地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

カテゴリ:日本 > 沖縄県

 南大東島のスーパーで買った、弁当を食べる。

IMG_6975
【2017.2.13】お弁当

 生産者に「ふじ食堂」とある。
 前の日に、大東そばと大東寿司のセットを食べた食堂ではないか。(#0845.大東そばと大東寿司と南大東島の歴史)
 結局、前日とは違うものを食べようと思っていたものが、違うには違うが、同じ食堂のものを食べていたということになった。人口1300人ほどの島であるから、そういうことは起こりうるだろう。

IMG_6978【2017.2.13】お弁当

 たくさんの惣菜が、ぎっしりと詰まっている。さとうきび畑での肉体労働には、こういうお弁当がありがたがられそうだ。
 思いがけず、お弁当によってもこの島の小ささを実感してしまったわけだが、この島の小ささを教えてくれるエピソードはこのお弁当だけでもない。島民の話によれば、「恋愛」もまた、全島民の監視下にあるからなかなか自由にできないという。例えば、男の人が、未婚の女性を車に乗せて、島内を走るとする。それは誰かによって目撃され、すぐに噂として広められてしまう。当の二人が付き合っていなくても、「あいつら、付き合っているみたい」と既成事実として広められてしまう。そして周りの圧力によって、いつの間にか、本当の交際がスタートしている。しかし、そういう形で始まった交際、それから結婚は必ずしも長続きしないようで、南大東島では離婚というのが、島民の認識である。しかし、離婚したからといって、お互いが南大東島に住んでいる限り、完全に別れることはできない。それがいやで、那覇へと逃げてしまう女性もいるようだ。

IMG_6989【2017.2.13】南大東島

 また、南大東島の名物のひとつに、羊羹がある。これもまた、八丈系の移民によって持ち込まれたものだ。現在、南大東島はいくつかのお店で作られているようだが、島民、みな好みが違って、あれはおいしいだとか、あれはまずいといった考えを各自持っているようである。しかし、これは家族を除いて、公言することはできないようだ。特定の羊羹をまずいといってしまえば、それを作っている一家のことを嫌いだというメッセージとしてこれもまた、すぐに島中に広められてしまう可能性があるからである。
 それが、人口が東京の1万分の1に満たない、南大東島の状況なのだ(笑)


 砂浜のない、南大東島ではあるが、だからといって海水浴ができるところがないというわけではない。

IMG_6929
【2017.2.13】海軍棒にて

 海軍棒へとやってくる。

IMG_6930【2017.2.13】海軍棒にて

 崖を切り開いて作られた、急な坂を下りた先にある。

IMG_6931【2017.2.13】海軍棒にて

 それは、岩をくりぬいて作られた天然のプールだ。

IMG_6935【2017.2.13】海軍棒

 2月であり、海水浴には寒いが、足を浸すにはちょうどよかった。

IMG_6940【2017.2.13】海軍棒にて

 絶海の孤島のふちの、太平洋へとつきでている天然のプールには、時折、大きな波が入ってくる。なかなか、ワイルドだ。なお、このプールは、満潮時には水没してしまう。

IMG_6941【2017.2.13】海軍棒プール
 
 水平線を眺めることができる。

IMG_6945【2017.2.13】海軍棒

 北大東島を除いて周囲300km以内に陸地がない、南大東島。そういう立地に思いをはせていると、景色は美しいけれども、なんだか寂しくなってくる。

IMG_6947【2017.2.13】海軍棒プール

 海水浴のシーズンにやってくれば、ここも人で賑わっているのだろうか。

IMG_6955【2017.2.13】海軍棒にて

 周囲は、岩で囲まれている。

IMG_6957【2017.2.13】海軍棒

 岩を、のぼってみることを考える。

IMG_6961【2017.2.13】海軍棒にて

 結構、高いところまでのぼってくることができる。

IMG_6962【2017.2.13】海軍棒にて

 上の方に棒がある。
 あれが、「海軍棒」という地名の由来である。1892年に大日本帝国海軍がこの島に訪れた時に、測量用に建てていった棒だそうだ。(なお現在ある棒は、当時のものではなく、復元である)

IMG_6967【2017.2.13】海軍棒にて

 その棒に近づいていこうと思ったが、植物に阻まれて、近づくことができなかった。

IMG_6969【2017.2.13】海軍棒にて

 しばらく崖の上で、海をながめる。
 それから、崖をおりていくが、崖はのぼるよりも、おりる方が大変だ。足元に気を付けながら、ゆっくりと降りていった。


 南大東空港へと向かう。

IMG_6868
【2017.2.13】南大東空港へと向かう道

 飛行機に乗るのではなく、見に来たのだ。

IMG_6875【2017.2.13】南大東空港にて

 ちょうど琉球エアコミューターの午前の便が、那覇からやってきて、これから那覇へと折り返すところだった。

IMG_6881【2017.2.13】南大東空港にて

 プロペラ機は、滑走路で待機をしていた。

IMG_6890【2017.2.13】ハイビスカス

 南大東空港は、屋上に上がって、飛行機を眺めることができる。

IMG_6893【2017.2.13】屋上

 日本全国に85の、旅客を扱っている空港があるが、南大東空港の乗降客数は2016年度に45719人で全国73番目と小さな空港ではある。1日あたりの乗降客数は125人ほどではあるが、南大東島の人口が1300人であることを考慮すると、人口の約11分の1から約10分の1にあたる人員となり、これは決して少ないとは言えないだろう。

IMG_6896【2017.2.13】南大東空港にて

 乗客を積んでいる最中だった。

IMG_6898【2017.2.13】南大東空港にて

 展望台からは海が見える。
 乗客を乗せ終えてしばらくすると、プロベラが回り始めた。

IMG_6906【2017.2.13】南大東空港にて

 プロペラのぶんぶんという音が、旅情を誘う。
 いつまでも見ていたい、そういう景色だった。

IMG_6909【2017.2.13】南大東空港にて

 まず、滑走路の端と向かう。

IMG_6914【2017.2.13】南大東空港にて

 滑走路の端で、方向をくるりと変える。

IMG_6919【2017.2.13】南大東空港にて

 そこから、助走を始める。

IMG_6920【2017.2.13】南大東空港にて

 滑走路の半ばより手前で、浮上を始める。

IMG_6921【2017.2.13】南大東空港にて

 南大東空港から、那覇へと向かう。

IMG_6922【2017.2.13】南大東空港にて

 空へとのぼっていく。
 島の上空でしばらく旋回しながら上昇し、那覇へと舵を切った。

IMG_6925【2017.2.13】南大東空港にて

 やはり、飛行機を見ているのは楽しい。
 乗客はもう家族の迎えの車か、自家用車に乗って帰ってしまった。観光客は、宿からの迎えの車でもう空港を去ってしまった。飛行機から下ろした積み荷は島の人によって運ばれて、それもなくなってしまった。また、静かな空港に戻ってしまった。

IMG_6927【2017.2.13】南大東空港にて

 空港の駐車場にはたくさんの車が停められているけれども、島の人は車をみれば、それが誰の車か、どの家族の車であるかということを分かっているという。つまり、誰が今、島の外にいるのかということは、南大東空港の駐車場にやってくれば分かることなのだという話は、興味深い。


↑このページのトップヘ