スタンステッド空港(London Stansted Airport)は、ロンドン中心地から約50kmほど離れている。ロンドン周辺では3番目に大きい空港で、ヨーロッパ圏内のLCCの拠点となっている。
 ロンドンの人々からは「かなり遠いところにある空港」と思われているが、成田空港が東京都心から60kmの位置にあることを考えれば、それより近いのだし許容できる遠さだともいえる。行き方としては、

①バス
 National Express(http://www.nationalexpress.com/home.aspx)などが、ロンドン各地から空港行きのバスを24時間運航している。

②鉄道
 リバプール・ストリート(Liverpool Street station)駅あるいはトッテナム・ヘイル(Tottenham Hale)駅から、Stansted Expressを利用する。リバプール・ストリートを午前4時40分に出発し、トッテナム・ヘイル駅に午前4時52分到着、それから午前5時39分に空港に到着する始発列車から、午後11時半にリバプール・ストリート駅を出発し、トッテナム・ヘイル駅に午後11時37分到着、それから午後0時13分に空港に到着する最終列車までがある。

 といった方法が考えられる。今回は、鉄道を利用した。
 まず、トッテナム・ヘイル駅へと向かう。

IMG_9098
 しばらく、待つ。

IMG_9102
【2017.3.14】トッテナム・ヘイル駅にて

 ここからスタンステッド空港行きの列車に乗る。

IMG_9111【2017.3.14】車窓

 36分ほどで到着する。

IMG_9112【2017.3.14】車窓

 途中、牧草地などが広がる。

IMG_9118

 ロンドン中心部から大体、70分ほどで到着する。
 さて、スタンステッド空港駅に到着すると問題が起こった。ホームを降りて歩いていると、僕に向かって駅員が近づいてきて、言う。

 駅員「乗車券を見せなさい」
 僕(オイスターカードを見せる)
 駅員「それは、valid(有効)な乗車券ではない。罰金だ」
 僕「どういうことですか」
 駅員「スタンステッド空港駅はオイスターカードのサービス提供範囲外だ。つまり、オイスターカードを利用して乗車したということは、有効な乗車券を購入していないということだ。つまり、罰金を支払う必要がある」
 僕「駅に、そういう表示はなかった」
 駅員「それは、ルールだ」
 僕「それは旅行者には、あまりにも難しいルールだ。運賃はここで支払う」
 駅員「あなたの行為は、ペナルティを受けるべきものだ」

 なぜ、この駅員たちの態度は横柄なのだろう。しかも、聞き取りにくいイギリス英語で外国人に対して、ゆっくり分かりやすく話そうという態度も少しも見えない。日本だったら、「お客様、大変、申し訳ございません。こちらの駅では、IC乗車券がご利用いただけませんから、現金での清算となります」とでも言うが、イギリスでは「罰金」とか「ペナルティ」といった言葉を連呼している。旅行客にそのルールを熟知させることもせず、オイスターカードだけで空港にやってきたら、罪人扱いをする。

 僕「ところで、あなたたち、ここの空港にやってきた全ての人たちをチェックしていないじゃないですか」
 駅員「今は、あなたをチェックしているから、できません」
 僕(何を言う。最初から、このルールを熟知していない旅行客の、非ロンドン市民に見える人を狙い撃ちにして、検札してるじゃねえか。)

 駅員「31.5ポンド(約4410円)です」
 僕「あまりにも高い!」
 駅員「支払わなければ、空港に入れません。それは、あなたの選択です」

 これだけ不親切な駅員も、世界で初めてみた。
 しかし、これから飛行機に乗ってベルリンへと向かわなくてはならないのも事実だったし、ここで通せんぼされてしまっては困る。
 財布をみると、現金は15.8ポンド(約2210円)しかなかった。

 僕「今、現金がこれしかないので、15.8ポンドでいいですか」
 駅員「(財布を覗きこみながら)残りは、そのVISAカードで支払いなさい」

 全く、人の財布を覗きこんで、何のカードがあるか確認をする駅員の意地悪さと言ったら。
 ロンドン・ベルリン間の航空券は15kgの預け荷物込みで27.53ポンド(約3980円)で購入したものだった。4410円が加わって、8390円になったのだと思えばいいか。それでも、安いのだから。

スタンステッド空港罰金

 支払いには、時間がかかった。

 僕「もう行っていいですか」
 駅員「待ちなさい。やるべきことがたくさんある。俺の氏名なども、登録しなくてはならないんだ」

 どういうことだろう。罰金を払わせることに成功すると、駅員に成功報酬でもつくのだろうか。5分ほどして、ようやく終わる。

 僕「それにしても、高すぎる。I will never come to London. You cannot meet such an unkind station staff in Japan.」
 駅員「それは、あなたの選択です」

IMG_9122【2017.3.14】スタンステッド空港にて

 こうして、イギリスのイメージは地に落ちたのだった。
 とにかくスタンステッド空港には、オイスターカードでは行かない、それだけは心にとめておいてほしい。きちんと乗車券を購入してから、行かなくてはならない。