地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

カテゴリ:日本 > 京都府

 高速バスで京都から東京へと向かう前に、ひとっぷろ浴びに行く。京都駅周辺で探せばよかったのだが、「冷凍サウナ」という世にも不思議なものがあるというから、京福電鉄北野白梅町駅付近にある衣笠温泉にやってきた。温泉とはいうが、銭湯である。
 住宅街に4階建てのビルがある。これがまるごと、銭湯なのである。

IMG_7776
【2016.5.7】衣笠温泉

 構造はこうなっている。

 4階:小さな露天風呂
 3階:小さな檜風呂、冷凍サウナ(氷点下4度程度)
 2階:サウナ(100度程度)
 1階:深風呂、浅風呂、薬湯、電気風呂(強弱あり)、ジェット風呂、スクリュー風呂、水風呂
 半地下:人工ラドン泉

 脱衣室で服を脱いでから、半地下から4階まで裸で階段を上り下りすることになる。滑って転んでケガをしても、責任はとってくれない。

Office Lens 20160507-202027
【2016.5.7】衣笠温泉

 なんといっても特異なのは冷凍サウナで、これは絶対経験しなくてはならないのだが、奇数日が男子、偶数日が女子であること、そして定休日が金曜日であることには留意しなくてはならない。 
 さて、体を洗ってから1階の風呂を一通り楽しんでから、3階へと向かう。 二人程度しか入ることのできない檜風呂は誰もいなかったので、足を延ばしてゆっくりと浸かる。それからしばらくして、冷凍サウナへと向かう。体に付着したお湯と汗は絶対にふき取ってからご利用くださいとある。そうか、凍ってはよくないのだろうと思い、持っていたタオルでしっかりと拭く。それから、扉を開けようとする。中から、ごおーっという風の流れが聞こえる。冷凍庫の扉を開けるような、そういう気分になる。扉もひんやりと冷たい。おそるおそる中へと入る。おう、これは冷たい。人は誰もいない。氷点下4度だが、冷風機でごうっと凍てつく風を放つことで温度を維持しているためか、空気の流れが感じられて体感温度はもっと低い。サウナにいるのに、真冬、それも寒い朝に、身ぐるみを引きはがされて外にほっぽかれてしまったような、そういう感覚を覚える。全裸での外出という、やってはいけない何かをやっているような緊張感に似たものも覚える。これは、擬似露出体験ではないか。そういえば、儀式として、日本各地で、ふんどし一丁の男が真冬の海に入ったりをする「禊(みそぎ)」というのが行われるけれども、温度から来る感覚としては、今経験している感覚に似ているのかもしれない。これが、冷凍サウナに足を踏み入れてから10秒ほどの間に思ったことである。
 ふと髪を触ると、髪の毛が凍っている。サウナで髪が凍るとは…。壁の説明文には、この冷凍サウナが、医学的にも使用され効果を上げているショック法を倣ったもので、身体によい影響を与えうるとある。そして、「かつて体験したことない温度が身体をきゅっと引き締め、あなたを別世界へと誘います」というようなことが謳い文句がある。本当の別世界へ誘われてしまったら、それは大変なことである。通常のサウナで6分から7分の間、汗を流し、それから冷凍サウナで1分から2分の間、体を引き締めることを3回ほど繰り返すことがすすめられているので、従ってみることにする。余計な脂肪を燃焼する効果もあるらしいが、そうなのだろうか。冷凍サウナに1分ほどいると、まず、足の方がひどく冷えて感覚を失ってくる。耐えきれなくなって、檜風呂に戻り体を強制的に温めるのだが、全身の皮膚がなんとなくピリピリと痺れているのを感じる。一体、何の効果があるのだろう。
 冷凍サウナよりも気温が104度ほど高いサウナで汗を流し、また冷凍サウナに戻ってくる。芯を温かいまま外を凍らせることで、体の中にしっかりと熱を閉じ込めているような、そういう感覚を覚えるようになり、それが案外、気持ちよかったりする。
 最後、3回目に冷凍サウナに戻ってくると、地元の高校生が冷凍サウナの中で、髪を凍らせたり、水で湿らせたタオルを空中で振り、タオルを凍らせようと必死であったが、たしかに、そういうことをしたくなる冷凍サウナである。
 冷凍サウナ。これは、なかなかの別世界であった。みなさんにもおすすめしたい。せっかくこの地球上に、さまざまなことを経験できる人間として生まれてきたのだから、こういう経験はしておきたいものだと思う。
 ちょうど衣笠温泉のすぐ近くに市バスの等持院道バス停があり、21時32分の最終バスの京都行きに乗る。約40分で京都駅に到着する。そして京都駅周辺から高速バスに乗車し、東京へと帰る。

■衣笠温泉
 住所:京都府京都市北区大将軍一条町50
 「等持院道」バス停からすぐ、「大将軍」バス停、京福電鉄北野白梅町駅、等持院駅などから徒歩
 営業時間:午後2時~午前1時
 定休日:金曜日 


 夕方、一乗寺にやってくる。

IMG_7760
【2016.5.7】一乗寺駅

 一乗寺は拉麵の激戦区で有名で、有名ラーメン店が立ち並ぶ。東京でも有名な「天下一品」の総本店、ソウルに店舗を持っている「豚人(ぶたんちゅ)」など、日本で有名なラーメン店、あるいは世界に進出しているラーメン店の本店がここにある。
 濃厚なこってりとしたラーメンが多く、街中が豚骨の匂いといえば大げさだが、それでも街を歩いていると、時々、豚骨の臭いが鼻をよぎる。営業時間はだいたいランチタイムと、それから準備時間をはさみ、午後6時からのディナータイムになるのだが、準備中でお店の扉がしまっている夕方5時頃に街を歩いても厨房で仕込んでいるであろうと思われる豚骨の匂いが、街へと漏れ出てきていて、それを時折鼻のあたりにぷーんと感じる、そんな街だ。

IMG_7754【2016.5.7】一乗寺

 ここから自転車で行くことのできる距離に、京都大学など大学があって、学生の人口が多い地域である。だから、こういう脂っぽいというか、がっつり系というか、学生が好みそうな飲食店が集中したのだろうと思う。ラーメンの他にもカレーを提供するインド・ネパール料理店も多いように思う。
 一乗寺初挑戦の僕がやってきたのは、「ラーメン荘 夢を語れ」であった。ただ、店の名前が印象的だったから、ツイッターでたまたま目にしてから、なんとなく気になっていたのだ。

IMG_7773【2016.5.7】ラーメン荘夢を語れ

 そのインパクトに驚く。

IMG_7769【2016.5.7】ラーメン

 でっかい豚肉、盛りだくさんのもやしににんにく。ああ、夢があるような気がする。こういうものをぼんと出されると、自分の夢について腹を割って語ろうという気分になれるような気がする。
 もやしをかき分けていくと、やっと太い麺がすがたを現した。

IMG_7772【2016.5.7】ラーメン

 ただ僕が、この種のこってりとしたラーメンが得意かと言えば、そうではないのだ。これは、人を選ぶと思う。ただ僕は、その哲学が面白かった。「夢を語れ」と言いながら、このようなラーメンをどんっと目の前に置くことが。
 ところで僕には、何か語れる夢があるのだろうか。心をしっかりもって生きていきたい、いい人と巡り会いたい、僕が大切だと思っている人たちとこれからもいい関係を築いていきたいだとかそういう「願い」はあるのだけれども、それらは何か「夢」という壮大な言葉には釣り合わない、希望事項でしかないような気がして、おそらく語れないと思う。ああ、軸線が定まらない生き方をしている。語れる夢が欲しい。そうすれば、腰を据えて生きて行けるのではないか。
 ちなみにラーメン荘、他にも、「夢を語れ」、「地球規模で考えろ」、「歴史を刻め」、「その先にあるもの」、「おもしろい方へ」、「これが好きだから」などの姉妹店があるようで、とても気になる店名なのである。


 上賀茂神社に行った。京都市内の世界遺産のうち行ったところのないところを行ってみようということで、行ってみることにした。

IMG_7740

【2016.5.7】上賀茂神社にて

 2015年に式年遷宮(しきねんせんぐう)といって、神様の住まいである本殿を20年に1度、改修することが行われたばかりである。(もともとは、建て直しをしていたが、近年は資金や文化財保護の観点から改修をすることで式年遷宮としている。)
 ちょうど、普段は公開されない国宝の権殿と本殿の特別拝観期間であったため、拝観することにした。

上賀茂神社表

 800円の料金を支払って中に入る。

上賀茂神社裏

 内部は写真撮影なども一切禁じられている。宮司さんの説明を聞いてから、御祓いを受け、それから中へと入る。
 式年遷宮の仕組みや、上賀茂神社の本殿が全国の神社の本殿様式としてもっとも多い「流造(ながれづくり)」の建築物の典型であることから国宝に指定されていることなどを説明された。
その宮司の説明の中で僕のこころに引っかかったのはその場所が、「日本の国土と国民の安寧を祈る場所」であると説明したときであった。この時、日本の外の安寧や、非日本国民、つまり外国人の安寧はどう考えられているのだろう。韓国に住んだことがあり、韓国人の友人もたくさんいる僕にとって、住んでいる国や国籍を基準に人を区別し、ある人は守られていて、ある人は守られていないというものの考え方が、ぎこちないというか、しっくりこないというか、気持ちが穏やかではないのである。世界と、世界の人々の安寧を祈る場所だとどうして言えないのだろうか。ここに、僕が神社というものをあまり好きになれない理由があるように思う。普遍的な人類愛を説く、仏教などの世界的宗教の寺院の方が、僕の心にはしっくりくる。
 いったい宮司さんはこのことについてどう考えているのだろうか。質問はしたかったがしなかった。
 同じ境内に、二葉姫稲荷神社というのがある。

IMG_7724
【2016.5.7】二葉姫稲荷神社

 小さな山、あるいは丘を登る。「京都を一望できる」と書いてあったが、そう、大それたものではないが、心地はよい。

IMG_7725【2016.5.7】二葉姫稲荷神社にて

 樹の根の間に、何か特別なものが宿っているようだ。

IMG_7738【2016.5.7】二葉姫稲荷神社にて

 大した高さではなく1, 2分ほど上に着くことができるが、丘を下りる時、人にすれ違うに、頂上までは遠いですかとたずねられた。

IMG_7743【2016.5.7】上賀茂神社にて

 天気は少しずつよくなっていって時折、青空も見えるようになったが、宮司さんの「日本の国土と国民の安寧を祈る場所」という言葉に対するもやもやは晴れることはなかった。


↑このページのトップヘ