地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

カテゴリ:日本 > 東京都

 日本で運行されている国内線のうちLCCを自称するものは、Peach、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本の4社である。どの4社も、東京を発着する路線は全て成田空港を発着し、羽田空港を発着する国内線は運行していない。
 一方、羽田空港を発着する国内線は主に、JALやANAといったフルコストキャリアで占められるが、スカイマークといった、LCCを名乗っているわけではないが、だからといってフルコストキャリアでもないという中間価格帯とされるエアラインもある。

2017-05-07_00h40_32

 今まで、スカイマークを利用したことは無かったが、通訳業務で鹿児島県へと向かう際、初めてスカイマークを利用することとなった。羽田空港から鹿児島空港まで、たったの7990円の搭乗券だ。
 LCCであるジェットスタージャパンを利用して成田空港から鹿児島空港へ向かうとすると、インターネット上のクレジットカードによる決済では少なくとも6870円はかかる。スカイマークでは無料の20kgの受託手荷物は、ジェットスタージャパンでは1400円の料金が別途かかるから、これを含めると8270円になる。つまり、スカイマークは羽田空港発着である上に、LCCを自称する航空会社よりも低価格で利用することができる。

IMG_5981
【2017.2.5】羽田空港にて

 搭乗してみると、座席は、LCCのような狭さはない。
 あまり人を詰め込んではいない。

IMG_5982【2017.2.5】羽田空港にて

 スカイマークは2015年に破綻したが、経営が破綻した理由もうなずける。LCCよりも低価格であるにも関わらず、人を詰め込んでいないのだから、運賃収入も少ないだろう。

IMG_5984
【2017.2.5】東京湾上空にて

 LCCの国内線ではある英語の機内放送もない。全てが日本語のみで行われる。外国人旅行客をターゲットとしているようすもない。

IMG_5985【2017.2.5】横浜上空にて

 しかし、その会社が経営破綻してもしなくても、僕には関係がない。低価格でよいサービスを受けられるなら、よいに越したことは無い。これから、スカイマークも積極的に、搭乗していきたいと思う。

IMG_5986【2017.2.5】江ノ島付近

 キットカットの軽食が出てくる。

IMG_5990【2017.2.5】キットカット

 鹿児島付近にやってくると飛行機はひどく揺れた。飛行機は100回以上乗っているが、これほど揺れたのは5本の指には入る。(過去、最もひどかったのは、夏に大韓航空で金浦空港から羽田空港へと向かう便で複数の乗客の機内食がひっくり返って通路に散乱するほどの揺れを経験した時だった)

IMG_5993【2017.2.5】鹿児島県上空

 東京付近では冬の晴天だったが、鹿児島では雨が降っていた。

IMG_5996【2017.2.5】鹿児島県上空

 山と山の間を通りながら、鹿児島空港へと着陸する。

IMG_5999【2017.2.5】鹿児島空港にて

 高校2年生の時、修学旅行でやってきて以来、10年ぶりにやってくる鹿児島空港だったが、その面影は全く記憶に残っていなかった。

IMG_6000【2017.2.5】鹿児島空港にて

 気温は15度ほどあって、冬というよりは春だった。
 雨は土の匂いを含んでいて、東京に住む人間の感覚からしたら、2月上旬だとは思えなかった。


 友人と、ウイグル料理を食べにいく。
 1月に中国・広州のウイグル料理店でラグメンを食べたのに次いで、2017年、2度目のウイグル料理となった。

IMG_5980
【2017.2.3】シルクロード・タリム

 東京でウイグル料理を食べることのできるレストラン「シルクロード・タリム」は新宿にある。
 新宿区は、人口の約8分の1が外国人であり、日本の自治体としては外国人人口比率が1位ではある。ウイグル料理店の存在から示唆されるように、実にさまざまな国籍、民族の人々が共存しているのである。
 友人は、ウイグルには行ったこともなかったし、ウイグル料理を食べたこともなかった。しかし、彼はウズベキスタンへは行ったことがあったから、中央アジアの料理だから大体、想像がつくとは言った。

 僕 : 「たしかにウイグル料理も中央アジアの料理という範疇には含まれるだろうし、ウズベキスタンの料理との共通点は非常に多いけれども、ウイグルではウズベキスタンでは利用することのない箸でものを食べるし、ラグマンはコシが強くてまるで『讃岐うどん』のようだったりして、案外、想像しきれないものだと思う」
 (参考 : #0479.ウイグルのラグマンに衝撃を受ける)

 しかし、まるで「讃岐うどん」のようだという描写については、あまり飲みこんでくれなかった。中央アジアの料理が、「讃岐うどん」と似ているという発想が、あまりにも突飛すぎるらしい。

IMG_5960【2017.2.3】お通しと箸

 店内に入り、注文を済ますと、箸とお通しが出される。
 ワンドリンクは必ずオーダーしなくてはならない。ローズティーを初めてとしたお茶から、ビールなどの酒類までが揃う。いや、ちょっと待った、酒類?イスラム教を信仰しているウイグル人のレストランに、アルコール飲料が置かれているのか。
 今回は注文しなかったが、コース料理もある。
 
 2500円のコース→ウルムチコース
 3500円のコース→トルファンコース
 4500円のコース→カシュガルコース

 と名づけられている。新疆ウイグル自治区の自治区首府であるウルムチが最も格下であり、カシュガルが最も格上であるということは、何を伝えようとしているのか。
 まずは、羊の舌サラダが出てくる。

IMG_5961【2017.2.3】羊の舌サラダ

 これは以前のウイグル旅行では食べたことのないものだったが、案外、さっぱりとしていてなかなかおいしかった。
 羊肉の串焼きが出てくる。

IMG_5970【2017.2.3】シシカワプ

 その香辛料の香りも含めて、ウイグルで食べたものと変わりはなかった。
 それから、期待していたラグマンが出てくる。

IMG_5974【2017.2.3】ラグマン

 全て厨房で打たれた、手打ち麺である。とてもコシがあっておいしい。友人は「何これ、おいしい」と言う。まるで「讃岐うどん」という描写についても、ある程度、理解してくれたと思う。

 友人 : 「確かにこれは、食べてみないと分からないね」

 ラグマンがおいしかったから、もう一つ、食べてみることにした。
 次は、「あんかけ(具がのっかっていない)」のラグマンを食べることにした。麺は通常の麺と、きしめんのような幅広の麺を選択することができるから、きしめんのような幅広の麺を選択した。幅広の麺のラグマンは、カルギリク(葉城)で食べたことがある。
 (参考 : #0504.カルギリクの食堂のおもてなしに感激する)

IMG_5965【2017.2.3】タリム特上あんかけ麺(手打ち麺)

 あんを、麺の上にかけてから食べる。

IMG_5968【2017.2.3】タリム特上あんかけ麺(手打ち麺)

 店内はそこに食堂があったからなんとなく入った人たちというよりは、ウイグル料理をわざわざ食べに来ている人の方が多かったと思う。どのテーブルでも大体、ウイグルという地域に関する話をしていた。特に、隣のテーブルにいた、東大出身のサラリーマンだか官僚だか分からない若いグループが、トルコ語とウイグル語の語彙に関する話だとか、イスラム文化に関するマニアックな話を展開していたから、「我々は所詮、旅行先としてウイグルや、イスラム文化を消費しているだけに過ぎず、深く知ることはできていない」という妙な敗北感を感じたのだった(笑)
 ウイグルに旅行に行ったことがあるということを伝えると、喜んでくれた。出身をきいてはみたが、トルファンだったりと、僕の行ったカシュガルやヤルカンド、カルギリク、ホータン出身の人はそこにはいなかった。カルギリクという地名が、ウイグル語の発音からかけ離れているからなかなか伝わらなかったが、中国語で「葉城」と言ったところ、通じた。ウイグル旅行時、ウイグルでは中国語の話せない人が多かったというと、食堂で働いている人はみな読み書きが十分にできるという。
 ウイグル旅行について感想をきかれたので、「古来からの文化が守られているようだったし、料理はおいしく、人々も親切だったが、警察が多かったため、不便を感じることもあった」と言った。しかし、「警察」という言葉を発した瞬間、あからさまに表情を悪くした店員がいたことから、これについては言うべきではなかったと思った。それは、思い出したいものではなかったのだろう。

IMG_5979【2017.2.3】シルクロード・タリム外観

 それにしても、東京にいながら、新疆ウイグル自治区のものと変わらないウイグル料理を食べられるとは思わなかったから、大変、満足した。
 もしも、ウイグルと違うことがあるとしたら、それは、東京ではラグマンの食べ比べができないということであろうか。つまり、ウイグルでは各食堂が誇る、手打ちの麺の味と、かける餡の味がある。多様なラグマンを体験するということはやはり、新疆ウイグル自治区にまで行かないとできないであろう。

■シルクロード・タリム
 住所 : 東京都新宿区西新宿3-15−8
 営業時間 : 午後5時~午前0時(土日祝日は午後12時~午前0時)
 京王線「初台」駅徒歩7分, 大江戸線「都庁前」駅徒歩13分, 「新宿」駅徒歩13分など


 日本円を外貨に換える時は、特に米ドルとユーロを除いては、日本国内で換えるよりも海外で換えた方が条件がよい場合が多いと言われているが、日本国内でも、秋葉原にある「インターバンク」という両替所を利用した場合には、事情は異なる。

interbank1

各通貨の両替時の手数料
 米ドル - 0.58%
 ユーロ - 1.03%
 人民元 - 1.18%
 韓国ウォン - 1.75%
 香港ドル - 1.05%
 台湾ドル - 2.60%
 英ポンド - 1.25%
 加ドル - 1.36%
 豪ドル - 1.16%
 NZドル - 1.58%
 SGドル - 1.48%
 タイバーツ - 2.33%

 タイバーツと台湾ドルを除いては2%以内と、低く抑えられている。日本国内の外貨両替で、これだけ手数料が低いところは数えるほどしかないだろう。
 外国の格安両替所に相当するレートであり、1.6%以下のものについては、海外のJCBやVISAなどのクレジットカードを利用するよりも交換レートがよい。(日本発行のJCBカードやVISAカードを海外で利用する場合、海外店舗で決済した金額の1.6%を為替手数料として上乗せされた金額を日本円で請求される)
 インターバンクを利用するには、来店予約をしてから予約した時間に店舗へと出向けばよい。(店舗に訪問しなくとも、宅配を利用することで両替をすることもできるというが、今回は、来店予約をしてからの両替について紹介する)
 まず、ホームページ(http://www.interbank.co.jp/)の来店予約フォームを記入し、送信する。

interbank2

 来店希望日と来店希望時間を記入する際、営業時間が、
  平日 : 午前11時~午後8時
  土日祝日 : 正午~午後8時
 であることに気を付ける。
 フォームを埋めると、申請が完了したとのメールが来る。

interbank3

 しかしこの時点ではまだ、希望時間に両替ができるかは確定していない。店舗に外貨の在庫があるか分からないから、それが店舗にいる職員によって確認されると、予約を確約したとのメールが来る。

interbank4
 
 それから来店希望時間に合わせて、秋葉原の店舗(千代田区神田松永町7 ヤマリビル5階)へと出向く。イギリスへの渡航を前にしていたため、200ポンド(約28000円)ほどを両替しておいた。店舗は雑居ビルの一室であるが、きちんと営業をしているから、心配する必要はない。店舗では領収書にサインをしてから、外貨を受け取る。ロンドン・ヒースロー空港への到着時刻が午後11時過ぎを予定していたから、ロンドン到着後に両替をできるという確信がなかったため、日本で前もって両替をすることができて、とても助かった。
 この日は、両替をする3時間前に予約フォームから申請したが、両替をすることができた。今回は両替する金額があまり大きな金額ではなかったら、外貨の在庫が十分にあったものと思われるが、大きな金額を両替する場合には当日の予約では在庫を準備できず、両替できない可能性が考えられる。
 詳細は、インターバンクホームページ(http://www.interbank.co.jp/)を参照されたい。 


↑このページのトップヘ