポンド(約1400円~約2800円)の中国や東南アジアで仕入れてきたような服がたくさん置いてあったけれども、中国や東南アジアでは数百円で買えてしまうようなものばかりだったし、あまり買う気にはならなかった。

IMG_8324【2017.3.12】ブリック・レーン・マーケットにて

 食べ物も、特に買う気にはならなかった。

IMG_8326【2017.3.12】ブリック・レーン・マーケットにて

 たくさんの観光客が写真を撮っていたから、それにまじって自分も何枚か写真を撮っていたのだけれども、とある店主が「あなたがたは商品も買っていたのに、商品の写真を撮るべきではない」と厭味ったらしくいったから、おずおずとカメラを鞄の中へしまわざるを得なかった。
 イギリスのマーケットだから、イギリスで作られた魅力的なものがたくさん見られるかと思っていたのだが、どちらかというと、世界中からたくさんの人がやってきて、世界のものを売るといったたぐいのマーケットで、値段も安いとは言えなかったから、結局、何も買わずに終わった。旅行客というよりは、ロンドン市民にとって魅力的なマーケットだと思う。