バンコクで働き始めてから3か月が過ぎた。
 バンコクで現地採用で働くということがどういうことなのか、僕のケースについて、以前の記事(#0879.バンコクで働き始めてから2か月たった時点での感想)よりも詳しく書いてみようと思う。

■収入
 - 給料(手取り)
 5月 : 64000バーツ(約21万3千円)
 6月 : 68000バーツ(約22万6千円)

 それぞれ、所得税および社会保険で約7000バーツ(約23300円)ずつ天引きされている。税金および社会保険料の負担は給料の10%未満だから、日本よりずっと負担が小さいと思う。
 ビザ取得に関わる費用は、負担しなくてよいが、住居手当や通勤手当はない。
 ボーナスについてはまだ、支給されていないからどの程度の額になるのかは分からないが、1年に3回支給されることになっている。

 - セカンドジョブ(日韓翻訳)
 5月 : 1160000ウォン(約11万6千円)
 6月 : 0ウォン(0円)

 翻訳は、案件があれば報酬が発生し、無ければ発生しない。現在は月平均で8万円ほどの分量を担当している。

IMG_3118
【2017.7.1】バンコクにて

■働き方
 休日は、土日の週休2日制である。また土日以外に祝日等で13日間の休みがあり、有給休暇は20日を100%取得する。(ただし人員不足のため今まで3か月の間に2回の休日出勤手当付きの休日出勤が発生している)
 一日7時間の出勤で、残業は一切無い。通勤時間は5分である。

■支出(家賃・光熱費・水道代・通信料金)
 - 家賃(26平米の都心のワンルームマンション)
  毎月8600バーツ(約29000円)

 - 光熱費(電気料金, ガス無し)
  5月 : 1330バーツ(約4400円)
  6月 : 1547バーツ(約5160円)

 - 水道代
  5月 : 179バーツ(約600円)
  6月 : 125バーツ(約420円)

 - 通信料金
  5月 : 649バーツ(約2200円)
  6月 : 649バーツ(約2200円)

 大体毎月10850バーツ(約36000円)ほどを、家賃、光熱費、水道代、通信料金として支払う。
 それ以外の支出についてはチェックをしていないから細かい金額は分からないが、物価は大体、東京の3分の1ほどだと考えて生活をしている。もしかしたら、焼肉食べ放題が139バーツ(約460円)だったりすることから、3分の1よりももっと安いのかもしれないが、おしゃれなカフェのコーヒーが1杯100バーツ(約330円)だったりと、東京の3分の1の水準よりも高いものもあるから、大体、3分の1という感覚で生きていけばよいと思う。
 こういう収入と支出の仕組みだから、お金は貯まる。のちのちこのお金は、「旅行費用」としてぱっと使われることになりそうだが。

----------

 近頃、たくさんの日本人がタイで働こうとしているというが、いかがだろうか。
 まだタイ語ができない27歳の、現地採用1年目の経済事情はこのようである。魅力的な面もあれば、そうとは言えない面もあるだろう。
 個人的な感想を述べるのであれば、バンコクでの現地採用としての生活は、絶対的な給与額が高いということはないから、がつがつと稼いでいきたい人には合わないと思う。しかし、外国での新しい経験を試みたいという人にとって、それは経済的な困窮を強いるものではないから、検討に値するのではないかと思う。