地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

カテゴリ: ラオス

 ついに旅行は終わる。
 夜明け頃、ルアンパバーンを、空港に向けて出発する。

IMG_8468
【2017.12.19】ルアンパバーンにて

 気温は8度まで下がっている。寒くて、たまらない。

IMG_8476【2017.12.19】ルアンパバーンにて

 これから向かうバンコクもまた、気温が低く、16℃などと出ている。ちょうど東アジアの低緯度地域からインドシナ半島にかけて、強烈な寒波がやってきているところであった。
 ちなみに、ルアンパバーンではこの次の日、さらにその次の日は朝の気温が5度まで下がったそうだ。ルアンパバーンには暖房設備というものはないから、相当、寒かったはずだ。

IMG_8480【2017.12.19】ルアンパバーン空港にて

 ルアンパバーン空港は規模の小さい空港であり、国際線でさえも離陸の30分前までにつけば問題なく搭乗できる。国内線ターミナルと国際線ターミナルの区別はなく、待合室では、国内線の乗客と、国際線の乗客が混じる。
 飛行機は午前7時20分に離陸する予定だったが乗客が少なく、すぐに離陸準備が整ってしまったために、定刻より少し早めに離陸した。

IMG_8487【2017.12.19】機内にて

 午前7時20分をルアンパバーンを離陸するというのは、ルアンパバーンの住民がバンコクに行くならともかく、旅行客には使い勝手が悪い。乗客は、西洋人の旅行客と僕の合わせて、20人に満たないほどだった。
 バンコクへと帰る便には、友人が客室乗務員として搭乗していた。乗客が少ないため、仕事はさっさとすんでしまい、ただ、僕と雑談をするだけだった。ルアンパバーンからバンコクに行く便は、もっと時間帯のよいエアアジアなどに乗客を奪われているという。ただ、この便の折り返しの便は、バンコクを9時55分に出発する便となるため、旅行客にとって利用しやすい便となり、乗客は多くなるという。したがって、彼も忙しくなるそうだ。
 プロペラ機であるため速度はおそく、ルアンパバーンからバンコクまで2時間ほどを要する。

IMG_8489【2017.12.19】機内にて

 機内食のボックスにはラオス航空の就航地が書いてあったが、点線で結ばれていて、福岡や関西、それから成田へと就航する予定になっている。
 機内で到着地バンコクの気温が摂氏19℃であるという放送が流れる。客室乗務員はその低さに、驚いているようだった。

IMG_8492【2017.12.19】機内にて

 さて、バンコクが見えてきた。

IMG_8495【2017.12.19】機内にて

 さすが、大都会である。

IMG_8497【2017.12.19】機内にて

 客室乗務員の友人に別れを告げて、飛行機を降りる。バンコクらしくない涼しさに驚く。

IMG_8498【2017.12.19】スワンナプーム空港にて

 気温は本当に、19度だった。
 この日は昼になっても、天気がよく晴れているにもかかわらず、21度くらいにしかならず、記録的な涼しさだった。そのため一日中、バンコクに戻って来たという実感がなく、まだなおラオスにいるようだった。


 ルアンパバーンでラオス式焼肉を食べる。やってきたのは、「Dyen Sabai Restaurant」だ。

IMG_8440
【2017.12.18】Dyen Sabai Restaurant

 まず、ルアンパバーンサラダを注文する。

IMG_8464
【2017.12.18】ルアンパバーンサラダ

 二日前にノンキャウで食べたノンキャウサラダと、同じようなものが出てきた。一体何が「ルアンパバーン」たらしめているのかは、ルアンパバーン出身の友人も分からないという。
 さて、肉がやってくる。

IMG_8451【2017.12.18】肉

 肉を、専用の鍋の上で焼くのである。

IMG_8452【2017.12.18】肉

 鍋の中央の盛り上がった部分で肉を焼く。

IMG_8455【2017.12.18】焼肉

 それから周囲の部分で、しゃぶしゃぶも楽しめる。これは、タイのムーガタのシステムと変わらない。

参考 : #0397.たった160バーツで大満足!タイの焼肉食べ放題「ムーガタ(หมูกระทะ)」
   : #0954.バンコク都心でたった139バーツの焼肉食べ放題!

 それを、もち米を食べる。
 
IMG_8449
【2017.12.18】もち米

 主食がもち米であるところは、なんともラオスらしい。お腹いっぱい食べて、一人、10ドル前後であった。
 寒い夜だったから、体がよく温まった。こういったタイプの焼肉はバンコクでもよく食べてはいるが、冷えこむルアンパバーンで食べるのはまた、一味違って、よかった。

IMG_8465【2017.12.18】

■Dyen Sabai Restaurant
 住所 : Ban Phan Louang, PO Box 805, Luang Prabang 06000 Laos
 位置 : 19°53'33"N 102°08'26"E
 営業時間 : 午後11時30分まで

----------

 それからルアンパバーンのナイトマーケットに行きリュックサック、ボストンバッグ、クッションカバー、ベッドカバー、筆箱、手織りの布などのラオス雑貨を2万円ほど買い上げた。ルアンパバーンのナイトマーケットは質のよい雑貨が多く本当に、満足度が高い。
 参考 :  #0726.ルアンパバーンのナイトマーケットでショッピング


 ノンキャウのバスターミナルで、ルアンパバーン行きのバスに乗る。

IMG_8407
【2017.12.18】ノンキャウにて

 ルアンパバーン北バスターミナルまでは40000kip(約530円)で、所要時間は4時間ほどだ。

IMG_8408【2017.12.18】ノンキャウにて

 ルアンパバーン行きのバスの時刻表は以下の通りになっている。

 ルアンパバーン北バスターミナル行き(40000kip)
 9:00, 11:00, 12:30

 ルアンパバーン南バスターミナル行き(50000kip)
 13:30

IMG_8409【2017.12.18】ノンキャウバスターミナルにて

 バスに乗りこむ。

NongkhiawLPQ

 ほとんどが西洋人観光客だったが、生きた鶏を袋に入れてバスに持ちこんできた現地のおばあさんなども乗せ、バスは発車した。その生きた鶏の入った袋には少なくない観光客が驚いていたが、僕はこういう旅に慣れてしまったのか、何も驚かなかった。

----------

 中国の企業によって、オウ川に水力発電所が建造されている。

IMG_8412【2017.12.18】水力発電所

 ラオスは「東南アジアのバッテリー」などと呼ばれ、ラオス国内の消費電力のほとんどを水力発電でまかない、さらにタイなどの近隣諸国に売電をおこなうほどの発電能力を持つ。電力はすでにラオスの主要輸出品目であるが、さらに輸出の増加をもくろんでいるようである。

IMG_8416【2017.12.18】車窓

 バスは、沿道の人々を拾ったり、沿道の人々から荷物を預かったり、また、に荷物を届けたりするために、しばらく停車したりしながら、ちんたらとルアンパバーンへと向かっていった。

IMG_8417
【2017.12.18】車窓

 時々、ラオスの山々を見下ろす絶景を眺めることができる。

IMG_8418【2017.12.18】車窓

 バスは大体4時間ほどして、ルアンパバーンに到着した。

IMG_8421【2017.12.18】ルアンパバーン北バスターミナル

 午前11時に出発したからもう、午後3時になっていた。沿道の人を待ったり、荷物を受け取ったり届けたりするための長い停車がなければ3時間半もかからなかったと思う。ムアンゴイを午前9時半に出発してから、5時間半がかかった。
 
IMG_8437【2017.12.18】カフェ

 ルアンパバーンに住むラオス人の友人と、カフェで遅いランチをとった。

IMG_8423【2017.12.18】カフェにて

 さすがルアンパバーンはラオス北部の中心的都市で、何でもある。ノンキャウやムアンゴイからやってくると、大都会に感じられる。

IMG_8428【2017.12.18】カフェにて

 食後に、マンゴースムージーを飲む。

IMG_8430【2017.12.18】カフェにて

 少しずつ、日が傾いてきた。

IMG_8434【2017.12.18】カフェにて

 宿にチェックインして、しばらく、移動の疲れをとることにした。


↑このページのトップヘ