地球の覗き方

地球のことをのぞいてみよう

カテゴリ: ウズベキスタン

 バザールへと向かった。

IMG_6599
【2014.7.21】バザールにて

 おみやげをもう少し、揃えたいと思った。ウズベキスタンの陶器は、本当に美しいものが多い。

IMG_6601【2014.7.21】バザールにて

 一番美しいと思ったものは、先に、同行の友人が買ってしまった。僕も本当にそれが欲しかったのに、先に見つけたのは友人だった。ウズベキスタンの友人がお店の人と交渉して、まけてくれた。
 ここで買った湯呑み茶碗はひとつ1ドル程度だったが、日本のインターネットサイトでは1080円ほどで販売されていたから、もしかしたらそこにはビジネスチャンスがあるのかもしれない。どれだけ需要があるのか分からないが。
 持ち帰る際、食器が割れてしまうかと心配したが、新聞でしっかりと包装しておいたおかげで、割れることはなかった。ウズベキスタンにいる時はウズベキスタンの風土と相まってこれらの食器類はとても美しく見えたが、日本に戻ってきて、日本の家の机に置いてみるとどうも存在感が強すぎて、あまり調和していない。今もこの日本で、ウズベキスタンでの旅行の記憶とともに、ぴかぴかと輝いている。
 ナヴォイ劇場にやってくる。

IMG_6606【2014.7.21】ナヴォイ劇場

 建設の際、ソビエト連邦の捕虜となった日本人が動員され、建てられたものだという。やや怪しい日本語で、「1945年から1946年にかけて極東から強制移送された数百名の日本国民が、このアリシェル・ナヴォイ―名称劇場の建設に参加し、その完成に貢献した」と、書かれたプレートがある。
 この建物についてインターネットで検索してみると、この建物は1966年にタシュケントに大きな被害をもたらしたタシュケント大地震にも崩れることが無かったため、ウズベキスタンの人々は日本人の仕事っぷりに敬意を感じるようになり、ウズベキスタンが親日国となる契機になっただとか説明されているけれども、ウズベキスタンの友人に訊いてみれば、「そうね。日本人とドイツ人捕虜かしら…。彼らが建てたっていう話は耳にしたことはあるけれども、それはおそらく、ウズベキスタンでは有名な話ではないと思うわ」という反応だったので、ああいった情報は、さほど信じるに値しない「噂」の類でしかないのだと思う。しかし、ウズベキスタンに旅行に行く人はあまり多くはないから、こういったことは検証される機会もまた少ないと思う。虚構が一人歩きをする。
 それから、買った陶器類のおみやげをゲストハウスに置いてから、中庭で休む。ゲストハウスのおじさんが、ウズベキスタンの歴史の話をしてくれ、また、ウズベキスタンの伝統楽器と歌でもてなしてくれた。おじさんはロシア語で話し、ウズベキスタンの友人が英語に通訳してくれた。ウズベキスタンの地にはかつて偉大な帝国があった、また、天文学や数学など科学面においても世界に影響を与えたという歴史(例えば、サマルカンドのウルグ・ベグ天文台)があるのに、外国の人々はほとんどそのことを知らないと嘆きつつ、それでも、あなたたちがウズベキスタンにやってきてくれたのは何かの縁だから記憶しておいてほしいということだった。長い間、ソ連の支配下にあり、独立してから歴史が浅いことから、国際的な認知は低水準であることが少なからず影響をしていると思う。国民国家を持つことができなければ、そこに住む人々は、人類の歴史に参加することすらできなくなるのだろうか。

----------

 まだ、もう少し時間があったから、散歩へと出かけた。なんと、日本料理店を見つけた。

IMG_6609【2014.7.21】寿司レストラン

 しかし、한식(韓国料理)、南大門(NAM DAE MUN)とも書かれており、正体がよくわからない。日本なのか、韓国なのか。それとも、ウズベキスタンでは、日本であれ韓国であれ「同じ」なのだろうか。

IMG_6610【2014.7.21】寿司レストラン

 それにしてもウズベキスタンで日本食のレストランを見るのは初めてだった。旅行最終日まで見ることが無かったから、ウズベキスタンには一つもないものかと思っていた。
 それから、スーパーに行き、果物などを買った。ウズベキスタンの友人の職場が近くにあったので、そこで水洗いして、公園で食べた。

IMG_6614【2014.7.21】果物

 ウズベキスタンの友人と、次いつ会えることになるか分からない。韓国の語学学校を卒業してからウズベキスタンに帰国した後にこうして会えたということ自体、奇跡に近いことである。彼女は、韓国や日本に遊びに行きたいと言ったが、無国籍の彼女(#0289.タシュケントで1年7か月ぶりに友人と再会する)にとってビザを取得することは容易ではなく、往復の航空券も、タシュケントで1か月働いて得られる給料よりも高いので、そう簡単なことではないと言った。また、韓国で知り合った友人のうちウズベキスタンにまでやってきたのは僕が初めてだったという。
 次はどこで会えるだろうか。この質問に対し、彼女は、ロシアになるかもしれないと答えた。親戚のいるロシアに移住すると。ロシアの生活水準が高いし、ロシア語が母語だからロシアで働くにも問題がないだろうと。一方、ウズベキスタンの方は、ソ連からの独立後、あくまでもウズベク人のための国家としての性格が強まっていて、ウズベク語が分からない、ロシア人や高麗人、タタール人にとって住みやすい国ではなくなっているという。発展がない。どんどん、悪くなっていく。ただ、高齢の祖父母がいるから、タシュケントにとどまっているのだと。民主的な国でもないから、社会を変えたいという考えがあっても希望がないとまでいう(中国よりも民主化指数は低い)。今度会う時は、モスクワだろうか。

----------

 それから空港へと向かった。空港へ向かうにも、走行中の一般車両を止め、交渉をし、タクシー代わりに利用した。

IMG_6617【2014.7.21】バザール

 途中、もう少しお金を払うからスーパーに立ち寄ってくれないかと交渉してもらい、ウズベキスタンの茶葉やワインなどのお土産類を追加で購入した。
 いよいよ、ウズベキスタン旅行が終わる。7泊8日だったが、長い冒険だったように思う。空港の駐車場で記念撮影をし、感謝の言葉を述べ、別れることとなった。
 空港は検査が多い。空港の建物に入る際を初めとして、X線検査が、搭乗するまで計3回もあった。しかし、飛行機に搭乗してから、機内に持ち込んだ鞄の中に水の入ったペットボトルがあることに気づき、その検査がただ形式上行われているものでしかないことが判明した。ウズベキスタンは最後まで、ウズベキスタンらしく振舞ったといえば、失礼な言い方だろうか。
 早く東アジアに戻って、清潔な軟水が飲みたい、湿った空気を呼吸したい! 
 さようなら、ウズベキスタン!また会う日まで。

2014年夏7泊8日ウズベキスタン旅行記 完

2014年 夏ウズベキスタン7泊8日
前の旅行記:#0293.タシュケントのコリアンタウンでコーヒータイム
 
<タシュケントの覗き方>に戻る 


 昼食を食べることにする。ラマダン期間ではあったが、食堂は営業中である。

IMG_6584
【2014.7.21】ラグマン

 ラグマンを注文した。そうしたら、コチュジャンがついてきた。ウズベキスタンの友人によればウズベキスタンの料理は唐辛子を加えて、辛くして食べるということはしないという。僕が韓国人に見えたのか、サービスでつけてくれたのだろう。加えてみても、もちろんおいしい。
 少し歩くと、コリアンタウンがあった。ウズベキスタンに投資をする韓国企業の駐在員が多く、高麗人が彼らを対象に商売をしているといったところか。

IMG_6587【2014.7.21】コリアンタウンにて

 ウズベキスタンに対する投資額は、韓国企業によるものが日本企業によるものよりはるかにずっと多い。

IMG_6592【2014.7.21】精肉店

 ウズベキスタンでは中華料理であれ日本料理であれ、外国の料理を扱う食堂を見つけることは大変、困難である。しかしタシュケントはさすがに一国の首都である。ついに、見つけることができた。

IMG_6594【2014.7.21】韓国料理店にて

 店員の二人は、高麗人(高麗人については、#0037.僕が旅行先としてウズベキスタンを選んだ理由を参照)であった。遺伝子的には、朝鮮民族に分類されるのだろうけれども、纏っている雰囲気はウズベキスタンそのもので、韓国人と同じようにはみえない。彼らは我々に注文を取るときは韓国語で話し、二人同士で話す時にはロシア語で話していた。
 朝鮮民族は大和民族よりも人口は少ないが、居住している範囲は広い。中央アジア、中国東北部、朝鮮半島、それから日本に大きなコミュニティーがある。大和民族にもそういう、世界的なネットワークがあればと思うが、南米の日系人と、ハワイやミクロネシアの日系人を除くと無いように思う。

IMG_6596【2014.7.21】コーヒー

 アイスコーヒーを飲む。あまりにも暑かったので、氷まで食べてしまったが、後から、衛生的な問題を考えるとそうするべきでなかったことにはっと気づく。

IMG_6597
【2014.7.21】高麗人とウズベキスタンの友人

 こう焼けつくような暑い昼には直射日光を避け、 いろいろ、おしゃべりをするのが一番だ。
 コーヒーはウズベキスタンの友人がおごってくれた。3人で1000円ほどだったが、現地の通貨で3万スムで、1000スム札を30枚出さなくてはいけないので、会計が楽ではない。友人はウズベキスタンでは財布を使わないそうだ。持ち運ばなくてはならない紙幣があまりにもかさばるので、お金はそもそも鞄の中に輪ゴムでしばって札束のまま入れて持ち歩くという。 



 さきほど、テレビ塔にのぼることがなかったから、タシュケント市内を高いところから一望する機会を逃してしまった。それが心残りだとウズベキスタンの友人に伝えたところ、彼女はタシュケント市内の遊園地にある観覧車に乗ればよさそうだと、ナイスな提案をしてくれた。
 3人で、遊園地へと向かうことになった。また路上で、一般車両を止め、交渉をし、それから乗り込む。車窓に、住宅団地が見えてくる。

IMG_6540_2
【2014.7.21】住宅団地

 なんだろう。日本と違う。
 それから遊園地に到着する。ウズベキスタンの友人がいなかったら、ここまでやってくることはできなかったと思う。サマルカンドやブハラ、ヒヴァなどにも観覧車のある遊園地はあったが、タシュケントのものはさすが首都だけあって、規模が大きい。ひどく暑くて乾燥しているから、ペットボトルの水をひとつ買い求めたところ、炭酸水だった。僕は、炭酸水が苦手だ。ただ、肌にかけて涼をとるための水として利用することにした。
 さっそく、発展途上国にありがちな、怪しいキャラクターたちが我々を迎えてくれる。

IMG_6545【2014.7.21】遊具

 そのほとんどが、中国産である。

IMG_6547【2014.7.21】遊具

 おそらく、著作権料は払っていないだろうし、ディズニー側もウズベキスタンまでやってきて告発することはないだろう。
 ついに観覧車が見えてくる。

IMG_6566
【2014.7.21】観覧車

 料金は一人当たり、100円ほどだった。ウズベキスタンで観覧車は各都市で見てきたが、乗ってみるのは初めてだ。この機会を逃したら、もう、ウズベキスタンで観覧車に乗ることなど、一生起こらないかもしれない。

IMG_6558
【2014.7.21】観覧車

 少しばかり、不安になる。スリルのある観覧車だ。ウズベキスタンの友人は、ソビエト時代に建てられた観覧車だと紹介する。おお、これが、ソ連の科学力だったか。速度は思ったより速い。がしゃんがしゃんと観覧車全体が軋む音がする。

IMG_6556【2014.7.21】観覧車にて

 頂上に到達したところで、立ち上がり、写真を撮る。おお、タシュケントは都市全体が公園のようだ。国土のほとんどが砂漠の国では、こういう都市を建設することが理想で、また贅沢なのかもしれない。ところで、回転する観覧車で立ち上がってみると、足元がおぼつかないように感じられる。

IMG_6560
【2014.7.21】観覧車にて

 降りていく。

IMG_6562
【2014.7.21】観覧車にて

 観覧車は我々3人が独占していたが、降りてから、男の子とそのお父さんがやってきて、観覧車に乗り込んでいった。
 公園内はその緑を維持するために、スプリンクラーから常に水が力強く撒かれていた。その水を浴びる。ああ、涼しい。ある人は、スプリンクラーの水に口を当て飲んでいたりもしていたけれども、衛生的な問題もあるし、僕は遠慮しておくことにした。
 それからソ連時代に作られた遊具の不思議なスリルに魅了された我々は、ソ連時代に作られたと想定される遊具を園内で探し回った。

IMG_6575【2014.7.21】遊具

 ひとりずつ、コウノトリに乗り込む。それから、回転を始める。徐々に回転速度が上がる。なかなか速い。それから、コウノトリが上がったり、下がったりする。かなり高いところまで上がる。そこから地上に落ちたら、死ぬかもしれないという高さまで。上がり下がりをする時に、機械の中心部から大きな軋む音が聞こえてくる。これが、なかなかのスリルで、大の大人が3人、歓声を上げる。
 中国から輸入したと思われる遊具については、こういった「不思議なスリル」というをさほど感じられなかった。タシュケントの遊園地に行ったら、ぜひ、ソ連製の遊具を中心に遊んでほしい。



↑このページのトップヘ