地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

カテゴリ: 中国

 広州の路地は、立体的にも入り組んでいるようにみえる。

IMG_5798
【2017.1.24】広州にて

 こういった路地を考える時、それが自動車の入りこめない街区であるということに示唆点がある。
 例えば、自動車が入りこめないこういった街区へ生活物資は、大通りで自転車やリヤカーに積みかえられて運搬されるから、ひっきりなしに自転車やリヤカーが通る。

IMG_5897【2017.1.24】路地にて

 また、元からこういった街区に住んでいた人のうち、自動車を所有できる経済力を身につけるようになると、自動車を所有することのできないこういった街区から去る。その穴を、中国の地方都市や農村から広州へと出稼ぎにやって人々が埋めていく。そういった構造があるから、こういった路地はいかにも広州といった風景ではあるが、必ずしもここに住んでいる人々がみな「広州っ子」でもなく、聞こえてくる言葉も必ずしも広東語でもないということは、興味深い事実である。

IMG_5870【2017.1.24】広州にて

 この広州の街中に広がる巨大な路地をまた、体験しに来たいと思う。生活の匂いがぷんぷんとして観察対象として抜群に面白かった。
 広州南駅へと向かう。地下鉄2号線で広州市中心部から約30分~40分ほどを所要する。 

IMG_5901【2017.1.24】広州南駅にて

 中国各地への高速鉄道が発着する広州南駅は、春節を4日前に控え、非常に混雑していた。
 駅があまりにも巨大で、ひどく歩かされるため、あまり便利とは言えない。

IMG_5909【2017.1.24】広州南駅

 ここから高速鉄道に乗車し、 深圳の福田駅へと向かう。

20170124廣州南深圳

 広州南駅から福田駅まで106kmの距離を、46分で駆け抜ける。途中停車駅は、虎門駅のみだ。
 列車はずいぶん、砂埃で汚れた状態でやってきた。広州の大気の状態がそこまで悪いわけではなかったから何でだろうと思っていたが、この列車は午前7時27分に北京西駅を出発し、石家荘や鄭州、武漢、長沙を経て10時間かけて広州へとやってきた列車だったということを後で知った。北京西駅から、深圳の福田駅までの2216kmの距離を、10時間半ほどで走り抜ける。これは、東京からソウルまでの距離より長ければ、東京から沖縄・那覇までの距離よりも長い。

IMG_5919【2017.1.24】車窓

 そういう壮大な高速鉄道の、最後の区間を乗るのだ。

IMG_5921【2017.1.24】車窓

 車内はすいていた。

IMG_5924【2017.1.24】車窓

 少しずつ、日が傾き始めていた。

IMG_5929【2017.1.24】車窓

 虎門駅にしばらく、停車する。

IMG_5934【2017.1.24】虎門駅にて

 この辺りは、工業地帯だった。

IMG_5935【2017.1.24】深圳市内

 深圳市内に入ると、高層ビルが目立つようになる。
 そして、福田駅に到着する。福田駅は、地下駅だ。

IMG_5937【2017.1.24】福田駅にて

 それから、福田駅から地下鉄で福田口岸駅へと向かい、そこから徒歩で香港へと入境した。
 (参考 : #0031.深圳から香港へ - 福田/落馬洲出入境編)


 広州市内にある、六榕寺へと向かう。

IMG_5898
【2017.1.24】六榕寺の塔

 入口で5元(約80円)の入場料を払ってから、中へと入る。

六榕寺表

 もともと、5世紀に創建され、1500年余りの歴史を持つ。もともと、宝荘厳寺と呼ばれていたそうだ。

六榕寺裏

 中にある塔は千仏塔、あるいは通称、花塔と呼ばれている。

IMG_5882
【2017.1.24】千仏塔

 もともと1097年に建てられた塔で、広州市内にある建築物としては最も古い建築物のうちの一つだ。建てられてから火災による破損や、幾度の修復がおこなわれたが、当時の形を留めているそうだ。

IMG_5887【2017.1.24】千仏塔

 塔は外からみると9階建てで、内部は17階建てになっているそうだ。高さは約57mとなかなか高い。
 入場料を別途支払うことで、塔に登ることができるという情報もあったが、この日は残念ながら登ることはできなかった。

IMG_5876【2017.1.24】世界人類が平和でありますように

 日本でよくみかける「世界人類が平和でありますように」のピースポールが境内にある。

IMG_5889【2017.1.24】境内にて

 境内には、春節を迎える前だからだろうか、木々に赤い提灯がかかっていてなんだか、おめでたい雰囲気がある。

IMG_5892【2017.1.24】境内にて

 新春のおめでたい雰囲気をいう表す言葉に、「淑気満つ」という言葉があった。まだ、春節の前ではあったけれども、まさにそういう雰囲気が感じられた。

IMG_5894
【2017.1.24】千仏塔

 境内の木々もなかなか、見ごたえがある。六榕寺の「榕」とは、「榕樹」、日本語でいうと「ガジュマル」を意味している。寺の名前に、樹木名が入っている理由もうなずける。

■六榕寺
 住所 : 越秀区六榕路87号
 広州地下鉄1号線「西門口」駅徒歩10分、広州地下鉄1号線・2号線「公園前」駅徒歩10分
 入場料 : 5元
 開放時間 : 午前8時~午後5時


 広州地下鉄1号線「西門口」駅のB出口から、南へと3分ほど歩いていく。

IMG_5797
【2017.1.24】西門口駅周辺

 「光塔路」という通りがあって、ムスリム街となっている。
 そこには、懐聖寺というモスクがある。もともと、唐代の627年に開かれたモスクだが、明代に一度焼失し再建されたため、建物は14世紀中盤の明代の様式のものとなっている。

IMG_5804【2017.1.24】懐聖寺にて

 中に入ると、中国国内のムスリムと見える人々、すなわち回族やウイグル人の他に、海外のムスリムのすがたも見えた。

IMG_5805【2017.1.24】懐聖寺にて

 広州におけるムスリムの、心の拠り所となっているようだった。

IMG_5809【2017.1.24】懐聖寺にて

 広州はかつてから貿易で栄えた土地だから、様々な人種や、様々な宗教がこの土地で共存していたのだろう。

IMG_5811【2017.1.24】懐聖寺にて

 非ムスリムは、内部の見学をすることはできなかった。

IMG_5844
【2017.1.24】ミナレット

 モスクにはもちろん、ミナレットもある。一日五回の礼拝の時間を、街中へと告げる、塔だ。この塔は、高さ36メートルほどで、光塔と呼ばれている。この通りの名前が、「光塔路」である由来だ。

IMG_5820【2017.1.24】周辺街区

 周辺街区の門などをみると、そこがムスリム街であることを示す、そういう意匠がある。

IMG_5822【2017.1.24】周辺街区

 しかし、だからといってムスリムばかりが住んでいるようではなかった。むしろ、他の地域にも住んでいるような漢族の方が多そうだった。

IMG_5824【2017.1.24】周辺街区

 まだ、昼食を食べていなかったから、昼食を食べにいくことにした。

IMG_5802【2017.1.24】莎車清真美食

 莎車清真美食(ヤルカンドムスリムレストラン)というお店を見つける。前の年の9月に、新疆ウイグル自治区のヤルカンド(莎車)を旅したことが懐かしく思われて、このお店に入ることにした。
 (参考 : ヤルカンドの覗き方)

IMG_5861【2017.1.24】店内にて

 店員は、つたない中国語で応対した。店員同士はずっと、ウイグル語で会話をしていたし、店内のテレビにはずっとウイグル語のドラマが流されていた。
 中国語で「新疆拌麵」と訳されていたラグマンを、ひとつ、注文する。

IMG_5850【2017.1.24】ラグマン

 もちもちとして、さらにはコシがあってとてもおいしい。やはり、ウイグルのラグマンは裏切らない。広州で、ウイグル料理に舌鼓を打つというのもまた、よい。これが、2017年、一皿目のラグマンとなったのだった。  
 お店の前では、ウイグル人がナンを焼いていて、香ばしい匂いが時折、店内に入ってきたりしていた。しばらく、そういう様子を眺めながら、過ごした。

■莎車清真美食(ヤルカンドムスリムレストラン)
 住所 :  光塔路43号(懐聖寺の前)
 営業時間 :  午前8時半~午後10時半


↑このページのトップヘ