地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

カテゴリ:中国 > 湖北省

 武道山駅から西安へと向かう列車に乗る前に、腹ごしらえをする。武道山の駅前には、野菜をメインとした食堂がいくつかあるのだが、「野菜館」というストレートな名前の食堂がある。

IMG_4041
【2016.2.16】野菜館

 列車の発車まで小一時間ある。野菜炒めとご飯をたのむ。田舎の食堂が量をたくさん出すのは、日本も中国も同じなのかなあ(笑)

IMG_4038【2016.2.16】野菜炒め

 お腹にどんどん入れていく。

IMG_4037【2016.2.16】野菜炒め

 それにしても中国の野菜炒めは外れがない気がする。炒めたての野菜炒めだったら、どんな野菜でもたいていおいしい。ご飯と野菜炒めさえあれば、中国旅行は向かうところ敵無しじゃないか。

IMG_4040【2016.2.16】野菜炒め

 旅をしているとしばしば不足する、食物繊維やビタミンも十分に摂取ができる。
 お店の中は近所の人たちなのだろうか、おじさんたちが集まって集まって、何を注文することもなく談笑にふけっていてにぎやかな店内だった。

IMG_4042
【2016.2.16】武当山駅

 もともと無座の乗車券であったが、窓口で硬座のチケットに改簽(#0024.中国の鉄道は乗り遅れても大丈夫! - 改簽(改签))することに成功した。

武当山・西安

 K621列車に乗って、西安へと向かう。5時間23分に渡る旅で、午前0時7分に西安駅に到着する。湖北省武漢市の武昌駅を正午ころに出発し、深夜の日付が変わる頃に陝西省の省都・西安、それから甘粛省の省都・蘭州に翌朝8時ころ、そして青海省の省都・西寧に午前11時半に到着する列車だという。23時間半に及ぶ列車の旅のうちの5時間23分に参加するのである。

2016冬 湖北・陝西

 それにしても23時間半にもおよぶ快速列車とは、さすが大陸スケールである。

IMG_4043【2016.2.16】武当山駅

 車内は満員で、座席に座ってからは、身動きひとつできなかった。5時間23分だから、目を閉じればすぐだと思っていたけれども、車内の販売員があまりにもうるさくて、寝ることなんかできなかった。車両の端から端にまで聞こえるような大声で話すことがデフォルトになっている販売員、雑談をしても声が車両の端から端にまで響き渡る。10時を過ぎたころになると販売員が、ここに寝るからと座っていた何人かの乗客をどかして、毛布をもってきて座席に横たわりはじめた。その座席はもともと販売員用の座席で、販売員が仕事をしている間は座席のない乗客に座らせてやるというもののようだったから、乗客をどかすというのも仕方ないかなとは思っていたけれども、満員列車でひとりくつろぎ、iPhoneをいじったり、「Somewhere over the rainbow♪」とか音痴な歌声を披露したり、靴を脱いで、その汚いくさい靴下を乗客のみんなに見せつけていたのには、辟易した。iPhoneをいじるとき、検索語をわざわざ口に出すくせがあって、「新加坡(シンガポール)」とか「星巴克(スターバックス)」だとか大きな声で叫んでいたときはその口を塞いでやろうかと思ったものだったし、寝る、寝るといいながら、寝もせず、「西安駅に着いたよ!」と叫んだかと思いきや、実はまだ「西安'南'駅」だったりしたときなど、この非文明的な販売員、どうにかならないものか、もう中国鉄路なんか乗ってやるかと思っていたけれども、中国人の乗客はどう思っていたのか分からない。僕と同じように呆れていたのか、それとも、面白い愉快なお兄さんだと思っていたかもしれない。もし後者だったら中国人はたくましいと思う。
 ライトアップされた古塔などが見え始めて、ついに西安駅が近づいていることが分かったときは、本当に嬉しかった。ようやくここから解放される。身動きひとつできず、凝り固まってしまった体を動かすことができる。
 西安駅を降りると、空気が今までとは違うことを感じた。 辛い。辛いというのは香辛料の辛さのことをいうのではなく、乾燥していて鼻の奥や喉を刺激する冷たい空気の感覚をいいたいのだ。湖北省から陝西省にやってきたからだろうか。省が変わると、風土もガラリと変わるものらしい。
 もうすでに深夜の12時を過ぎていたが、駅前にはホテルの客引きがごまんといる。もう、西安陽光国際大酒店という西安駅からほど近いところにあるホテルを予約してあるのだ。分かった分かったといいながら、歩いていく。このホテル5つ星なのだが、閑散期には、ダブルルーム、ツインルームがそれぞれ日本円で5900円程度と、日本のビジネスホテルくらいの価格で泊まることができるのだ。さすが中国、物価が安い。朝早く起床し、武当山を登って降りてから、5時間以上列車に乗り、疲労困憊してしまった体。1日くらいいいホテルに泊まって、休ませてやろうじゃないか。チェックインしてからすぐシャワーを浴びて、大きな柔らかいベッドの上に大の字になって寝てしまった。



 太子坡でシャトルバスを乗り換える際、太子坡を見学することにした。山の中腹にあり、1412年から建設が始まった地区で、29もの建築物がある。

IMG_3995
【2016.2.16】太子坡にて

 圧巻ともいえるのがこの曲がりくねる、赤い塀の景色だ。

IMG_4004【2016.2.16】太子坡にて

  「九曲黄河墻」と呼ばれていて、全長71mに渡るという。高さは2.5mあり、厚さは1.5mあるというから、どうりでどっしりとした印象をうける。この景色は中国全土で有名で、映画などによく登場するという。

IMG_4006【2016.2.16】太子坡にて

 600年前に建てられた建築群がならぶ。

IMG_4010【2016.2.16】太子坡にて

 2月ではあるが、木々は青々としており、山中とはいえ比較的、温暖な地域であるようだ。

IMG_4018
【2016.2.16】太子坡にて

 南岩宮や金頂のような壮大さはさほど感じられないがが、その分、居心地のよさを感じる。

IMG_4016【2016.2.16】太子坡にて

 中国の情緒を味わうことができる。

IMG_4017【2016.2.16】太子坡にて

■太子坡景區
 入場料:無料
 開放時間:午前8時~午後5時 

----------

 さて、武当山観光を終えることにしよう。宿に戻り、預けておいた荷物を受け取り、下山する。

IMG_4023【2016.2.16】太子坡にて

 武当山の山中には茶畑が散在し、武当道茶が名産品となっている。これは、明朝や清朝への貢ぎ物にもなり、時の皇帝に愛されもしたという。麓にあるお土産屋さんで購入し、日本へと持ち帰るお土産とした。
 1泊ということで、駆け足での観光となってしまった。紫霄宮や瓊台を見学する時間はなかった。せめて2泊はしたかった。次は秋に紅葉でも見にこようと思う。何年後にはなるか分からないが…。

■武当山旅行記
#0148.武当山旅行記1 - 武当山へと入山する
#0149.武当山旅行記2 - ここは仙人の住む里か
#0150.武当山旅行記3 - 武当山で迎える朝
#0151.武当山旅行記4 - 南岩から金頂へと登っていく
#0152.武当山旅行記5 - 神秘の灰が降る金頂
#0153.武当山旅行記6 - 金頂で大吉を引く
#0154.武当山訪問記7 - 五行糕を食べてからロープウェイで下山する
#0155.武当山旅行記8 - 太子坡、そして下山



 頂上にある金殿を拝殿してから下へと降りていく。無事に金殿までたどりつくことができたという安堵感と、拝むべきものを拝んでしまったというなんともいえないさびしさを心に抱いて。旅行にはいつもこの種のさびしさがつきものだと思う。達成感はいつも、さびしさとともにあるのだ。

IMG_3948
【2016.2.16】金頂

 ちなみにこの城壁内は通称、紫禁城と呼ばれている。

IMG_3950【2016.2.16】金頂

 周囲1kmあるという。

IMG_3963【2016.2.16】金頂

 城壁の外に出て一息つく。それにしてもよくもこんな高いところに構造物を作ったものだなと改めて思う。
 「五行糕」というものが売られている。体が温まりそうだからと、蒸し器から出てくる蒸気につられて、ひとつ買う。

IMG_3960【2016.2.16】五行糕

 万物は木火土金水という5つの要素からなるという中国の五行説に基づく何かなんだろうけれども、それ以上のことはよくわからない。

IMG_3967【2016.2.16】五行糕

 もっちりとした餅の中にぽろぽろとした甘い餡が入っていて、なかなかおいしかった。もうひとつ食べたかったなあ。
 下から見上げると、天柱峰にはりつくように建物が建てられているようすが分かる。

IMG_3970【2016.2.16】金頂

 これから参拝しようというたくさんの参拝客を横に下山する道を進む。午後1時半頃だったが、係員は「ここから頂上まで約3時間かかります」と言っていたので、朝からの登ってきてよかったと思う。昼過ぎに到着していたら時間の関係上、頂上にたどりつくことなく下山しなくてはならなかったはずだ。

IMG_3973【2016.2.16】金頂

 帰りはロープウェイを利用し、瓊台まで降りることにした。そこからシャトルバスに乗り、太子坡経由で南岩に戻り、南岩の宿に預けておいた荷物を受け取ってから武当山観光を終えるのである。

武当山地図

 ロープウェイは片道80元(約1380円)だ。

ロープウェイ表

ロープウェイ裏

 ちなみに、金頂から瓊台までは歩いて移動することもできる。約3.1kmの道のりだが高低差が大きいので、登るにも降りるにも時間はかかると思う。

IMG_3981【2016.2.16】金頂

 ロープウェイに乗り込むと、速度が結構早くて、あっという間に金頂のすがたは見えなくなってしまった。頑張って登ってきたのに、帰りはずいぶんあっけない。さようなら。
 瓊台には、武当山でも最大規模の道観(道教寺院における修行の場)があるのだが、残念ながら時間の関係上、見学することはできなかった。そのままシャトルバスに乗り込み、太子坡へと向かう。 

■武当山旅行記
#0148.武当山旅行記1 - 武当山へと入山する
#0149.武当山旅行記2 - ここは仙人の住む里か
#0150.武当山旅行記3 - 武当山で迎える朝
#0151.武当山旅行記4 - 南岩から金頂へと登っていく
#0152.武当山旅行記5 - 神秘の灰が降る金頂
#0153.武当山旅行記6 - 金頂で大吉を引く
#0154.武当山訪問記7 - 五行糕を食べてからロープウェイで下山する
#0155.武当山旅行記8 - 太子坡、そして下山



↑このページのトップヘ