ランパーン空港を出る。

IMG_2719
【2017.6.24】ランパーン空港

 日本からやってきた友人は、タイの田舎町ということで、開発の遅れたところ、つまり、道路が舗装すらされておらず、人々が裸足で歩いている、そういう景色を想像してやってきたというが、その想像はちっとも当たらなかったと漏らした。
 とはいえ、オンラインで航空券を購入し、オンラインでゲストハウスを予約してやってきたのだ。タイの田舎町だからといって、そこが日本でいう昭和30年代のような時間に取り残されたままでいるということはないだろう。
 タイといえば、バンコクだけが群を抜いて、発展しているように思われがちである。もちろん、都市人口や経済といった指標からみればそれは妥当な考えではあろうが、それがバンコク以外の地域の生活水準が低いということにはならない。
 かくいう僕も、以前、タイ最北部のミャンマーとの国境にある町、メーサーイ(แม่สาย)に行った時、「『ミャンマーとの国境』にある町という言葉の響きから想像するよりもずっと都市的で、国境の近くにまでセブンイレブンがあったりするのには驚いた」といった感想を抱いたことがあるから、「タイの田舎は想像よりもずっと発展している」というのは、日本からの旅行者が抱きがちな誤解なのだと思う。

IMG_2721【2017.6.24】ランパーン空港

 ところでこのランパーン空港に出入りする路線バスはないようだったし、その時は、タクシーは一台も待機していなかった。
 公共交通機関が皆無である。

IMG_2723【2017.6.24】ランパーン市街

 しかし幸いなことに、空港は市街地にあって、予約しておいたゲストハウス「Baan KUM-ON」までの道のりは2.4kmほどで、30分ほどで歩けそうだから、歩いていくことにした。
 ちなみに空港から市の中心部までは2kmの道のりと、近い。

IMG_2725【2017.6.24】国道1号線

 途中、国道1号線を歩道橋で越えていく。

IMG_2726【2017.6.24】ランパーン市街

 少しずつ、日が沈んでいく。

IMG_2729【2017.6.24】夕日

 日が沈むと、野良犬たちが活動を始めるから、早いところ、ゲストハウスについてしまいたかった。

IMG_2731【2017.6.24】ランパーン市街

 ワン川(แม่น้ำวัง)というランパーンの中心部を流れる小さな川を渡っていく。
 結局、30分もかからないうちに、到着することができた。
 ランパーンでは市内を行き交うバスやソンテウは稀で、トゥクトゥクや流しのタクシーを見かけることはできない。公共交通は非常に乏しいとしかいいようがないが、コンパクトな町であるから、あれやこれやと交通手段で迷うくらいなら、歩いてしまった方がよさそうだ。