地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

カテゴリ: タイ

 ワット・プラシーラタナーマハタート(วัดพระศรีมหาธาตุ, Wat Phrasi Rattana Mahathat)へと向かう。

IMG_5454
【2017.10.28】ザクロ

 ザクロの実がなっている。

IMG_5456
【2017.10.28】ワット・プラシーラタナーマハタート周辺にて

 タイ人は入場無料だが、外国人は50バーツ(約185円)の入場料がかかる。

img20171105_16405041

 「タイで働いている」と主張したが、50バーツは徴収された。
 タイで働いていて、タイに納税しているにも関わらず外国人料金もとられるというのは、なんだか不公平だ。

IMG_5464【2017.10.28】ワット・プラシーラタナーマハタート

 ワット・プラシーラタナーマハタートは、クメール様式の寺院で、12世紀に建てられている。
 ロッブリーで最大規模の寺院だ。

IMG_5467【2017.10.28】ワット・プラシーラタナーマハタートにて

 しかし、もはや寺院として機能しているとは言えない。どちらかと言えば、遺跡だ。

IMG_5469【2017.10.28】ワット・プラシーラタナーマハタートにて

 歴史がある寺院であるために増改築が繰り返され、境内にはさまざまな時代の遺構が残っている。

IMG_5473
【2017.10.28】ワット・プラシーラタナーマハタートにて

 街中に遺跡があるという点においては、アユタヤとロッブリーは似ている。

IMG_5478【2017.10.28】ワット・プラシーラタナーマハタートにて

 仏塔は、ロッブリーで最も高さが高い。

IMG_5481【2017.10.28】ワット・プラシーラタナーマハタートにて

 仏塔は木の枠がはめられて、崩れないようにされている。

IMG_5483【2017.10.28】ワット・プラシーラタナーマハタートにて

 今もなお、朽ち果てている。

IMG_5482【2017.10.28】ワット・プラシーラタナーマハタートにて

 すでに夕方の4時を過ぎようとしていた。大分、日が傾いてきた。

IMG_5486【2017.10.28】ワット・プラシーラタナーマハタートにて

 仏塔のレリーフは、顔だけが落ちていて、なんだか物悲しい。
 なぜ一番大切なところから朽ちてしまうのだろう。

IMG_5488【2017.10.28】ワット・プラシーラタナーマハタートにて

 涼しくなったからか、リーンリーンと虫が鳴き始める。

IMG_5491
【2017.10.28】ワット・プラシーラタナーマハタートにて

 ロッブリーではぜひ訪れたい、遺跡だ。

■ワット・プラシーラタナーマハタート
 位置 : 国鉄ロッブリー駅のすぐ西
 入場時間 : 午前6時~午後4時
 入場料 : 50バーツ(約185円)


 水上レストランでの食事を終えてから、 ロッブリー(ลพบุรี, Lopburi)の町を散策する。

IMG_5432【2017.10.28】ロッブリーにて

 住宅街を歩いていく。

IMG_5433【2017.10.28】ロッブリーにて

 寺院を見つける。

IMG_5434【2017.10.28】ロッブリーにて

 名前は、ワット・カウィッサラーラームラーチャウォラウィハーン(วัดกวิศรารามราชวรวิหาร, Wat Kawis Sararam Ratcha Worawihan)とある。

IMG_5437【2017.10.28】寺院にて

 その様式は、中国の影響がうかがえる。

IMG_5439【2017.10.28】寺院にて

 中国南方、特に福建の建築の様式が、なんとなく感じられる。

IMG_5436【2017.10.28】寺院にて

 中国の様式そのものではなく、タイのものとうまく調和している。

IMG_5440【2017.10.28】寺院にて

 時間が悪かったのか、参拝客のすがたは見なかった。

IMG_5442【2017.10.28】寺院にて

 寺院の裏には、学校があった。

IMG_5443【2017.10.28】城壁

 寺院を後にして、ロッブリーの町を歩く。

IMG_5445【2017.10.28】ロッブリーにて

 あるタイ人のおばあさんに話しかけられる。

 おばさん : 「你好!」
 僕 : 「いいえ。中国人ではないんです。僕は日本人で、彼らは韓国人なんです」
 おばさん : 「ハロー!ロッブリーには旅行で来たの?何日間いるの?」
 僕 : 「ロッブリーにはバンコクから日帰りで来たんです。僕はバンコクで働いていて、彼らは韓国から旅行に来ています。」
 おばさん : 「あらまあ。私は学校の先生なの。60歳よ。」
 僕 : 「あら、そうは見えません!」
 おばさん : 「それは、いいのよ。私、こうやって外国の人と話すのが好きなの。それで、英語と、中国語は少し勉強したの。日本語は、挨拶だけ」
 僕 : 「すばらしいですね」
 おばさん : 「そこにあるお寺、行ったかしら。そして、この先にもあるわよ。」

 そう言って、ワット・プラシーラタナーマハタート(วัดพระศรีมหาธาตุ, Wat Phrasi Rattana Mahathat)の方を向く。その道の先に、仏塔が見える。

IMG_5448【2017.10.28】ロッブリーにて

 僕 : 「おお、いいですね。行きましょう。」
 おばさん : 「いいところだから、ゆっくりと見てきてね」

IMG_5449【2017.10.28】花

 ワット・プラシーラタナーマハタートに向かって歩いていく。

IMG_5450【2017.10.28】ロッブリーにて

 外国人とこういった、たわいもない会話をしてくれる。そういう人がいてくれると、自分たちがその町に心を開いてくれている、そういう気がして、安心してまた居心地がいいのだ。


 ロッブリー(ลพบุรี, Lopburi)の住宅街にある、水上レストランへとやってくる。

IMG_5431
【2017.10.28】ペーバーンリムナムレストランにて

 ロッブリー川の水上に浮かぶ、ペーバーンリムナムレストラン(ร้าน แพบ้านริมน้ำ, Paebanrimnam Restaurant)だ。

IMG_5430
【2017.10.28】ペーバーンリムナムレストランにて

 外見は一軒家のようである。

IMG_5416【2017.10.28】ペーバーンリムナムレストランにて

 水の上を渡された木の板の上を、ぎしぎしと軋ませながら渡っていく。

IMG_5421【2017.10.28】ペーバーンリムナムレストランにて

 そこに、水上レストランがある。

IMG_5418【2017.10.28】ペーバーンリムナムレストランにて

 木下に川が流れていて、いかにも涼しげだ。

IMG_5422【2017.10.28】ペーバーンリムナムレストランにて

 靴を脱ぎ、裸足になって椅子に座りこみながら、メニューを眺める。
 おいしそうなものを各自注文し、分け合うことにした。

IMG_5424【2017.10.28】ゲーン・ソム

 ゲーン・ソムというスープ。

IMG_5425【2017.10.28】グリーンカレー

 それから、グリーンカレーが出てくる。
 「思ったより緑色ではなく、カレーというよりはスープっぽい。いかにも本場らしい」と韓国からやってきた友人は言う。日本からの旅行客も大体、同じ感想を抱くと思う。

IMG_5427【2017.10.28】揚げ物

 揚げ物をひとつ、食べる。
 味もよかったし、サービスもよく、価格も良心的だったから、ロッブリーに行くことがあればまた来たいと思う。(いろいろ食べたけれども1人あたり1000円もしなかった。)

IMG_5428【2017.10.28】ペーバーンリムナムレストランにて

 ゆったりとした時間が流れる。

IMG_5429【2017.10.28】ペーバーンリムナムレストランにて

 お腹がいっぱいになり、川の水を眺めながらいつまでも休んでいたかったのだけれども、そうはいかなかったから、出発することにした。

■ペーバーンリムナムレストラン
 位置 : (Google Mapで) 14°47'53"N 100°36'29"E の位置
 営業時間 : 午前10時~午後10時


↑このページのトップヘ