地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

カテゴリ: タイ

 有給を利用し、11月11日から19日までを9連休とした。

11月11日 中国東方航空MU548便 1:55 バンコク(スワンナプーム) → 7:05 上海(浦東) 
11月11日 中国東方航空MU523便 9:10 上海(浦東) → 12:50 東京(成田)
11月15日 四川航空3U8086便 20:30 東京(成田) → 0:50 成都
12797バーツ(約44800円)

11月20日 タイ・ライオン・エアSL8051便 03:55 成都 → 5:50 バンコク(ドンムアン)
3993バーツ(約14000円)

 という航空券を購入して、連休の前半に一時帰国をし、連休の後半に四川省を旅行するという計画を立てた。
 11月20日は午前5時50分にバンコクに到着してから、その日に出勤するというタフなスケジュールであった。

-----------

 自宅周辺(プロンポン駅周辺)からスワンナプーム空港までタクシーを利用したが、ドライバーは高速道路の走行中にスマートフォンを利用するなど、危なっかしいものだった。遠回りをされたのか高速道路料金を含んで、390バーツ(約1365円)もかかってしまったし、不運だった。
 スワンナプーム空港はたくさんの旅行客で溢れていて、主に帰国する中国人観光客のせいで、チェックインを済ますのに50分もかかった。
 バンコクから上海までの区間は、中国東方航空傘下の上海航空によって運行される。機内は狭く、LCCと変わりがないが、機内食が配られるなどしてFSCとも変わりがない。

IMG_5882
【2017.11.11】中国東方航空

 バンコクからラオス上空、ベトナム上空を通過し、海南島上空、広州上空などを経由して、上海へと至る。

IMG_5883

 飛行時間は4時間と短いので、機内で睡眠をとるのは難しい。

IMG_5884【2017.11.11】機内にて

 夜が明けたころには、すでに、上海付近にさしかかっている。

IMG_5889【2017.11.11】上海郊外上空

 秋の水田が広がっている。

IMG_5891【2017.11.11】上海郊外上空

 タイにも季節がないわけではないが、明確な秋と言ったものはない。

IMG_5895【2017.11.11】上海郊外上空

 今年もどうやら「秋」を味わえそうで、よかった。

IMG_5898【2017.11.11】上海浦東空港にて

 上海浦東空港で乗り継ぎをする。
 トランジットカウンターで、トランジットの手続き(パスポートと搭乗券を提示の上、顔写真の撮影)を終え、荷物検査を済ませてから、成田へと向かう便を待つ。

IMG_5902【2017.11.11】上海浦東空港にて

 それにしても、寒い。
 風邪をひいてしまいそうだ。

IMG_5904【2017.11.11】上海浦東空港にて

 次に、東京(成田)へ向けて飛び立つ。飛行時間は2時間40分ほどにしかならない。

----------

 隣に、おばあさんたちのグループが座っていたのだが、見た目は日本人のおばあさんにしか見えないのにも関わらず、流暢な中国語で話す。日本に馴染んでしまった華僑であろうかと思いつつ、見ていると、おばあさんのうちの一人が僕に日本語で話しかけてきて、会話が始まった。

 おばあさん : 「あなた、日本で留学しているの?」

 どうやら僕のことを、日本で勉強をしている中国人留学生だと判断したらしい。

 僕 : 「いいえ。中国人ではなくて、日本人です。バンコクで働いていて、東京に一時帰国ところなんです」
 おばあさん : 「ははあ。外国で働いているんだね。私の息子も、今、北京で働いている。もう40を過ぎるが。いつも、日本に帰りたいと言っている。空気が悪いから」

 話をしていると、彼らは上海に観光旅行に訪れた、中国残留孤児だということが分かった。
 30年前に、息子や夫など家族を連れて日本に帰国したという。中国から日本に戻れば生活が楽になると思っていたが、決してそうではなかったという。言語の問題など、日本の生活に適応するのは決して楽ではなかった。また、家族を養うに十分なお金を稼ぐには、中華料理店を開き、年中無休で働くくらいしか方法がなかったという。息子が独立して、自身も仕事を辞めてから、ようやく余裕が出てきて、以前はできなかった旅行などを楽しんでいるそうだ。なぜ旅行先が上海になったかというと、阪急交通社のツアーがただ安かったからだそうで(それも、日本国内の旅行よりも)、故郷の中国に懐かしみがあるだとか、そういった理由ではなかったらしい。そもそも遼寧省出身だから、上海なんてなじみが薄い。
 中国残留孤児の人たちと話したのは、これが初めてだった。

IMG_5905【2017.11.11】機内食

 機内食は、まずかった。
 上海を離陸してからはずっと海が続いていたが、しばらくすると、日本列島が見えてきた。

IMG_5907【2017.11.11】長崎県上空

 長崎県のあたりが見えてくる。
 8月半ばにも一時帰国をしていたから、日本に戻ってくるのは3か月ぶりにもならないのだが、それでもいつも、日本に戻ってくるというのは感慨があるものだ。

IMG_5910【2017.11.11】九十九里浜付近

 成田空港へと高度を落としていく。

IMG_5913【2017.11.11】成田空港付近

 着陸する。

IMG_5918【2017.11.11】成田空港にて

 秋晴れだ。

IMG_5920【2017.11.11】成田空港にて

 バンコクから東京へと戻る際、中国東方航空を利用するのは初めてだった。乗り継ぎの煩雑さは否めないけれども、手荷物を預ける場合、LCCであるエアアジアやScootよりもかえって安く上がったりするし、中国東方航空については、サービスについても客層についても良かったから、また、利用したいと思えた。


 バンコクのスワンナプーム空港にあった銀行の広告が印象深かったから、紹介する。

IMG_5873
【2017.11.11】スワンナプーム空港にて

 サイアム商業銀行(ธนาคารไทยพาณิชย์, Siam Commercial)はタイで第3の規模を誇る銀行で、王室系の銀行である。(第1の規模を誇るのが華僑系のバンコク銀行で、第2の規模を誇るのが政府系のクルンタイ銀行とされる)
 僕がタイで愛用する銀行でもある。

IMG_5879【2017.11.11】広告

 広告には、
 
 The Best Thai Bank
 for Opportunites in AEC

 タイ最高の銀行
 ASEAN経済共同体における機会ために

 とあるが、その広告に描かれている国が、

 ミャンマー
 シンガポール
 ベトナム
 日本
 タイ
 ラオス
 中国
 カンボジア

 なのである。
 ASEANに加入されているインドネシア、マレーシア、フィリピン、ブルネイは省略されていて、そこにASEANには加入していないはずの日本と中国が加わっている。特に、マレーシアはタイと国境を接する隣国であるはずだが、国旗がない。
 そこにタイの人々の意識を垣間見ることができると思う。タイがいくらASEANの一員であるとはいっても、同じASEANの加盟国であるインドネシア、マレーシア、フィリピン、ブルネイはさほど重要な隣国とは考えていない。むしろ、相対的に距離の離れた日本や中国に彼らの意識は向いている。
 EUはヨーロッパの地域統合体であり、そこに属する人々は自分たちがEUすなわちヨーロッパ市民の一員であるという自負を持っているように思えるのだけれども、ASEANに関しては各国国民がASEAN市民の一員であるという自負を抱いているようには見えず、さほど求心性のある地域統合体ではなさそうだと常日頃思っていたのだが、こういう広告を見ると、そのことを再確認する。

IMG_5877【2017.11.11】広告

 こちらは各国の伝統的な「お面」で、国際性を強調する広告でとても鮮やかな広告なのだが、そこに表れている国は、

 ミャンマー
 日本
 ベトナム
 中国
 タイ
 カンボジア
 韓国
 ラオス

 である。ここでも、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ブルネイが登場することはない。
 やはりタイ人の意識はASEANというよりは、日中韓の東アジアの方を向いている。


 11月3日がローイクラトン(ลอยกระทง)で、それに続く土日である11月4日と11月5日までチャオプラヤー川の周辺の寺院などで、リバーフェスティバルがおこなわれていた。

 参照 : #1091.ベンジャシリ公園のローイクラトン

IMG_5771
【2017.11.4】ワット・アルン周辺にて

 まず、会場の一つであるワット・アルン(วัดอรุณราชวราราม, Wat Arun)に行く。

IMG_5774【2017.11.4】ワット・アルンにて

 バンコク市内のチャオプラヤー川以西へとやってきたのは、久しぶりだった。
 普段、チャオプラヤー川以東で暮らしているから、このあたりまで足を伸ばすことはまずない。

IMG_5788【2017.11.4】ワット・アルンにて

 ワット・アルンは、2015年に観光目的で初めてタイにやってきた時以来の訪問となる。
 すばらしいところではあるけれども、観光客としては行くところは、居住者になってしまうと疎遠になるものだ。

IMG_5795【2017.11.4】ワット・アルンにて

 仏塔が、ライトアップされている。

IMG_5800【2017.11.4】ワット・アルンにて

 ワット・アルンは10バーツ硬貨にも描かれている、由緒正しい寺院だ。

IMG_5806【2017.11.4】ワット・アルンにて

 各会場には、屋台などが出てにぎわっている。

ロイクラトン3

 開催期間中、午後5時から午後11時まで各会場を結ぶ無料のシャトルボートが運行される。

ロイクラトン2

 その無料のシャトルボートに乗って、会場をめぐることになる。

ロイクラトン1


 スタンプラリーが開催されていて、3つの会場のスタンプを集めると賞品のろうそくがもらえる。しかし、予定より参加者が少なかったのか、1つのスタンプだけでろうそくを一つもらえてしまった。
 また外国人観光客向けの筆記によるアンケートがおこなわれていて、協力したところ、他の賞品ももらえた。

IMG_5808【2017.11.4】ワット・アルンにて

 このイベントはまだ知名度があまり高くないのか、賑わってはいるものの、混雑はしていなかった。

IMG_5810【2017.11.4】ワット・アルンにて

 ココナッツミルクのアイスクリームを食べる。

IMG_5812【2017.11.4】ワット・アルンにて

 乾季に入って、夜が蒸し暑くない。
 風がさらさらと吹く。

IMG_5815【2017.11.4】ワット・アルンにて

 チャオプラヤー川を眺める。

IMG_5821【2017.11.4】ワット・アルンにて

 チャオプラヤー川にはたくさんの寺院があって、それらがライトアップされる。

IMG_5826【2017.11.4】ワット・アルンにて

 せっかく、ローイクラトン祭りに来たのだから、クラトンを流すことにする。

IMG_5832【2017.11.4】クラトン

 ろうそくに火をつけて、水に浮かべる。

IMG_5834【2017.11.4】クラトン

 川に流すのではなく、会場に設営された水槽に流す。

IMG_5836【2017.11.4】クラトン

 火は風によって、間もなく消えてしまった。
 それからも、いくつかの会場を回る。

IMG_5847【2017.11.4】ローイクラトンリバーフェスティバルにて

 チャオプラヤー川沿いの寺院を回るには、ちょうどよいイベントだった。

IMG_5854【2017.11.4】ローイクラトンリバーフェスティバルにて

 境内には、賑やかな音楽がかかっていた。


↑このページのトップヘ