地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

カテゴリ: タイ

 タイではいくつかの銀行口座を持っているが、まずサイアム商業銀行(SCB)に口座を一つ持っている。

svg

 なぜこの銀行の口座を開いたかといえば、家の近くにあるコンビニに設置されているATMがバンコク銀行のものとサイアム商業銀行のものであったからという、それくらいの理由でしかないが、バンコクの大手銀行のうちの一つで、王室系のものである。(その他の大手銀行は、華僑系のバンコク銀行、政府系のクルンタイ銀行、農業系のカシコーン銀行がある)
 普通預金口座を持っているが、金利が年0.5%である。

2017-08-27_17h36_19

 タイも低金利時代にあるが、それでも日本の大手銀行の普通預金の金利水準に比べると、500倍はある。(現在、日本の大手銀行の普通預金口座の金利は年0.001%ほどである)
 普通預金口座のうちでも、Jam-Tem Accountという、種別のことなる口座を開くと、預金のうち10万バーツ(約33万円)以上50万バーツ(約165万円)以下の範囲には0.75%の金利を、50万バーツ以上1000万バーツ(約3300万円)以下の範囲には1.5%の金利をもらうことができ、ある程度の預金をしておけば、金利を年1%以上にすることができる。
 定期預金は以下の通りで、

2017-08-27_17h37_24

 1年の定期預金なら、1.5%ほどの金利をもらうことができる。

----------

 現在、普通預金口座に8万バーツ(約27万円)ほど入っている。

SCB2
 
 スマートフォンのアプリを開くと、どれだけ金利がたまっている(Accrued Interest)か、確認することができる。
 ある日の時点では、「44.86バーツ」の金利がたまっていた。

SCB1

 あくる日には、45.95バーツと、1.09バーツ(約3.6円)、増えていた。
 つまり、毎日、3.6円もの金利がついているのが、目に見えるのである。これは、日本ではできない体験だ。微々たる金額ではある。タイで、1バーツでできることといえば、コンビニに置かれている体重計を一度利用するくらいだ。しかし、面白い。この金利は一年に2回、確定し、口座に現金として支給される。
 なお、サイアム商業銀行の金利はhttp://www.scb.co.th/en/about-scb/rates-and-feesで、確認できる。


 タイでの通信費は、月500バーツ(約1670円)だ。
 まず、SIMフリーのスマートフォンを用意し、dtacのSIMカードを開通する。この際、パスポートなどの身分証明書が必要となる。
 それから、dtacのアプリケーションをダウンロードし、プランを設定する。

dtac7

 アプリケーションはFacebookと連動させておくと、便利である。

dtac6

 連動させておかないと、SIMカードを挿入していなかったり、タイ国外にいてdtacの通信網に接続していない時に、アプリケーションにログインできなくなる可能性がある。

dtac5

 何の契約をしていなくても、64Kbpsのインターネットが無制限で利用ができるが、この通信速度でスマートフォンを利用するということは、非現実的である。
 そこで、Add-onを設定する。

dtac3

 いくつかのプランがあるが、現在、利用しているのは、4G通信の4Mbpsの30日無制限プランである。

dtac2

 月額500バーツ(約1670円)で、4G通信が無制限に利用できる。
 デザリングを利用できるため、携帯電話をWiFi代わりに利用できる。そのため、自宅では、別途のインターネット回線を契約していない。つまり、パソコンとスマートフォンを合わせて、通信費は月額500バーツですんでいる。
 4Mbpsというと、遅いように思われるが、youtubeの視聴などに、大きな支障はもたらなさない程度であり、十分、使用するに値する。

dtac4

 なお、10Mpbsの無制限の通信にすると、7日間で199バーツ(約660円)となり、4Mbpsの通信より割高になる。(現在のところ、10Mbpaの無制限通信に30日のプランは存在しない)
 一度、Add-onを設定すると、期限が切れる日ごとに自動更新される。30日プランを契約しているため、30日ごとに料金がひかれる。
 プリペイドであるため、定期的に、dtacのアカウントに料金を振り込んでおく必要がある。タイ国内発行の銀行のカードや、クレジットカードで簡単に入金ができるし、持っていなくてもセブンイレブンや、コンビニや駅構内にある専用の機器で簡単に入金を済ませることができる。

dtac1

 30日に500バーツのプランなら、3000バーツくらいを入金しておけば半年は入金をしなくても利用ができるから、プリペイドだからといって煩わしいということはないだろう。SIMカードの有効期限は、入金するたびに延長される。長い間、入金がないと、無効化されてしまうが、タイに住んでいる限りなら、半年以上、入金しないままほったらかしにしておくということはないだろうから、気にしないでよさそうだ。
 ちなみにこのプランでは通話は、1分間に0.69バーツ(約2.3円)で、電話をするたびに残金から引かれる。しかしタイでは、4Mpbsの通信速度なら不便ではないLINE電話を利用することも多いし、通話料金はあまりかかっていない。
 それにしても、タイは通信費が安い。


 タイで働いていて、給料をタイ・バーツで支給されている人は、タイ・バーツを日本円に替える必要性にせまられることがあるだろう。
 少額であれ、ある程度の金額であれ、両替にかかる手数料が最もかからないのは、タイ国内の両替商で両替することである。

----------

 一方、手数料はややかかるが、日本国内の国際キャッシュカード対応のATMで、タイの銀行発行のデビットカードを用いて、タイの銀行口座から日本円を引き出すこともできる。
 どれくらいの手数料がかかるのか、調査してみた。

■サイアム商業銀行(SCB)のデビットカード(MasterCard)を用いて、ファミリーマートのATMで3万円を引き出す

20170812Cirrus

 引き出すには、カードを入れて、暗証番号を入れればよい。国際キャッシュカード対応のATMであるため暗証番号は4桁、6桁等いずれの桁数でも入力することができる。
 3万円を引き出してからすぐに、インターネットバンキングでサイアム商業銀行の口座を確認したところ、

 9535.99バーツ

 が引き落とされていた。内訳は日本円30216円に該当する額としての9439.99バーツと、サイアム商業銀行側の手数料100バーツである。

■バンコク銀行のデビットカード(UnionPay, 銀聯カード)を用いて、セブンイレブンのATMで3万円を引き出す
20170812UNIONPAY DEBIT

 3万円を引き出してからすぐに、インターネットバンキングでバンコク銀行の口座を確認したところ、

 9482.46バーツ

 が引き落とされていた。内訳は日本円3000円に該当する額としての9382.46バーツと、バンコク銀行側の手数料100バーツである。

----------

 当日のレートは、1バーツ = 3.2885円であったことから、ファミリーマートでのサイアム商業銀行のデビットカードによる3万円の引き出しには31372円(9535.99バーツ)が、セブンイレブンでのバンコク銀行のデビットカードによる3万円の引き出しには31183円(9482.46バーツ)がかかってて、それぞれ、引き出し金額に対し4.6%、3.9%ほどの手数料が賦課されている。
 バンコク市内の両替商であれば、両替する全金額の0.5%ほどの手数料で両替することができるから、それと比較すると割高ではあるが、日本全国どこでもコンビニのあるところであれば、日本円を持ち合わせていなくても、タイの銀行で発行されたデビットカードを持っていれば、現金がなくなって困ることはないということは分かり、場面や状況によっては利用価値があると言えるだろう。


↑このページのトップヘ