タラートガオ通り(ถนนตลาดเก่า, Talad Gao Rd.)へとやってくる。前の晩はナイトマーケットで賑わっていた通りだったが、その賑わいが信じられない位、午前中は静まり返っていた。

IMG_2812
【2017.6.25】タラートガオ通りにて

 強い陽射しが照りつける時間帯には、わざわざ外で活動しないのだろう。
 タイでは、夜の方が活気がある、そういうことがよくある。

IMG_2814【2017.6.25】タラートガオ通りにて

 雲一つない青空で、陽射しが容赦なく照りつける。

IMG_2815【2017.6.25】タラートガオ通りにて

 盆地にあってか、朝は涼しさが感じられても、昼には気温がひどく上がる。この日の予想最高気温は、37度だとか言っている。
 6月に入って、雨季のバンコクではもう、日中35度を超えるということはめったになかったから、僕にとっては久しぶりの猛暑だった。

IMG_2817【2017.6.25】タラートガオ通りにて

 通り沿いには古い、木造建築が並ぶ。

IMG_2818
【2017.6.25】タラートガオ通りにて

 ランパーンが、タイ北部からバンコクへとチーク材を運搬する中継地として栄えた20世紀初頭に建てられた木造建築が今もなお、残っている。

IMG_2819
【2017.6.25】タラートガオ通りにて

 そのうち、一つの建物がカフェとして開かれていた。 

IMG_2816【2017.6.25】タラートガオ通りにて

 建物は、Moung Ngwe Zinという。
 1杯100バーツ(約330円)ほどする冷たいコーヒーを飲みながら、建物の雰囲気を味わう。

IMG_2821【2017.6.25】コーヒー

 日本でいうポン菓子が、タイにもある。

IMG_2823【2017.6.25】裏庭

 建物の裏側には、芝生の庭がある。

IMG_2827【2017.6.25】カフェにて

 もともとこの建物は、ミャンマー人でバンコクで木材商を営んでいたMoung Ngwe Zinによって、チーク材を用いて1908年に建てられた建物だという。そのため、建物には伝統的なミャンマーの意匠が組み込まれている。

IMG_2825

 1908年に建てられて、1966年までは使われていたが、それから45年間は特に有効活用されていなかったという。今のように改修され、市民に公開されたのは2011年のことである。

IMG_2828
【2017.6.25】Moung Ngwe Zin

 19世紀初頭、ランパーンでの木材の交易においては、イギリスからやってきた商人が一定の役割を果たしていたという。
 イギリス人は、当時イギリスの植民地だったミャンマーの職人を連れて、ランパーンへとやってきたという。それが、この田舎町に、ミャンマー式の建物が存在する理由である。

IMG_2832【2017.6.25】Moung Ngwe Zin

 彼らの子孫は今もランパーンに住んでいるというが、同化して、今は、タイ人として暮らしているようである。

IMG_2834【2017.6.25】タラートガオ通りにて

 通り沿いのもっとたくさんの建物が文化財的価値を認められ、改修が進んでいけば、ランパーンの魅力はより増していくと思う。