地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

カテゴリ:日本 > 奈良県

 本尊である、十一面観音立像を拝みに行く。

Office Lens 20160504-153321

 内部の写真撮影はできないため、境内にあった看板の写真を載せておく。まず入口で、左手に塗香(ずこう)を頂き、手を清める。ほんのりとシナモンの香りがする。それから、五色線を左手に巻いてもらう。

 この五色線は、仏の5つの知恵をあらわす白・赤・黄・青・黒の五色の糸をより合わせて腕輪を作りました。これを身につけることにより観音様とご縁が結ばれたというしるしになります。災いを除き、安心を与えるこの腕輪をお帰りになられた後も大事にお持ちください。

 という説明がある。それから、身長が181cmの男性だと、屈まないと通りぬけることのできない低い天井の廊下の先に、高さ10.18mにもなる木造の、精巧に作られた十一面観音立像が見えてくる。仏像はあまりにも高いので、見上げることしかできない。それから、お御足(おみあし)に触れて、お願いごとをする。「お御足」というと、丁寧にする接頭語が重複していて、それがどれだけ神々しく人々が思ってきたのかが伝わってくるような気がする。お願いごとは極めて平凡なもので、いい仕事が見つかりますように、いい人に巡りあえますようにと、頭の中で唱えた。とても気迫の溢れる仏像なので、これは何かご利益がある気がする。

IMG_7236【2016.5.4】五色線

 五色線はその日、シャワーを浴びるまで大切に巻いておいた。

IMG_7246【2016.5.4】長谷寺にて

 関西では、西国三十三箇所巡りが流行っているようで、朱印帳に朱印を求める人が行列を作っていた。

IMG_7247【2016.5.4】長谷寺にて

 長谷寺の境内を散策してみる。

IMG_7267【2016.5.4】長谷寺にて

 1954年に建てられたという、高さ31.39mになる、かわいらしい五重塔がある。

IMG_7269【2016.5.4】長谷寺にて

 躑躅の花と、新緑に包まれる境内。

IMG_7275
【2016.5.4】長谷寺にて

 午後5時と、閉山の時間が近づいてくる。

IMG_7283【2016.5.4】長谷寺にて

 一年分の新緑を満喫したと思う。

IMG_7285【2016.5.4】長谷寺にて

 本堂から降りていく。

IMG_7288【2016.5.4】長谷寺にて

 本堂が山の中腹に見える。

IMG_7300
【2016.5.4】長谷寺にて

 秋の、紅葉の季節もまたひときわ美しい姿を見せてくれそうだ。

IMG_7324
【2016.5.4】長谷寺にて

 牡丹を抽選で差し上げるというキャンペーンがあったので、住所と名前を書いて応募箱に入れておく。もし当選したら、長谷寺で引き渡しが行われるというのでまた、奈良県までやってこなくてはならないが、おそらく当たらないだろう。

IMG_7338【2016.5.4】喜與天満神社

 喜與天満神社に立ち寄っていく。

IMG_7335【2016.5.4】初瀬(はせ)の門前町

 初瀬の門前町が、谷という地形に寄り添って発達しているということが感じられる。過去から、こういう景色だったのだろう。
 五色線を巻いたまま、近鉄大阪線に乗り、大阪へと戻った。

■長谷寺
住所:奈良県桜井市初瀬731-1
近鉄大阪線長谷寺駅から徒歩15分
開放時間:午前8時半~午後5時(4月~9月)、午前9時~午後4時半(10月~3月)


<これまで>
#0274.奈良「長谷寺」訪問記1 - 長谷寺駅から長谷寺へ

 入山券と本尊である木造十一面観音立像の特別拝観券を購入する。

長谷寺・表

 それから、境内へと入る。

長谷寺・裏

 境内に入ると、登廊(のぼりろう)という本堂まで続く399段の階段を上ることになる。登廊では日の光が遮られるせいか、風の涼しさを感じる。五月というのはそういう季節だと思う。日の光を浴びていると暑いけれども、日の光が遮られれば涼しくなる。梅雨が過ぎ、真夏になれば、日の光の有無に関わらずひどく蒸し暑くなる。

IMG_7202【2016.5.4】登廊

 ちょうど牡丹の季節で、境内には牡丹が咲き誇っていた。

IMG_7206【2016.5.4】牡丹

 境内には、長谷寺が牡丹の花で有名であることについてこのようないわれがあるとの説明がある。

 「花の御寺」として名高い長谷寺の中で、とりわけ有名な牡丹にはある伝説が知られています。約千年前、中国の唐の国の時代に馬頭夫人(めずぶにん)という工期がいました。夫人はとても心の美しい人物でしたが、その名の通り、顔が長く、鼻が馬に似ていたため、容姿に悩んでいました。ある時、霊験あらたかな大和の長谷寺観音(十一面観音)のうわさを聞きつけた夫人が、海を越えた長谷寺に向かって、美人になることを祈願したところ、その願いが叶って絶世の美女に変身を遂げることができました。願いが叶った夫人は観音様に感謝し、お礼にもろもろの宝物を長谷寺に送り、それに数株の牡丹が添えられていたそうです。これが、長谷寺に咲く牡丹の始まりと言われています。

 馬頭夫人というのはなんとも豪快な名前である。ところでお寺だとか観音様というものは、ただそれがある方向に向かって祈願するだけでも、ご利益があるのだろうか。僕は日本にいながら、その方向を方位磁針で測って祈願することで、韓国や中国や台湾、それから東南アジアの仏教寺院のご利益を授かることができるのだろうか。東京にいながら、チベットにある寺院のご利益を授かることができるのだろうか。直接、参拝しなくてもよいのだろうか、疑問に思う。

IMG_7208【2016.5.4】長谷寺にて

 登廊にはたくさんの人がいたので、他の道から境内を目指すことにする。

IMG_7210【2016.5.4】長谷寺にて

 寫経殿がある。
 国宝である本堂が見えてくる。

IMG_7215【2016.5.4】長谷寺にて

 新緑が美しいと、たくさんの人が歓声を上げていた。

IMG_7221【2016.5.4】本堂

 本堂には舞台がある。

IMG_7222【2016.5.4】舞台

 そこから谷を覗き込むと、新緑が目に眩しい。

IMG_7228【2016.5.4】本堂からの景色

 長谷寺が、谷の奥まったところにあるということが分かる。
 谷下から風が吹き上げてきて心地がよい。

IMG_7254【2016.5.4】長谷寺本堂

 長谷寺では、新緑の五月を満喫できる。

IMG_7306【2016.5.4】擦り減った木材

 ふと、目をおろすと、たくさんの人が座ったためだろうか。本堂の木材が、お尻の形に擦り減っている。ここに座ってみる新緑の景色はたしかに、絶景である。こういうところに歴史というものを感じる。今の人も過去の人も、同じようにしてきたに違いない。
 鳥が啼いている。

IMG_7244【2016.5.4】長谷寺にて

 とても気持ちがよい、晩春の日だ。

<つづき> 
 #0276.奈良「長谷寺」訪問記3 - 観音様のお御足に触れる


 大阪上本町駅から近鉄電車に乗る。宇治山田行き急行電車は本日、長谷寺駅に臨時停車するという。
 桜井駅までは大阪の郊外という雰囲気が続くが、桜井駅を過ぎると少しずつ標高を上げ、山里へと入り、棚田などが見えるようになる。大阪上本町駅から約50分、いよいよ長谷寺駅に到着する。

IMG_7175
【2016.5.4】車窓

 電車を降りる。

IMG_7177【2016.5.4】長谷寺駅にて

 近鉄電車を見送る。

IMG_7179【2016.5.4】長谷寺駅

 長谷寺駅は、民家のような佇まいである。長谷寺駅は谷状になっている集落の南端にある。ここから長谷寺に行くには、一度、小さな谷を下りてから、北側の山の山麓へともう一度坂を上らなくてはならない。

IMG_7184【2016.5.4】長谷寺へ

 長谷寺駅から長谷寺までの道のりは、徒歩約15分の道のりだ。

IMG_7188【2016.5.4】長谷寺へ

 長谷寺の周辺には、門前町が発達している。連休とあってか、賑わっている。
 お茶、草餅、にゅうめん、柿の葉すし、そうめんふしなど、さまざまなおみやげが並ぶ。たくさんの人が列を為していたのは、抹茶ソフトクリームだった。

IMG_7193【2016.5.4】長谷寺へ

 平地の東京に住む僕にとって、晴天の日に山の緑に囲まれるという経験は、久しぶりだった。

IMG_7194【2016.5.4】長谷寺へ

 インドカレーの出店なんかがある。
 與喜天満神社の鳥居が見えて来たら、左側に曲がる。

IMG_7196【2016.5.4】長谷寺へ

 いよいよ長谷寺が見えてきた。

IMG_7198【2016.5.4】長谷寺へ

 ちなみに、長谷寺一帯の町名は、桜井市初瀬(はせ)となっている。漢字が異なる。

IMG_7200【2016.5.4】長谷寺

 長谷寺の入口に到着する。入口の仁王門はどうやら修復中のようだ。

<つづき> 
 #0275.奈良「長谷寺」訪問記2 - 風薫る五月
 #0276.奈良「長谷寺」訪問記3 - 観音様のお御足に触れる


↑このページのトップヘ