地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

カテゴリ: 中国

 乗り合いバスで、丹巴の中心部へとやってくる。

IMG_6531【2017.11.17】丹巴にて

 市街地を、大渡河という川が流れる。流れが多く、水量も多いため、かつて人が渡るのは容易ではなかったに違いない。

IMG_6536【2017.11.17】丹巴にて

 丹巴はなんだか、温泉街のような雰囲気を醸している。しかし、温泉はない。

IMG_6537【2017.11.17】丹巴にて

 これといって見所はない。

IMG_6538【2017.11.17】丹巴にて

 しかし、このような急峻な禿げた岩山のすぐわきに、建物が密集した地域があるという光景は、一見に値すると思う。

IMG_6545【2017.11.17】丹巴にて

 ビルとビルの間から、荒れた岩山が見えるのだ。

IMG_6546【2017.11.17】丹巴にて

 チベット風の装飾を施した、雑居ビルが並ぶ。

IMG_6551【2017.11.17】丹巴にて

 ちょっとした繁華街が形成されている。

IMG_6552【2017.11.17】丹巴にて

 銀行もあって両替をしたり、ATMで外国から持ちこんだクレジットカードやデビットカードで現金を下ろすことも可能だ。

IMG_6553【2017.11.17】丹巴にて

 ギャロン・チベット族の女性がいる。

IMG_6558【2017.11.17】ギャロン・チベット族の女性

 その、頭飾りが特徴的だ。

IMG_6559【2017.11.17】ギャロン・チベット族の女性

 他のチベット族には見られない、ギャロン・チベット族にのみ特徴的な頭飾りなのだ。この頭飾りをした女性はよく、見かけることができる。

IMG_6561【2017.11.17】丹巴にて

 昼食を食べようと思う。

IMG_6562【2017.11.17】丹巴にて

 こういう観光客の少ない地域では、地元の人で賑わっている食堂を探して中に入るのがよいと思い、賑わっている食堂を探し回る。

IMG_6564【2017.11.17】丹巴にて

 入口に「如意小吃」とある食堂が、一番賑わっていた。
 
IMG_6571【2017.11.17】丹巴にて

 座るとまず、薬缶に入った熱いお茶とメニューが出てくる。

IMG_6566【2017.11.17】丹巴にて

 みなが食べていた、酸辣粉を食べる。

IMG_6568【2017.11.17】丹巴にて

 もちもちとしたでんぷんの麺に、辛い、かつ、香ばしいタレがかかっている。
 四川省のソウルフードだそうだが、これはおいしかった。

IMG_6569【2017.11.17】丹巴にて

 やはり、地元の人で賑わっている食堂というものに間違いはない。

IMG_6570【2017.11.17】丹巴にて

 食後のデザートにと、柿とりんごを買っていく。

IMG_6573【2017.11.17】丹巴にて

 柿2つ、りんご2つずつ買おうとしたら、家族のおみやげに買っていきなよと袋一杯買うように言われたけれども、家族は東京に住んでいるから、あいにく持ってはいけない。

IMG_6574【2017.11.17】丹巴にて

 甲居や梭坡といった、別の郊外を回るために、タクシー乗り場を探すことにした。


 中路郷から谷間に向けて、道を下っていく。

IMG_6469
【2017.11.17】中路郷にて

 反対側の山の斜面にも、集落がある。

IMG_6471【2017.11.17】中路郷にて

 人はなぜ、このようなところに住んでいるのだろうか。

IMG_6472【2017.11.17】中路郷にて

 景色は美しいけれども、急斜面の痩せた土地の、落石の危険性が大きなところとなると、わざわざ過酷な環境を選択して、居住しているようにすら思われる。

IMG_6473【2017.11.17】中路郷にて

 標高2000mを超えているが、空気の薄さを感じることはない。

IMG_6474【2017.11.17】中路郷にて

 絶景だ。

IMG_6476【2017.11.17】中路郷にて

 ふと、下を覗きこむ。

IMG_6477【2017.11.17】中路郷にて

 ギャロン・チベット族の女性が、薪を集めている。
 僕は車道を歩いていたけれども、地元の人だけが知っている「人の道」があって、そちらを下っていったほうが早く谷間に着けるようだった。

IMG_6481【2017.11.17】中路郷にて

 中路郷の中にも、いくつかの集落がある。

IMG_6483【2017.11.17】中路郷にて

 宿泊先である丹巴聖地映像文化主題客桟は中路郷の中でも標高の高いところにある集落で、山道を降りていくと、また別の集落を通ることになる。

IMG_6493【2017.11.17】中路郷にて

 段々畑の中に、家がある。

IMG_6494【2017.11.17】中路郷にて

 トウモロコシ畑が広がる。

IMG_6501【2017.11.17】中路郷にて

 この辺りでは伝統的に、とうもろこしが主食なのだろうか。

IMG_6505【2017.11.17】中路郷にて

 痩せた土地であるため、稲作には向いていないだろう。

IMG_6508【2017.11.17】中路郷にて

 日が出てくると、朝の寒さが嘘のように感じられ、暖かい。しかし、空気の乾燥を感じる。

IMG_6510【2017.11.17】中路郷にて

 道端では、豚が昼寝をしている。

IMG_6512【2017.11.17】中路郷にて

 もう谷間まで、集落はなさそうだ。

IMG_6515【2017.11.17】中路郷にて

 さらに下っていく。

IMG_6519【2017.11.17】中路郷にて

 秋を満喫する。

IMG_6521【2017.11.17】中路郷にて

 斜面に、一本の木が生えていて、紅葉している。

IMG_6522【2017.11.17】中路郷にて

 車道であるためか、通りかかる人はほとんどいなかった。

IMG_6524【2017.11.17】中路郷にて

 地層が美しい。
 1時間半ほど歩くと、谷間に着く。後ろからちょうど、中路郷から丹巴の市街地へと向かう乗り合いバスがやってきたから、乗りこむ。価格は10元(約170円)だから、タクシーに乗るよりずっと安い。


 丹巴に住むのはギャロン・チベット族(嘉絨蔵族)と呼ばれる、チベット族である。

IMG_6425
【2017.11.17】中路郷にて

 普通、チベット族といえば遊牧民として知られるが、ギャロン・チベット族は伝統的に定住し、農耕をおこなってきた。

IMG_6428【2017.11.17】中路郷にて

 そのため、他のチベット族と区別される。

IMG_6429【2017.11.17】中路郷にて

 町には、「塔」のような建造物がいくつか見える。

IMG_6433【2017.11.17】中路郷にて

 これは、「碉」あるいは「古碉」と呼ばれる、木組みに石積みを組み合わせて建てられた塔だ。やぐらのようなもので、戦いの際には、そこに籠城するのだという。
 一般的なチベット族であれば遊牧をするのであって定住をしないのだからこのようにして土地を守る必要はないが、ギャロンチベット族においては一族の土地を守るため敵の攻撃に備える必要があったから、こういった「塔」が建てられた。

IMG_6434【2017.11.17】中路郷にて

 地形が厳しく、木の生えないような岩山が多い地域で、農耕ができる地域、定住ができる地域は限られていたはずだから、土地をめぐる争いは熾烈なものだったと思う。

IMG_6435【2017.11.17】中路郷にて

 ギャロンチベット族の村の風景がまさに「童話」のようであるとは言ったけれども、その風景の成り立ちには熾烈な争いの歴史があるのだ。

IMG_6436【2017.11.17】中路郷にて

 今となっては、極めて穏やかで、平和な村だ。

IMG_6439【2017.11.17】中路郷にて

 豊かな時代を迎えたのである。

IMG_6444【2017.11.17】中路郷にて

 紅葉の季節だ。

IMG_6449【2017.11.17】中路郷にて

 ギャロンチベット族の村では、トウモロコシを収穫し、干す季節でもあるらしく、村中が干されたトウモロコシの黄色に彩られていた。

IMG_6453【2017.11.17】中路郷にて

 谷間に向かって、山道を降りていく。

IMG_6460【2017.11.17】中路郷にて

 よく晴れている。

IMG_6461【2017.11.17】中路郷にて

 周囲の斜面を見てみると、やはり、植物が生えているところは少ない。人間が生活し得るところが限られている。

IMG_6462【2017.11.17】中路郷にて

 そのため、土地をめぐる争いが熾烈で、各家ごとに防御建築が発達するという特異な景観が現れた。その考えは正しいのだと思う。

IMG_6464【2017.11.17】中路郷にて

 すでに、落葉を終えている木もある。

IMG_6468【2017.11.17】中路郷にて
 
 朝は凍えるほど寒かったが、日が差してくるとだいぶ、暖かかった。


↑このページのトップヘ