タイの失業率はタイ全土で0.7%ほどにしかならず、労働力不足が深刻である。そのタイに、たくさんの国の人々が職を求めてやってきているが、中でも多いのが、ミャンマーからやってきた労働者だ。

IMG_3112
【2017.6.28】プラカノンにて

 タイ全土に正式に登録されたミャンマー人労働者は150万人、不法労働者をも含めると200万人以上がいるとも言われる。それらのミャンマー人が、「汚い、危険、きつい」のいわゆる3K業種についている。
 彼らミャンマー人は低賃金で働く。タイの低物価は、こういったミャンマー人によって担われている。彼らがいなかったら、タイの物価はもっと高かったはずだ。

IMG_3111【2017.6.28】プラカノン駅周辺にて

 それだけたくさんのミャンマー人がいるのだから、ミャンマー料理店も街中にたくさんありそうだが、意外なことに、わざわざ探さないと存在しない。
 その一つが、プラカノン(พระโขนง, Phra Khanong)駅の近くにある。 BTSプラカノン駅を降りて、BTSの高架沿いに南へと進んでいき、スクンビット71の通りを渡ったところに、古ぼけた市場がある。

IMG_3110【2017.6.28】古ぼけた市場

 このあたりは、ミャンマー人が多い。

IMG_3107【2017.6.28】古ぼけた市場にて

 中へ入ると、ミャンマー料理のお店や、ミャンマーの輸入食材店や雑貨店などがある。

IMG_3106【2017.6.28】ミャンマー料理

 そこで、ミャンマー料理を食べることにした。
 Google Mapで検索するならば「13°42'47.1"N 100°35'43.7"E」あるいは「13.713095, 100.595478」の緯度経度を入力して、検索すればよい。

IMG_3103【2017.6.28】ミャンマー料理

 路上には、ミャンマー料理が並ぶ。

IMG_3105【2017.6.28】ミャンマー料理

 ミャンマー語は分からないから、お互い、片言のタイ語で注文を取りあう。

IMG_3098【2017.6.28】食堂にて

 店内には、ミャンマー語の記されたポスターなどがかかっている。
 ミャンマーで撮影されたものと思われる家族写真なども飾られていて、何か「望郷の念」を感じさせる空間であった。

IMG_3099【2017.6.28】食堂にて

 注文したものが、テーブルへとやってくる。

IMG_3091【2017.6.28】ミャンマー料理

 たくさんの野菜があって、健康的に見える。

IMG_3095【2017.6.28】ミャンマー料理

 香辛料が控えめで、味付けも薄かった。東南アジアに、これほど、淡白な味の付け方をする国の料理があったのかと思う。例えば、韓国料理でテーブルを埋め尽くすように出てくる、バンチャン(반찬)と呼ばれるおかずの一つ一つに味が似ていると思う。
 米は、明らかに味がよくなかった。質の低いものを、使っているのだと思う。米の味にまで、お金をかける金銭的な余裕がないのだろうか。味よりは、腹いっぱい食べられることが重要なのだろうか。そう思うとなんだか、さびしい気がする。
 これだけたくさん食べて、50バーツと少しほどだったから、あまりにも安い。
 食事をしていると、その場にいたミャンマー人の客が僕たちに向かって「アニョハセヨ」と嬉しそう声をかけてくれた。おそらく、韓国人に見えたのだろう。ミャンマーでは韓国ドラマやK-POPの人気が高いというから、東アジア人の顔形をみると、韓国人と思いがちなのだろう。
 外国人のすがたは僕たちの他にはなかったが、デジタル一眼レフカメラを構えたタイ人たちがいた。タイ語のメニューすらない、タイで働くミャンマー人に向けたものと思われるこの食堂に、なぜ彼らがいたのかは分からないが、こういったものに興味を持つタイ人もいるようだった。