地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

カテゴリ: タイ

 スクンビット(アソークあるいはプロンポン周辺)からドンムアン空港へと向かうには、以下の二つの方法が考えられる。

①公共交通を用いる
 BTSスクンビット線モーチット(หมอชิต, Mo Chit)駅あるいはMRTチャトゥチャック公園(สวนจตุจักร, Chatuchak Park)駅から、空港バスであるA1あるいはA2バスを利用して向かう。
 運賃は、BTSやMRTが40バーツ前後、空港バスが30バーツの約70バーツ(約230円)で、バスは午前7時から午前0時まで運行する。

②タクシーを用いる

 今回は荷物もあったので、手っ取り早く、タクシーを利用することにした。

 午後10時15分に、BTSプロンポン駅周辺の自宅前からタクシーに乗車する。「ไปสนามบินดอนเมืองได้ไหม(ドンムアン空港に行けますか)」ときくと、ドライバーは了承し、すぐにメーターを回してくれた。
 途中、高速道路を利用するかと確認される。高速道路を利用することにすると、バンコク都心の区間に50バーツ、バンコク都心から郊外方面へと抜ける区間で70バーツの計120バーツ(約400円)の料金がかかるが、これは料金所で乗客が支払う。
 運転手に一度、東京に行くのに、スワンナプーム空港ではなくドンムアン空港へ向かうのかの確認をされた。タイ人の間では、ドンムアン空港といえば国内線のイメージが強く、スワンナプーム空港といえば国際線のイメージが強いようだから、タイ人の運転手による「外国人が空港へと向かうのだからスワンナプーム空港へと向かうに違いない」という勝手な判断で、スワンナプーム空港に連れていかれないように、ドンムアン空港へと向かうということについて、念を押しておくには越したことない。
 深夜ではあったが金曜日であったため渋滞もあったため、高速道路を経由してもちょうど1時間ほどの時間を要した。運転手に支払う運賃は約240バーツ(約800円)であった。高速道路料金を含めると、360バーツ(約1200円)ということになる。深夜にタクシーを利用し約25㎞ほど移動をしても、これくらいの料金でおさまることを考えれば、バンコクにおいてタクシーはとても利用価値が高いといえよう。
 午後11時15分にドンムアン空港に到着し、その1時間30分後である午前0時45分にドンムアン空港を離陸するスクートTR292便東京行きの便に乗りこんだ。

IMG_3561
【2017.8.12】ドンムアン空港にて

 深夜であったため眠く、機内に入ってからすぐに眠りについた。

20170812TR292

 6時間5分後の日本時間午前8時50分に東京・成田空港へと到着する。
 飛行時間があまり長くはないことから、十分な睡眠時間を確保することはできなかった。

IMG_3564【2017.8.12】成田空港にて

 4か月ぶりに、日本へとやってきた。
 8月の半ばであるにも関わらず陽射しは無く、気温は24度ほどだった。バンコクと比べて肌寒く、風邪を引きそうだった。


 ラン島にあるビーチについて、まとめる。

①ターウェーンビーチ(หาดตาแหวน, Tawaen Beach)
 ラン島北部にあって、全長600m~700mほどある、ラン島最大級のビーチ。
 IMG_3488
【2017.7.29】ターウェーンビーチ

 パタヤからのフェリーが発着する港があるため、パタヤからの日帰り旅行客でごった返している。
 IMG_3429【2017.7.30】ターウェーンビーチ

 ラン島に行くと言って、このビーチだけを訪れる観光客も多い。

IMG_3430
【2017.7.30】ターウェーンビーチ

 観光客が多い上、周囲には飲食店が立ち並んでいるせいか、その排水などで砂浜や海水は心なしか淀んでいる。
 活気を味わうにはよいだろうが、落ち着いた砂浜の雰囲気を味わうことはできないだろう。

 参考 : #0957.ジャイアント・モンクからラン島を眺める
   : #0964.ラン島で過ごす癒しの週末

②サンワーンビーチ(หาดสังวาลย์, Sang Wan Beach)
 ターウェーンビーチの東隣にある、全長150mほどのビーチ。
 パタヤからのフェリーが発着する港があり、ターウェーンビーチと同様、パタヤからの日帰り旅行客でごった返していて、落ち着いた砂浜の雰囲気を味わうことはできない。

③ティアンビーチ(หาดเทียน, Tien Beach)
 ラン島西部にあって、全長400mほどのビーチ。

IMG_3480

 広さの割に人が少なく、ゆったりとしている。

IMG_3469
【2017.7.30】

 ラン島にあるビーチとしては、遠浅で、海水浴にうってつけだ。
 ラン島で最も、おすすめしたいビーチだ。 

 参考 : #0961.夕暮れ時のラン島のビーチ
    : #0963.ラン島極上の「ティアンビーチ(หาดเทียน, Tien Beach)」

④サメービーチ(หาดแสม, Samae Beach)
 ラン島南西部にあって、全長600m~700mほどと、ターウェーンビーチに次ぐ規模を持つビーチだ。

IMG_3393
【2017.7.29】サメービーチ

 ここも観光客が多く、砂浜はひどく踏まれている。
 ターウェーンビーチほどの人混みではないが、落ち着いた時間を過ごしたいという人にはおすすめしない。

 参考 : #0961.夕暮れ時のラン島のビーチ

⑤ヌアルビーチ(หาดนวล, Nual Beach)
 ラン島最南部にあって、全長350mほどあるビーチ。別名を、モンキービーチ(Monkey Beach)という。

IMG_3360【2017.7.29】ヌアルビーチ

 水温は低く、寒さを感じる。

IMG_3335
【2017.7.29】ヌアルビーチへと向かう道

 しかし、ヌアルビーチへと向かう道の景色はすばらしいから、ぜひ、走ってみてほしい。

 参考 : #0960.ラン島の最南端にあるビーチ「ヌアルビーチ」へと向かう

⑥ターヤーイビーチ(หาดตายาย, Tayai Beach)
 島の最北部にあるビーチ。
 未訪問。

⑦トーンラーンビーチ(หาดทองหลาง, Thong Lang Beach)
 ターウェーンビーチの北西にあるビーチ。
 未訪問。


 ラン島からバンコクへと帰る。
 まず、フェリーに乗って、サウスパタヤの港へと向かう。

IMG_3536
【2017.7.30】ナーバーン港にて

 ラン島から、パタヤへと向かうのフェリーは、毎日、

 ☆6:30
 ☆7:30
 ☆9:30
 ☆12:00
 ★13:00
 ☆14:00
 ★14:00
 ★15:00
 ☆15:30
 ★16:00
 ☆16:30
 ★17:00
 ☆17:00
 ☆18:00
 (☆はナーバーン港発、★はターウェーン港発)

 の各時間にラン島を出発する、14便がある。パタヤからラン島へと向かう便は1日11便であったから、ラン島からパタヤへと向かう便の方が本数が多くなっている。
 (参考 : #0955.バンコクからラン島(เกาะล้าน)への行き方)

IMG_3542【2017.7.30】ラン島にて

 午後2時に出航するフェリーに乗ることにした。

IMG_3535【2017.7.30】ラン島にて

 出航10分前の1時50分にフェリーに乗りこんだ。10分前だから、余裕があるだろうと思っていたが、フェリーはすでに満員に近かった。そして、 5分早い1時55分には出航してしまった。ラン島のフェリーは定刻よりも早く出航する可能性がある。それは、頭に入れておきたい。

IMG_3545【2017.7.30】ラン島にて

 ラン島が少しずつ、遠ざかっていく。

IMG_3547【2017.7.30】ラン島にて

 30分ほどの時間をかけて、パタヤへと戻ってくる。

IMG_3549【2017.7.30】パタヤにて

 晴れていて、海は穏やかに見えたが、フェリーは案外揺れた。

IMG_3552【2017.7.30】パタヤにて

 サウスパタヤの港に到着する。
 ここからロットゥー(乗り合いミニバン)で直接、バンコクへ向かうこともできるが、あまり乗り心地のよい乗り物ではないから、ノースパタヤにあるバスターミナルまで移動して、そこからバンコク行きの直行バスに乗ることにした。

IMG_3554【2017.7.30】パタヤにて

 バスを改造したトイレがある。

IMG_3555【2017.7.30】パタヤにて

 まずパタヤの、ウォーキングストリートの入口まで行き、その近くの幹線道路からソンテウに乗る。そして途中で、別のソンテウに乗り換えて、バスターミナルへと向かう。ソンテウは一回乗るごとに、10バーツ(約33円)の料金がかかる。

IMG_3556【2017.7.30】ソンテウにて

  たまたま乗車したソンテウには、日本語の広告があった。
 「セクシーレストランKABUKI 可愛い女性とおいしい料理をお楽しみください」

 どういう、レストランなのだろう。
 ノースパタヤのターミナルから、バンコクの東バスターミナル(エカマイ)行きのバスに乗る。

IMG_3558【2017.7.30】パタヤバスターミナルにて

 高速道路を経由して、バンコク市内では渋滞があったか順調に、2時間と少しほどでバンコクへと到着した。やはり、ロットゥーよりは早く到着する。


↑このページのトップヘ