地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

カテゴリ: タイ

 重慶江北国際空港へ、重慶軌道交通3号線に乗車して向かう。

IMG_4480

【2017.9.17】重慶江北国際空港にて

 終点の「江北機場」駅で下車する。

IMG_4481
【2017.9.17】重慶江北国際空港にて

 重慶軌道交通3号線「江北機場」駅は重慶江北国際空港第1ターミナルおよび第2ターミナルに近い。2017年9月時点ではまだ重慶軌道交通10号線「江北機場T3航站樓」駅が開通していなかったため、第3ターミナルへはシャトルバスに乗って移動する必要があった。 無料のシャトルバスで約15分ほど、移動する。

IMG_4484【2017.9.17】重慶江北国際空港第3ターミナルにて

 チェックインを済まし、搭乗券を受け取る。
img20171018_01151139

 第3ターミナルは利用が開始されてから3週間ほどしか経っていなかったため、新品同様だった。

IMG_4486【2017.9.18】重慶江北国際空港第3ターミナルにて

 タイ・ライオンエアSL8025便に搭乗する。約2時間50分の飛行だが、深夜であるため、都市部の夜景を除いては特に景色も望めない。
 タイの航空会社であるから乗務員は全てがタイ人である。タイ語とタイ語訛りの英語の放送を耳にした時、安心感を感じた。そういう感情が湧くというのは、5か月ではあるがバンコク生活にだいぶ馴染んできたという証拠ではあるまいか。
 客室乗務員と話しかけてきた。SL8055便は、中国人143人、日本人1人、西洋人1人の145人(タイ人は1人もいない)のフライトであるという。中国人ではない乗客がものめずらしくて、話しかけたという。SL8025便は中国人旅行客をタイに運ぶためのフライトで、重慶へと旅行に行くバンコク居住者は物珍しいそうだ。やけに乗務員たちと目が合い、挨拶をされるから、何かおかしいと思っていたのだが、そういうことだったのか。

 乗務員 : 「座席は、前の方の人が個人旅行客で後ろは団体旅行客。団体の方には、4つのグループがいてそれぞれのリーダーと旅行客がいる。後ろの方はぎっちりつまっている。このフライトには個人客はほとんどいないから、前の方は余裕がある。(たしかに、搭乗率が80%を超えるフライトであったのに、僕は3列をひとり占めできた)」

 乗務員 : 「客室乗務員として中国の空港には行くが、中国旅行はしたことがない。チャーター便で行った広州と西安は入国こそしたが、観光はしていない」

 乗務員 : 「基本的に、中国線は中国人がタイに来るだけ。広州だったら行くタイ人もいるにはいるが、あれは旅行というより服の買い出し。タイ人は中国を旅行先とは思ってない!日本に行きたいの」

 乗務員 : 「長沙線と南昌線は疲れるんだ。長沙線と南昌線は英語話せる人なんかいない。重慶線は時々英語できる人もいるが、基本的には話せない。成都線は割といる。そして、南京線はよく話せる」

 乗務員 : 「8年客室乗務員として勤めたが、これが5社目。バンコクベースで働きたいからね!就航先がどこかで、就職先を決める客室乗務員は多い」

 乗務員 : 「バンコク→バリ路線がつい数日前に開設されたから、バリには遊びに行きたいね。あと来月から上海路線できる」

 乗務員 : 「そして来年には、インド路線が開設されるそう。タイ人は行かないよ。中国と同じで、タイがただ来られる側になるだけ。インド路線では働きたくないなあ。インド線が増えるようなら、転職しようか(笑)」

 乗務員 : 「さらに来年、大型機材入れて、韓国と日本路線を運行することも検討されているらしい。それは、朗報だ。日本は4か所の空港が検討されているそうだが、どこだったか」

 4か所とは、どこだろう。東京(成田)、東京(羽田)、大阪(関西)、それと、那覇だろうか、福岡だろうか、名古屋だろうか、札幌だろうか。とても正直に話をする人だったから、話していて面白かった。
 しばらく乗務員の話し相手になっていたら、本来は別途料金を支払わないと座れない、広い座席に座っていいと言われたから、そこに座って、バンコク到着を待った。

IMG_4487【2017.9.18】バンコク上空にて

 そうこうしているうちに、バンコク上空へと差し掛かる。

IMG_4490【2017.9.18】バンコク上空にて

 ちょっとしたVIP待遇に、満足した。

IMG_4491【2017.9.18】バンコク上空にて

 ドンムアン国際空港に着陸する。

IMG_4492【2017.9.18】ドンムアン国際空港にて

 客室乗務員たちと、別れを告げる。
 定刻より24分早い、午前3時56分に飛行機のドアが開き、午前4時6分には入国審査を完了し、4時11分にタクシーに乗りこみ、プロンポン駅周辺の自宅に4時40分に到着する。タクシー運賃は200バーツに、タクシーの空港乗り入れ手数料50バーツの合計、250バーツ(約830円)だった。


 バンコクから重慶へと向かう便は、タイ、ラオス北部、ベトナム北部、それから中国の、雲南省、広西チワン族自治区、貴州省の3つが交わる山岳地帯の上空を経由して、重慶へと至る。

IMG_3924
【2017.9.16】機内にて

 飛行機はしばらく雲の上を飛行し、地上のようすが見えなかったが、中国領内に入ってから、雲が途切れ、地上のようすが見えるようになった。

IMG_3925【2017.9.16】機内にて

 ひたすら山岳地帯が続く。

IMG_3929【2017.9.16】機内にて

 谷間にたくさんの、小さな集落がある。

IMG_3930【2017.9.16】機内にて

 そして、集落の周りの斜面には、棚田が広がっている。

IMG_3933
【2017.9.16】機内にて

 そういう景色が、あらゆるところに広がっている。

IMG_3935【2017.9.16】機内にて

 雲南、広西、貴州の山岳地帯の少数民族の典型的な暮らしのようすが、見える。

IMG_3936【2017.9.16】機内にて

 地形によりそった生活をしている。

IMG_3937【2017.9.16】機内にて

 上空から望むだけでなく、いつの日か実際に降りたって、見に行きたいものである。

IMG_3939【2017.9.16】機内にて

 飛行機は、北へと進んでいく。

IMG_3942【2017.9.16】機内にて

 斜面の、傾いた土地をよく開墾したものだと思う。

IMG_3944【2017.9.16】機内にて

 道を通すのも、大変だっただろう。

IMG_3949【2017.9.16】機内にて

 山岳地帯はなかなか、途切れない。

IMG_3953【2017.9.16】機内にて

 重慶へと近づいていく。

IMG_3957【2017.9.16】重慶周辺上空にて

 飛行機は重慶に向けて、高度を落とすといった放送があったが依然として棚田の景色が続く。
 重慶中心部の近くにも、棚田があるようだ。

IMG_3960【2017.9.16】重慶周辺上空にて

 突如、大都市が見える。

IMG_3967【2017.9.16】重慶上空にて

 重慶は、長江(左)と嘉陵江(右)のふたつの河川が交わるところに発達した、内陸の港湾都市である。

IMG_3969【2017.9.16】重慶上空にて

 長江にはたくさんの船が行きかっている。

IMG_3975【2017.9.16】重慶江北国際空港周辺にて

 郊外にある空港に向けて着陸する。

IMG_3976【2017.9.16】重慶江北国際空港周辺にて

 郊外にも棚田が見られる。

IMG_3977【2017.9.16】重慶江北国際空港にて

 重慶江北国際空港にはほぼ定刻の10時少し過ぎに到着した。
 8か月ぶりにやってくる、中国だった。


 土日を利用して、バンコクから重慶へと週末旅行に行く。

9月16日(土)
 タイ・エアアジアFD556便 バンコク(ドンムアン) 6:20 → 重慶 10:10 
 飛行時間:3時間10分 運賃:3745バーツ(約12500円)

9月18日(月)
 タイ・ライオンエアSL8025便 重慶 2:10 → バンコク(ドンムアン) 4:20
 飛行時間:3時間10分 運賃:3935バーツ(約13100円)

 土曜日の早朝に出発し、月曜日の早朝にバンコクへと戻ってくる。重慶には約40時間ほど、滞在できる計算となる。
 土曜日の午前3時40分時頃、プロンポン駅付近にある自宅付近からタクシーに乗る。渋滞は全くなく、一般道を経由してたったの23分でドンムアン空港に到着する。25kmほどの移動であったが、料金はたったの200バーツ(約670円)であった。金曜日の深夜には同じ区間に、1時間、360バーツほどがかかったことを考えると、早朝の移動は便利ということになる。
 (参考 : #0967.スクンビットからドンムアン空港までタクシーで行く)

IMG_3902
【2017.9.16】ドンムアン空港にて

  この早朝の時間帯は、発着する航空便が少なく、出国手続きなどに時間はかからない。離陸2時間前と、あまりにも早い到着に、時間を持て余してしまった。

IMG_3906【2017.9.16】ドンムアン空港にて

 搭乗する。

img20171011_05324421

 追加料金などは支払っていなかったが、ホットシートという、足元の広い座席に 配置された。
 機内はほとんどが中国人の乗客で、他に、南インド系の乗客が数名、いた。狭い、スタンダードシートには団体旅行の中国人旅行客とそのガイドが詰め込まれていた。座席数の関係から、団体旅行客以外の個人旅行客はみな、ホットシートに回されたのだろう。
 ホットシートは座席が広い上に乗客が少なかったため、3列のシートを独占することができて、LCCとは思えないほど、快適なフライトだった。

IMG_3907【2017.9.16】機内から

 バンコク上空を、高度を上げていく。

IMG_3908【2017.9.16】機内から

 この日は朝から、分厚い雲に覆われていた。

IMG_3912【2017.9.16】機内から

 この、バンコク郊外にあるチャオプラヤー川の大きな中洲は、クレット島(เกาะเกร็ด)だ。
(参考 : #0873.バンコク郊外の見どころ - クレット島(เกาะเกร็ด)への行き方)

IMG_3916【2017.9.16】機内から

 タイの国土は、耕作面積が本当に広い。

IMG_3920【2017.9.16】機内から
 
 しばらくすると、雲にさえぎられ、眼下の風景は見えなくなった。


↑このページのトップヘ