地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

カテゴリ: 香港

 深圳の福田口岸駅で下車し、皇崗・落馬洲のイミグレーションを越え、香港へと入る。以前もそうだったが、中国本土から香港へと入るとほっとする。冒険の世界から、我々の世界へと戻ってきたような、そういう安心感がある。
 落馬洲駅から東鉄線に乗車し一駅目の上水駅へと向かう。ここで、香港人の友人と落ち合い、夕食を食べることにした。深圳の福田口岸駅から上水駅までは25分しかかからなかった。上水駅から近いところにある「石湖墟熟食中心」という市場の上にあるフードマーケットで食べようと思ったのだけれども、あまりにもたくさんの人がいて、席を確保することすらままならなかったため、近くの食堂へと入った。

IMG_5938
【2017.1.24】夕食

 大きな丸テーブルにいくつかのグループと、相席になった。
 となりにいた90歳近くになるであろう高齢の女性は、テーブルの上に出されたお茶で入念に食器を洗っていた。たしかに香港には、食器をお茶で洗う習慣があるとは言うけれども、こういう大衆食堂では高齢の人を除いてはもうやらないんだと、友人は言いながら、テーブルに上に出されたお茶をごくりと飲んだ。

IMG_5943【2017.1.24】夕食

 この友人はいつも、食事を注文しすぎる傾向にある。
 それは、前の年の10月に会った時もそうだった。

IMG_5945【2017.1.24】夕食

 それでいつも、二人でお腹がはちきれるほど、無理して食べるのだ。

IMG_5946【2017.1.24】夕食

 いつもそれは、変わらない。

IMG_5948【2017.1.24】夕食

 彼は3月、4月に北欧とイギリスを旅行すると言った。彼はサラリーマンだったはずだが、それだけ長期の休みがとれるのだろうかと疑問に思っていたら、ついさっき辞表を出してきたところだったという。2014年から3年間、働いてきたが、給与はあまりよくなかったし、仕事のやりがいもあまり感じられなかったから、もっといい仕事を見つけるんだという。新しい仕事探しの前にその間の貯金で、今まで行きたくても行けなかったところに行くんだと言った。
 話を聞いていると香港は、転職が盛んで、日本のような「新卒至上主義」は存在しないという。そこには、日本よりも多様な働き方がある。それは羨ましいことだとは思う。香港では、より給与のよい仕事、自分の能力に似合った仕事、やりがいのある仕事に出会うために転職をすることは、ごく自然のことで、転職の回数が多いということが悪いこととして評価されることもないのだという。

IMG_5955【2017.1.24】アボカドスムージー

 最後に、アボカドスムージーを飲みながら、友人との最後の時間を過ごす。
 それから、A43番バスに乗って、上水駅から香港国際空港へと向かう。

----------

 空港で、香港エクスプレス航空の係員が「over bookingが発生する可能性があります。次の日の航空便に振り替えられる可能性があります。明日、成田空港・羽田空港に到着する便のうち、第一希望から第三希望まで希望する便を教えてください。協力してくださる場合、ホテルは私たちが提供し、保証金を1600HKD(約23000円)差し上げます」と言った。次の日、仕事がないわけではなかったが、それだけの保証金がもらえるなら、もう1日、香港に滞在するのも悪くはないと思い承諾したものの、結局、オーバーブッキングは発生しなかったため、内心、残念だった(笑)

20170124HKGHND

 ほぼ搭乗率100%の状態で、香港エクスプレス航空UO624便は離陸し、羽田空港へと向かった。
 午前4時20分頃に羽田空港へと到着する。しばらくしてから、京急線の始発電車に乗り、自宅へと向かった。こうして、東京からソウル、広州の三ヶ所をめぐる三角移動の旅は終了したのだった。


 香港国際空港から深圳や広東省など、中国本土へと向かう方法にはいくつかある。
 まずは香港へと入境する。

1.香港国際空港から中国本土行きの乗合バスを利用する
 「往内地交通(Transport to Mainland China)」とある看板に従って移動する。

IMG_4901
【2017.1.22】中国本土行き

 ここから、深圳や広東省内各地、広西チワン族自治区や福建省内の都市へと向かうが発着する。
 
 行き先には、
  広東省 : 深圳、東莞、広州、仏山、肇慶、江門、中山、珠海、恵州、梅州、河源、 陽江、雲浮、潮陽
  広西チワン族自治区 : 南寧、桂林
  福建省 :  廈門、泉州、三明
 などがある。

 まず香港国際空港から乗合バスに乗って、香港および中国本土の国境を通ってから、中国本土各地へと向かうバスへと乗り換えをさせられるという仕組みであるが、1枚の乗車券で最終目的地まで向かうことができる。
 支払いは香港ドル、人民元、クレジットカードで可能であるが、深圳行きが130人民元(約2060円)、広州行きが210人民元(約3350円)ほどなどと、必ずしも安いとは言えない。
 なお、さまざまなバス会社によって上記の区間が運行されているが、北京語による客引きが激しいわりに、どのバス会社を利用しても、目的地が同じである限り運賃はほとんど変わらないようだったから、出発時間が早い便を利用するのが賢明であると思われた。

2.A43バスに乗り上水駅を目指し、そこから港鉄によって落馬洲あるいは羅湖で下車し、徒歩で中国へと入境する
 時間はややかかるが、運賃は安い。今回はこの方法を利用して、中国本土へと向かった。
 香港国際空港のバスターミナルから、上水駅行きのバスに乗る。

IMG_4904【2017.1.22】バスターミナルにて

 A43のバスが、上水駅行きで、30.9香港ドル(約440円)だ。

IMG_4905

 2階建てバスの車内には充電器や、無料のwifi設備がある。

IMG_4907
【2017.1.22】車内充電器

 USB端末に対応している。

IMG_4920【2017.1.22】車窓から

 海をまたいでいく。

IMG_4922【2017.1.22】車窓

 60分~70分ほどで到着する。

IMG_4937【2017.1.22】バス

 距離でいうと、香港国際空港から上水駅まで45kmほどの道のりとなる。
 香港は意外と広いのだ。

IMG_4940【2017.1.22】上水駅にて

 中国本土との境界の近くにある上水まで来ると、香港にありながら建物の高さは低い。

IMG_4941【2017.1.22】上水にて

 お腹が空いていたから、どこかで昼食を食べていこうと上水の街を歩き回る。

IMG_4942【2017.1.22】上水にて

 上水は、中国本土に近く、中国本土から往来が多く香港にありながら、北京語の使用率が高い。

IMG_4947【2017.1.22】上水にて

 ここでは両替商が、香港ドルと人民元の両替を専門的におこなうなど、あらゆる地域の通貨を対象に両替をおこなう香港中心部とは様相が異なる。また、「美容阁」などと、簡体字の看板も目立つ。他にも、本土の人々向けの品ぞろえのドラッグストアやスーパーがあるなど、香港の中の「中国本土」といった印象である。こういった商店は、香港では、関税、税率などの関係上、さまざまな品物を本土よりも安く手に入れることができるため、需要があるようだ。

IMG_4965【2017.1.22】英發茶餐廳

 飲食店はあまり多いとは言えない。
 「英發茶餐廳」で食べていくことにする。

IMG_4953【2017.1.22】スープ

 回鍋肉炒飯とスープのセットで、54香港ドル(約760円)ほどだ。

IMG_4952【2017.1.22】回鍋肉炒飯

 中国本土の深圳に行ってから食べていたら、似たものを半額で食べられたようには思う。

IMG_4966【2017.1.22】上水駅にて

 MTRに乗車し、羅湖駅へと向かう。
 上水駅から一駅で到着する。運賃は、25HKD(約350円)とこの区間は高い。

IMG_4980【2017.1.22】羅湖駅にて

 向こうに高層ビルが見えるあたりは深圳である。
 ここから中国へと渡る。混雑していなければ、駅に到着してから15分ほどで香港の出境および中国本土への入国を終え、深圳へと入ることができるだろう。 
 香港国際空空港から上水駅までの移動に70分、それからMTR上水駅に行き、羅湖駅または落馬洲駅へと向かう電車を待ち、羅湖駅または落馬洲駅へと到着するのに15分、 それから15分の出入境審査を見込むとして、香港国際空港から深圳へ、路線バスとMTRを乗り継ぐルートで行く場合には、800円前後の交通費で約100分ほどで到着することができる。
 羅湖や落馬洲での出入境については以下の記事を参考にされたい。

 #0030.香港から深圳へ - 羅湖/罗湖出入境編
 #0031.深圳から香港へ - 福田/落馬洲出入境編

 香港国際空港から行こうとすると、深圳や中国本土は案外遠いから、時間には余裕を持っておきたい。


  午前3時半に起きて、午前4時を少し過ぎたころに弘大(홍대)を出発する。

IMG_4879
【2017.1.22】弘大(홍대)

 延世大学正門前にある、延大前(연대앞)バス停で、空港バスを待つ。

IMG_4881【2017.1.22】バス停にて

 午前7時に離陸する飛行機に乗るには公共交通機関が限られるが、延大前バス停からは、午前4時35分、午前4時48分にバス停に停車する仁川国際空港行きの6011番バスに乗ることができて、45分ほどで到着する。
 新村・弘大方面から、仁川国際空港に午前5時20分に到着するためには、この6011番バスを利用する以外に方法はないだろう。

IMG_4883【2017.1.22】バス停にて

 気温は氷点下8度であった。
 このバスはいつも乗車率が高く、場合によっては乗れず、午前4時48分のバスに乗ることになる可能性もある。料金は10000ウォンをT-moneyカードか、現金で払う。

----------
 
 仁川国際空港は、まだ夜明け前であるにも関わらずたくさんの人がいた。空港周辺で前泊している人も、少なからずいただろう。
 香港エクスプレスのカウンターに並んで、発券を待つ。発券が終わったのが、5時40分頃だっただろうか。それから、保安検査を受けに行く。それはとても長い行列で、20分ほど待たなくてはならなかった。午前6時で、離陸1時間前になった。保安官は言う。
 
「お客様、この搭乗券とパスポートの氏名が一致していません。おそらく、係員がタイプを間違ったのだと思います。アルファベット一つが余計に入っています。カウンターに戻って、訂正し、ハンコを押してきてもらってください」

 それから、カウンターに戻り、訂正してもらう。
 「申し訳ございません。訂正しますのでしばらくお待ちください」
 「作業が完了いたしました。時間があまりありません。保安検査場は混雑していますから、職員用のレーンを抜けて行ってください。」
 保安検査場に行くが、職員用のレーンがよく分からないから、先ほど対応してくれた係員とは異なる係員にきく。
 
 僕 : 「あの、さきほど、名前を訂正してもらったのですが時間がありませんから、通してくれませんか」
 係員 : 「いいえ、こちらで、お待ちください」
 僕 : 「いえ、先ほどここで並んで、一度、カウンターに戻されたのです。カウンターで、職員用のレーンを通るように言われました」
 係員 : 「いいえ、みなさま、こちらでお待ちですから…」

 らちが明かないので、他の係員にきく。

 僕 : 「あの、さきほど、名前を訂正したもらったのですが時間がありませんから、通してくれませんか」
 係員 : 「離陸30分前になったらお助けできるのですが、規則上、今の時間ではできません」

 時刻は、午前6時28分だった。たしかに、離陸30分前まではあと2分はあるが、どうせ、列に並んでいたら、6時半は過ぎる。

 僕 : 「そうは言われても、香港エクスプレスのカウンターで職員用のレーンを通るよう言われたのです」
 係員 : 「私の権限では、なんとも言えません」

 下っ端にきいてしまったようだ。
 案の定、年長の係員にきいたところ、すぐに通してくれた。しかし、先を進んだ空港職員用のカウンターにいた係員にまた、今までの事情を説明することになる。

 係員 : 「お客さま、こちらは職員用のレーンですから…」
 僕 : 「かくかくじかじか!」

 とても悪い、仁川空港の連係プレーを経験したのであった。

20170122ICNHKG

 離陸1時間40分前に空港に到着したはずであったが、すでに搭乗締め切り時刻が迫っていた。

IMG_4890【2017.1.22】香港エクスプレス

 搭乗前に写真を撮って、飛び乗る。
 しばらく寝ていると、香港国際空港に到着する。所要時間は3時間半ほどと、案外、近い。

IMG_4894【2017.1.22】香港国際空港にて

 気温は16度である。気温が一気に、24度も上がったのだった。
 これで、2014年1月、2015年10月、2016年10月に続いて4回目の訪港となる。

IMG_4898【2017.1.22】香港国際空港にて

 仁川空港のごたごたのせいで、朝食をとる時間すらなかった。

IMG_4899【2017.1.22】トマトジュース

 空港でまず、トマトジュースを飲んで、中国本土の広州へと向かう準備を整えた。


↑このページのトップヘ