地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

カテゴリ: タイ

 ローイクラトン(วันลอยกระทง, Loy Krathong)は、タイ陰暦の12月の満月の日に行われる祭りであり、陽暦でいうと大体、11月に行われる。
 2017年は、11月3日がローイクラトンの日だった。

IMG_5759
【2017.11.3】満月

 雨季が明けたばかりの川の水位が最も高い季節に、川の女神「プラ・メー・コンカー(พระแม่คงคา)」へ感謝の気持ちを伝えるために、クラトン(กระทง)と呼ばれる灯篭に火を灯し、流す。

IMG_5632【2017.11.3】ベンジャシリ公園にて

 クラトンは伝統的にはバナナの葉など、自然のものを用いて作られる。

IMG_5697【2017.11.3】ベンジャシリ公園にて

 そのため最後には魚に食べられて、河川を汚さないことになっている。

IMG_5698【2017.11.3】ベンジャシリ公園にて

 しかしこの頃は発泡スチロールなどの、人工物をまぜたクラトンも少なくなく、ロイクラトンが終わった後に、自治体は河川のクラトンの回収に追われたりするそうだ。
 パンなど魚の餌になるものを用いたものはいいとして、発泡スチロールで作ったものはできるだけ購入しない方がよいと思う。

IMG_5649【2017.11.3】ベンジャシリ公園にて

 ロイクラトンの日には、バンコクの各地の水辺で祭りがおこなわれる。

IMG_5651【2017.11.3】ベンジャシリ公園にて

 プロンポン駅前にあるベンジャシリ公園(สวนเบญจสิริ, Benchasiri Park)にも水辺がある。

IMG_5654【2017.11.3】ベンジャシリ公園にて

 その水辺は川ではなく、池ではあるが、たくさんの人が集まっている。

IMG_5657【2017.11.3】ベンジャシリ公園にて

 その場でクラトンを買い求めて、クラトンのろうそくに火を灯し、水面に差し伸べる。

IMG_5670【2017.11.3】ベンジャシリ公園にて

 さらさらとした風に乗って、少しずつ動いていく。

IMG_5685【2017.11.3】ベンジャシリ公園にて

 火はしばらくすると、消えてしまう。

IMG_5734【2017.11.3】ベンジャシリ公園にて

 まだ火がついているクラトンが、火の消えてしまったクラトンを映し出す。

IMG_5743【2017.11.3】ベンジャシリ公園にて

 深夜10時を回ってからも、たくさんの人が祈りを捧げている。 

IMG_5752【2017.11.3】ベンジャシリ公園にて

 バンコクの夜は更けていく。


 プラ・プラーン・サーム・ヨート(พระปรางค์สามยอด, Phra Prang Sam Yod)へとやってくる。

IMG_5532【2017.10.28】プラ・プラーン・サーム・ヨート

 英語で、Monkey Templeともあるこの寺院の周辺に、猿は多い。

IMG_5534【2017.10.28】ロッブリーにて

 外国人は50バーツ(約165円)の入場料がかかる。
 入口で、猿の餌が20バーツ(約70円)で販売されているから、ぜひ、買ってみよう。

IMG_5546【2017.10.28】プラ・プラーン・サーム・ヨートにて

 境内で、猿に餌を与えることができる。

IMG_5549【2017.10.28】プラ・プラーン・サーム・ヨートにて

 ひまわりの種をてのひらにのせて猿に差し向けると、それを小さな手でとって、口の中にいれようとする。

IMG_5553【2017.10.28】プラ・プラーン・サーム・ヨートにて

 ぱくりと口に入れると、次のひまわりの種を求めてくる。

IMG_5557【2017.10.28】プラ・プラーン・サーム・ヨートにて

 ひまわりの種の他、飲み物も与えられる。

IMG_5559【2017.10.28】プラ・プラーン・サーム・ヨートにて

 袋を破って、中の飲み物を吸い取るすがたは、可愛らしい。

IMG_5563【2017.10.28】プラ・プラーン・サーム・ヨートにて

 しかし、いたずらっ気のある猿には気をつけなければならない。人の背や、頭にのかってきたりもする。危ないことが起こりそうになったら、仏塔周辺を管理している猿使いがやってきて、地面を鞭で強く叩き、猿たちを威嚇する。そうすると、猿がその場から離れてくれるのだけれども、あろうことか猿は、友人のメガネをとって、仏塔の上に登って行ってしまったのだ。

IMG_5570【2017.10.28】プラ・プラーン・サーム・ヨートにて

 友人は何も見えないでいる。
 結局、猿使いの力によってなんとか、取り返すことに成功したのだが、たくさんのチップをはずむことになった。韓国からやってきた友人にとっては、土産話がひとつ増えたので、よかったのではないかと思う(笑)
 得られた教訓は、ロッブリーに行くときは、メガネではなくコンタクトを装着して行った方がよいということだ。

IMG_5577【2017.10.28】プラ・プラーン・サーム・ヨートにて

 プラ・プラーン・サーム・ヨートをあとにする。

IMG_5581【2017.10.28】プラ・プラーン・サーム・ヨートにて

 日が沈みかけていく。

IMG_5588【2017.10.28】ロッブリーにて

 そろそろ、バンコクへと戻ることにする。

IMG_5589【2017.10.28】ロッブリーにて

 また、猿を見つける。

IMG_5593【2017.10.28】ロッブリーにて

 電線の上で、紙パックの飲み物を飲んでいる。

IMG_5595【2017.10.28】ロッブリーにて

 どこかから商品を盗んできたのだろうか。それとも、誰かが与えたのだろうか。

IMG_5597【2017.10.28】ロッブリーにて

 バンコク行きのミニバンは、ロッブリーのバスターミナルまで行かなくても乗ることができる。ロッブリー駅周辺の、Google Mapで「14°47'59"N 100°36'53"E」の地点で、チケットを買い求め乗車することができる。

IMG_5599【2017.10.28】ロッブリーにて

 バンコクのBTSモーチット駅・MRTチャトゥチャック公園駅まで120バーツ(約420円)だ。

fromLopburitoBKK

 130kmほどの道のりだが、3時間かかっていた行きに比べるとずっとはやく、約1時間50分で到着してしまった。これくらいの時間でバンコクに戻れるのなら、ロッブリーはバンコクから十分、日帰りで行けるところだと言えよう。
 バンコクから郊外への旅行といえばアユタヤが有名ではあるけれども、さらに遠くのロッブリーにもぜひ足をのばしてほしいと思う!


 国鉄ロッブリー駅へとやってくる。

IMG_5494
【2017.10.28】国鉄ロッブリー駅にて

 旧国王の火葬式の期間だったために、半旗を掲げている。

IMG_5497【2017.10.28】国鉄ロッブリー駅にて

 タイの国鉄の駅は、改札口がないから、自由に立ち入ることができる。

IMG_5498【2017.10.28】国鉄ロッブリー駅にて

 ロッブリーと言えば、猿が有名だから、駅構内に猿のモニュメントがある。

IMG_5499【2017.10.28】国鉄ロッブリー駅にて

 ロッブリーにいる猿は、「カニクイザル(蟹食猿)」と呼ばれる猿である。

IMG_5503【2017.10.28】ロッブリーにて

 カニクイザルは東南アジアに分布する猿である。

IMG_5504【2017.10.28】ロッブリーにて

 その容姿はとてもかわいらしいが、国連によって、世界の侵略的外来種ワースト100(100 of the World's Worst Invasive Alien Species)に選定されるほどの生命力と繁殖力を持っていて、東南アジアから、香港や中国南部へと持ちこまれ、野生化し、問題となっているそうだ。

IMG_5514【2017.10.28】ロッブリーにて

 しかし、猿たちは地元の人々に非常に大切にされていて、たくさんの餌を与えられている。

IMG_5516【2017.10.28】ロッブリーにて

 日本における、奈良公園や厳島神社のように、ロッブリーの猿も神聖視されているのだ。特に、ヒンドゥー教の神の使いとして、神聖視されているようだ。

IMG_5521【2017.10.28】ロッブリーにて

 毎年11月の最終日曜日には、ロッブリー猿ビュッフェ祭り(Lopburi Monkey Buffet Festival)というのがあり、猿たちに4万トンのお供え物をするそうだ。(伝統的な祭りのように思われるが、せいぜい30年ほどの歴史の短い祭りである)

IMG_5524【2017.10.28】ロッブリーにて

 猿の仕草はとても、かわいらしい。

IMG_5525【2017.10.28】ロッブリーにて

 人間の近縁種であるからか、行動パターンが多彩だ。

IMG_5528【2017.10.28】ロッブリーにて

 おばあさんが猿に囲まれて、餌を与えている。

IMG_5529【2017.10.28】ロッブリーにて

 住民が特定の場所で餌を与えることで、猿がロッブリーの町全体に広がることを抑制し、人と猿が共存する町を作り上げているのだという。

IMG_5530【2017.10.28】ロッブリーにて

 それにしても本当に、不思議な光景だ。


↑このページのトップヘ