地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

カテゴリ:日本 > 沖縄県

 2016年に古代ローマ帝国の銅貨が日本国内で初めて出土したという、沖縄県うるま市にある勝連城跡へと、那覇市首里から自転車で向かうことにした。
 片道26kmほどの道のりだ。

IMG_6193
【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 那覇市から西原町、宜野湾市、中城村、北中城村、沖縄市を通り、うるま市へと至る。

IMG_6194【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 25.8kmであれば簡単に到着できると思っていたが、全くそうではなかった。

IMG_6196【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 とにかく、高低差が大きい。

IMG_6198【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 首里は標高120mほどであるが、それから標高70mほどの地点まで下り、それからまた標高140mほどの地点まで上り、そこから、海沿いへ向かって標高0m地帯へと下っていく。それから最後にまた、勝連城へと向かて丘を上る、そういうルートだった。

IMG_6200【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 それでも、やや風が吹いていることが気になったが、日差しは強くなかったし、気温は低くも高くもなくちょうどよかった。

IMG_6203【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 それにしても高低差が激しいから、思うように進むことができない。

IMG_6207【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 墓地の中を通っていく。

IMG_6208【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 沖縄は、墓の形が本州とは全く異なる。
 同じ沖縄の中でも例えば、沖縄本島と八重山諸島では異なるし、八重山諸島の中でも島ごとに異なったりする。

IMG_6210【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 いくら自転車を漕いでも、ある程度の、人口密集地帯が続く。

IMG_6213【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 長距離を走るには向いていないレンタサイクルの自転車であったから、来た道を帰らなくてはならないと思うと、少しずつ気が重くなっていった。

IMG_6215
【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 レンタサイクル屋の主人には「勝連城へと行く」だなんて正直に言ったら驚かれるだろうし、止められそうだったから、自転車を借りる時は、首里の周辺で1日を過ごすと言っておいて出発した道だ。

IMG_6218【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 それから、丘陵地を降りていった。

IMG_6221【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 海抜の低いところまでやって来ると、マングローブ林が見える。

IMG_6225【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 出発してから2時間ほどして、うるま市内に入るころには、雲が少しずつひいてきた。

IMG_6228【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 日の光がさすと、やや暑さがある。

IMG_6233【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 平坦な道が続いていた。

IMG_6234【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 その平坦な道の向こうに、丘が見える。

IMG_6238【2017.2.10】勝連城跡へと向かう

 あの丘の上の見晴らしのいいところが、勝連城であるようだ。
 途中、知り合いからの電話着信もあったし、コンビニで休憩したりもしていたが、25.8kmの道のりになんだかんだいって3時間弱ほどの時間をかけてしまった。


 通訳業務でやってきた沖縄であったが、2月10日は仕事がなかったから、観光へと出かけた。
 沖縄を訪問するのがこれが3度目だった。日本にLCCというものが登場してから間もない2014年1月に那覇を訪問し、その次の2015年1月に那覇と石垣島を訪問した。今回は、2年ぶりの訪問となる。

IMG_6118
【2017.2.10】那覇市内にて

 思えば3回の訪問はいずれも、1月、2月と冬だった。

IMG_6121【2017.2.10】那覇市内にて

 冬の沖縄はどちらかといえば、曇り空だ。

IMG_6122【2017.2.10】那覇市内にて

 そして沖縄を、半袖姿で歩いてみたこともない。

IMG_6124【2017.2.10】那覇市内にて

 しかし、沖縄の曇り空は嫌いではない。
 曇り空であっても、それなりの表情があるからだ。

IMG_6125【2017.2.10】那覇市内にて

 ゆいレールに乗って、首里へと向かう。

IMG_6161【2017.2.10】那覇市内にて

 スーパーで、朝食を買う。

IMG_6166【2017.2.10】海老天丼

 まずは、350円で買った海老天丼を店内の電子レンジで温めて食べる。

IMG_6168【2017.2.10】海老天丼

 沖縄ではこれが、海老天丼なのだ。

IMG_6173【2017.2.10】海老天丼

 ご飯にのっかっているものは果たして、えび天なのだろうか。沖縄の天ぷらは衣が分厚い。いやむしろ、衣を食べるために作られている、沖縄の人々は、炭水化物が好きなのだと思う。

IMG_6181【2017.2.10】首里にて

 あまり海老が主役とはいえない海老天丼をおいしく平らげる。
 これで350円なら、安いと思う。それから、「チンビン」を食べる。

IMG_6183【2017.2.10】チンビン

 チンビンは漢字で、「煎餅」と書く。うちなーぐち(沖縄の言葉)でこれを、「チンビン」と読む。そういえば中国語で「煎餅」は「チェンビン(jianbing)」となるから、中国語に似ている。

IMG_6186【2017.2.10】ちんびん

 黒糖の入っている、もちもちとしたクレープといった感じだ。
 沖縄の食べ物は面白い。ちんびんのように、沖縄以外の地域ではその名前すら耳にすることのできない食べ物がたくさんあるし、 海老天丼のように沖縄以外にも同じ名前のものはあるとはいえ、沖縄ではすがたかたちを変えていて、全く別の食べ物になっているものがたくさんあって、興味をそそられるものが多い。


 鹿児島県庁からは、桜島がみえる。

IMG_6059
【2017.2.7】桜島

 鹿児島県庁の入口には、こんな表示がある。

IMG_6060【2017.2.7】鹿児島県庁にて

 灰を落としてから
 お入りください

 これを鹿児島弁で、

 へをひっちゃかしてから
 はいっちゃったもんせ

 というそうだ。いかにも鹿児島らしい。
 この日は、噴火も降灰もなかった。10年前に高校の修学旅行で鹿児島にやってきた時もそうだった。噴火している桜島、それから鹿児島市内での降灰を体験してみたかったけれども、その体験は前回も、今回も叶うことはなかった。火山灰が降るという気象現象を、僕はまだ生まれてから一度も体験したことが無いのだ。2回やってきた鹿児島ではあるがまだ、鹿児島というものをまともに経験したことがない。また、来たいと思う。
 そうこうしているうちに、鹿児島での滞在は、3日間で終了した。それから、通訳業務で沖縄へと移動することになる。鹿児島空港と、那覇空港の間には直行便がある。

IMG_6064【2017.2.7】鹿児島空港にて

 ソラシドエア(Solaseed Air)で鹿児島空港から、那覇空港へと向かう。 宮崎県宮崎市に拠点を置く航空会社で、初めて、利用する。ANAとのコードシェア便であったため、ANAのマイレージが321マイル加算された。
 午前5時半過ぎに離陸し、午後6時50分頃に着陸をする。 沖縄県から最も近い県がいくら、鹿児島県であるとはいえ、航空機で1時間20分もの時間を要する。やはり沖縄はとても、遠い。青森と札幌の間ですら、これほど遠くはないだろう。乗客はそれほど多くはなく、搭乗率は5割もなかったと思う。


↑このページのトップヘ